専用カラーが盛り沢山な新型ノートe-POWERオーテック【色の種類&有料色を徹底解説】

外装や内装に様々な専用装備を備えた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック”は、標準モデルとはひと味異なるプレミアムスポーティなモデルとなっています。

また、今回デビューを果たした新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、用意されているボディカラーの種類も標準モデルと違いがあり、たくさんの専用色が用意されていました。

新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、どのようなカラーバリエーションを用意していたのでしょうか?また、どのボディカラーが特別塗装料が発生する有料色だったのでしょうか?

スタイリッシュな見た目が特徴の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されている色の種類(カラーバリエーション)、また、有料色の価格をなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックのカラーバリエーション【どの色を用意?】

2020年12月にデビュー果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、次のボディカラーを用意していました。

■新型ノートe-POWERのボディカラー

・オーロラフレアブルーパール×スーパーブラック <#XGN>
・ピュアホワイトパール×スーパーブラック <#XAB>
・オーロラフレアーブルーパール <#RAY>
・ミッドナイトブラック <#GAT>
・ピュアホワイトパール <#QAC>
・ダークメタルグレー <#KAD>
・ガーネットレッド <#NBF>
・プレミアムホライズンオレンジ <#EBB>

オーテックでは8種類のボディカラーを用意

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、8色のボディーカラーをラインナップ

■オーロラフレアブルーパール×スーパーブラック

■ピュアホワイトパール×スーパーブラック

■オーロラフレアーブルーパール

■ミッドナイトブラック

■ピュアホワイトパール

■ダークメタルグレー

■ガーネットレッド

■プレミアムホライズンオレンジ

画像引用:日産公式ホームぺージ

この新型モデルの標準モデルでは、ツートンカラーを含めて13色をラインナップしていたので、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)の方が5色ほど少なくなっています。

ただ、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)らしいプレミアムスポーティな見た目を際立たせるお洒落なボディカラーがたくさん用意されていたので、ボディカラーの少なさを感じることはないのかなと思いました。

8色のうち3色がオーテック専用のボディカラー

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は8色のボディカラーを用意していますが、その中の3色がオーテック専用のボディカラーとなっていました。

■オーテック専用のボディカラー

・ミッドナイトブラック
・オーロラフレアブルーパール×スーパーブラック
・ピュアホワイトパール×スーパーブラック

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、定番のスーパーブラックではなく、少し青みがかってみえる”ミッドナイトブラック”など、3種類の専用のボディーカラーを用意。

■オーテック専用のミッドナイトブラック

■オーテック専用のオーロラフレアブルーパール×スーパーブラック

■オーテック専用のピュアホワイトパール×スーパーブラック

逆に次のボディーカラーは、標準モデル専用色となっており、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、選べないようになっているのでご注意くださいね。

■新型ノートe-POWERの標準モデル専用色

・ホワイト
・ブリリアントシルバー
・ガーネットレッド
・バーガンディ
・オペラモーブ
・オリーブグリーン
・ビビッドブルー×スーパーブラック
・オペラモーブ×スーパーブラック

新型ノートe-POWERオーテックの有料色【種類と価格をチェック】

専用色を含めて8種類のボディカラーを用意している新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”ですが、ほとんどのカラーが特別塗装料が発生をする有料色となっていました。

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されている8色のボディカラーの中で、どの色が有料色だったのでしょうか?また、オーテック(AUTECH)の有料色の特別塗装料は、いくらだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているカスタム仕様”オーテック”の有料色とその価格を確認してきたので、紹介します。

8色のうち7色が有料色

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されている8色の中で次のボディーカラーが、特別塗装料が発生をする有料色となっていました。

■特別塗装料は発生をするオーテックの有料色

・オーロラフレアブルーパール×スーパーブラック
・ピュアホワイトパール×スーパーブラック
・オーロラフレアーブルーパール
・ミッドナイトブラック
・ピュアホワイトパール
・ガーネットレッド
・プレミアムホライズンオレンジ

カスタム仕様のオーテック(AUTECH)に用意されている8色のカラーバリエーションの中で、ダークメタルグレーを除く7色が特別塗装料が発生する有料色に…。

プレミアムスポーティーさが魅力のオーテックに相応しいボディカラーと言うことで、塗装に手間が掛かる分、有料色が多くなってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

ただ、「思ったよりも有料色の数が多いな…。」とカタログを見た時に感じてしまいました。

オーテックのツートンカラーは高めの設定

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の有料色の価格は選ぶボディカラーによって異なるのですが、それぞれ次のようになっていました。

■71,500円の特別塗装料がかかるオーテックの有料色

・オーロラフレアブルーパール×スーパーブラック
・ピュアホワイトパール×スーパーブラック

■49,500円の特別塗装料がかかるオーテックの有料色

・プレミアムホライズンオレンジ
・ガーネットレッド

■38,500円の特別塗装料がかかるオーテックの有料色

・オーロラフレアブルーパール
・ピュアホワイトパール
・ミッドナイトブラック

今回デビューを果たした新型モデルのオーテック(AUTECH)に用意されているボディカラーの中で一番高い有料色は、71,500円の特別塗装料が発生をするツートンカラーとなっていました。

標準モデルのツートンカラーの特別塗装料は55,000円だったので、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)の方が高い結果に…。

このツートンカラーの特別塗装料の違いも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の標準モデルとオーテック(AUTECH)の大きな違いの一つなのかなと思いました。

まとめ:たくさんの専用ボディカラーを用意している新型ノートe-POWERオーテック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されているボディカラーを確認してみたところ、このようになっていました。

■オーテックのボディカラーのまとめ

・全8色ラインナップ
・オーテック専用カラーは3色用意
・8色のうち7色が有料色
・オーテックのツートンカラーは、標準モデルより高め

今回デビューを果たした新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、3種類の専用色を含めて8色のカラーバリエーションを用意。

ただ、この新型モデルのオーテック(AUTECH)に用意されているボディカラーの多くは、特別塗装料が発生をする有料色に…。

しかも、オーテックの専用色でもあるツートンカラーは、標準モデルよりも高めの設定になっているので、購入を検討している方は、乗り出し価格にご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02