新型ノートe-POWERの安全性能【競合車よりも優れているところとは?】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つは、優れた安全性能です。

ホンダの新型フィット4やトヨタの新型ヤリスも安全性能にはチカラを入れていますが、この新型モデルには、競合車・ライバル車にはない魅力的な安全装備システムが…。

そのため、安心して運転をすることができるクルマに仕上がっていました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルには、どのような安全装備システムを備えているのでしょうか?また、この新型モデルの安全性能は、競合車・ライバル車よりもどこが優れていたのでしょか?

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の安全性能が、競合車・ライバル車よりも優れていると感じたところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

夜間の視認性&運転のしやすさ【新型ノートe-POWERの安全性能の魅力1】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の安全性能の注目ポイントの一つが、夜間の視認性&運転のしやすさです。

新型ノートe-POWERはアダプティブヘッドライトを用意

ホンダの新型フィット4(FIT4)やトヨタの新型ヤリス(YARIS)では、対向車を検知して、自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれる”オートハイビーム機能”を備えています。

■新型フィット4のヘッドライト

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のメーカーオプションで用意されているLEDヘッドライトは、先行車や対向車、自転車などを検知して、ヘッドライトの光を当てないように自動調整してくれる”アダプティブヘッドライト機能”を搭載。

■新型ノートe-POWERのLEDヘッドライト

このように夜間の視認性と眩惑防止を両立した”アダプティブヘッドライト”を備えているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

後方&斜め後方の視認性【新型ノートe-POWERの安全性能の魅力2】

また、後方の視認性&確認のしやすさも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)が競合車・ライバル車よりも優れているところの一つです。

この新型モデルは、広いリヤウィンド&サイドウィンドウを備えており、目視がしやすいようにできているのですが、後方&斜め後方の視認性をサポートするアイテム&装備が競合車よりも充実しているのが好印象でした。

クリアな後方視界をサポートするインテリジェントルームミラー

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後方視界をサポートするアイテムの一つが、メーカーオプションで用意されている”インテリジェント ルームミラー”です。

■新型ノートe-POWERのインテリジェントルームミラー

この新型モデルは広いリヤガラスを備えているのですが、後部座席に同乗者がいると、その大部分が覆い隠されてしまい死角が多くなってしまうんですよね。

しかし、クルマの後方に備わっているカメラの映像をルームミラーに映し出してくれる”インテリジェント ルームミラー”を備えると、後部座席に同乗者がいる状態でも、スッキリとしたクリアな後方視界に…。

また、一般的なルームミラーよりも確認できる範囲が広いのも、この新型モデルに用意されているインテリジェントルームミラーの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

真上からの視点で周囲を確認できるアラウンドビューモニター

また、真上からの視点でクルマの周囲を確認することができるアラウンドビューモニターをメーカーオプションで用意しているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つです。

■新型ノートe-POWERのアラウンドビューモニター

しかも、今回デビューを果たした新型モデルに用意されているアラウンドビューモニターは、クルマの後方に備わっているパーキングセンサーと連動しており、障害物が接近してくると、注意喚起を行ってくれます。

このように安心してバックや駐車をすることができるのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

高速道路での快適性&安心感【新型ノートe-POWERの安全性能の魅力3】

また、2021年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)が競合車・ライバル車の安全性能よりも優れていると感じたところの一つは、高速道路での快適性&安心感です。

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも高速道路での運転を楽に、そして、安全に運転できる機能や装備が充実しているのが好印象でした。

進化をしたプロパイロット機能を搭載

そんな新型モデルの注目の機能&装備の一つが、自動運転支援システムのプロパイロット機能です。

ホンダの新型フィット4(FIT4)やトヨタの新型ヤリス(YARIS)など、競合車・ライバル車の中にはプロパイロット機能に近いハンドルの自動操舵機能付きのクルーズコントロールを備えているクルマもあります。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のみアールの大きい手前で自動的に減速をしてくれる機能を備えています。

また、この機能以外にも、進化を遂げたこの新型モデルのプロパイロット機能は、競合車・ライバル車にはない嬉しい機能が…。

安全性が高まったプロパイロット機能を備えているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

車線変更もラクラク

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に備わっているプロパイロット機能は、スカイラインとは異なり自動で車線変更をする機能を備えていないません。

ただ、この新型モデルでは、メーカーオプションでインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)が用意されており、車線変更をする際、後側方に車両がいると、サイドミラーのインジケーターでドライバーに知らせます。

■新型ノートe-POEWRのサイドミラーのインジケーター

車線変更をする際に、斜め後方を走行しているクルマを検知して注意喚起をしてくれる機能は、競合車・ライバル車にも用意されています。

ただ、この新型モデルに用意されているインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)は注意を喚起するだけではなく、自動車側が警告を発している状態で車線変更をしようとすると、車線内に戻るようにステアリング操作をアシストしてくれる機能まで備わっています。

実はこのようにステアリンアシスト機能を備えているのは、競合車・ライバル車の中にはないんですよね。

このように車線変更を安心して行うことができるのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車よりも安全性能が優れる新型ノートe-POWER

ホンダの新型フィット4(FIT4)やトヨタの新型ヤリス(YARIS)など、競合車・ライバル車も優れた安全装備システムを備えています。

ただ、安全性能に関しては、カーブの手前で自動減速してくれるプロパイロット機能などを備えたこの新型モデルの方が競合車よりも優れているような感じが…。

競合車・ライバル車も様々な魅力がありますが、安全性能を最優先してクルマ選びをするのなら、日産からデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)を選んで間違いはないのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02