新型ノートe-POWERの乗り出し価格はいくら?【全グレードの見積もりを公開】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、機能や装備が異なる3つのグレードを用意しています。

■新型ノートe-POWERのグレードラインナップ

・Xグレード(FF/4WD)
・Sグレード(FF/4WD)
・Fグレード(FF/4WD)

グレードによって機能や装備が異なるこの新型モデルですが、用意されているメーカーオプションも大きく異なるんですよね。

なので、車体本体価格にオプションや諸経費を加えた乗り出し価格差は、思っている以上に大きくなる可能性が…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの各グレードの車体本体価格・見積もり金額は、いくらなのでしょうか?また、この新型モデルの乗り出し価格は、グレードによってどれくらい差があるのでしょうか?

いつもお世話になっているディーラーさんにおすすめのオプションを装着した時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の見積もりを貰うことができたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

Fグレードの乗り出し価格は?【新型ノートe-POWERの見積もり公開1】

こちらが、私が貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデルに位置をする”Fグレード”のFF車の見積もりです。

■Fグレードの見積もり

ボディカラーは定番のホワイトを選択

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、モノトーン/ツートンカラーあわせて13色のボディカラーを用意しているのですが、今回は、ディーラーさんが人気が高いと言っていた”ピュアホワイトパール”のをお願いをしました。

■新型ノートe-POWERのピュアホワイトパール

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、e-POWERで初めて4WD車を用意していたのですが、人気が高いなFF車の方で見積もりを貰いました。

メーカーオプションでLEDヘッドライトに変更

また、今回はいつもお世話になっているディーラーさんに装着するオプションもすべてお願いをしたのですが、最廉価モデルのFグレードには、次のメーカーオプションを装着してくれました。

■Fグレードに装着をしたメーカーオプション

今回ディーラーさんがFグレードの見積もりを作るにあたり装着してくれたメーカーオプションは、”LEDヘッドライト”です。

■新型ノートe-POWERのLEDヘッドライト

と言うのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデル”Fグレード”では、LEDヘッドライト以外のメーカーオプションが用意されていないんですよね。

他のグレードよりも装着することができるメーカーオプションが少ないのは、”Fグレード”の特徴の一つなのかなと思いました。

ディーラーオプションは基本的なアイテムが中心

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデル”Fグレード”の見積もりでは、次のようなディーラーオプションを装着してくれました。

■Fグレードのディーラーオプション

いつもお世話になっているディーラーさんは、フロアカーペットやサンバイザー、ドライブレコーダーなど基本的なアイテムを中心に装着してくれました。

ただ、純正ナビ”MJ320D-L”をディーラーオプションで装着したこともあり、ディーラーオプション代は少し高めの設定になってしまいました。

Fグレードの乗り出し価格は約300万円

このようなメーカーオプション&ディーラーオプションを装着した時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデル”Fグレード”の見積もりの合計金額は、このようになっていました。

■Fグレードの乗り出し価格

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最廉価モデルに位置をする”Fグレード”の見積もり金額の合計(乗り出し価格)は、約300万円弱となっていました。

エンジンを発電機として活用して、モーターのチカラで駆動をする”e-POWER”は、一般的なハイブリッド車よりも高めの価格設定のことが多いです。

ただ、最廉価モデルのFグレードでも300万円弱と言う乗り出し価格は、少し高すぎるなと感じてしまいました。

Sグレードの乗り出し価格は?【新型ノートe-POWERの見積もり公開2】

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中間モデルに位置をする”Sグレード”の見積もり金額・乗り出し価格は、どのようになっていたのでしょうか?

こちらが、私が貰ってきたこの新型モデルの中間モデル”Sグレード”の見積もりです。

ちなみに、ボディカラーは、最廉価モデルの”Fグレード”と同じ”ピュアホワイトパール”をお願いしました。また、パワートレインもFグレードと全く同じFF車にしました。

■Sグレードの見積もり

メーカーオプションで安全面をグレードアップ

また、メーカーオプションに関しては、ディーラーさんにすべてお任せをしていたのですが、中間モデルの”Fグレード”では、次のようなアイテムを装着してくれました。

■Fグレードの見積もりのメーカーオプション

最廉価モデルの”Sグレード”では、LEDヘッドライトしかメーカーオプションの用意がありませんでした。

しかし、中間モデルの”Sグレード”では、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラー、インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)などが装着できるようになっています。

そのおかげもあり、中間モデルの”Fグレード”は、最廉価モデルの”Sグレード”よりも安全面の機能や装備を充実することができました。

ディーラーオプションはSグレードとほぼ同じ

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中間モデルに位置をする”Sグレード”の見積もりのディーラーオプションは、このようになっていました。

■Sグレードのディーラーオプション

フロアカーペットやサンバイザー、純正ナビなど装着したアイテムは、最廉価モデルの”Sグレード”と全く同じです。

ただ、中間モデルの”Sグレード”では、純正ナビ”MJ320D-L”やドライブレコーダー、ETC車載器がセットになった”ナビレコお買い得パック”を装着できることもあり、ディーラーオプション価格に若干の違いがありました。

Sグレードの乗り出し価格は約306万円

このようなメーカーオプション&ディーラーオプションを装着した時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中間モデル”Sグレード”の見積もり金額・乗り出し価格は、このようになっていました。

■Sグレードの乗り出し価格

中間モデルに位置をする”Sグレード”の乗り出し価格は約306万5000円となっていました。

また、車体本体価格にディーラーオプション、メーカーオプションなどを加えた乗り出し価格で比較すると、中間モデルの”Fグレード”は、最廉価モデルに位置をする”Fグレード”よりも約8万2000円ほど高くなっていました。

■SグレードとFグレードの乗り出し価格比較

ただ、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラー、高速道路での車線変更をサポートしてくれるBSW(後側方車両検知警報)など、備わっている機能や装備を考えると、中間モデルの”Sグレード”は、この価格差以上の価値があるのかなと思いました。

Xグレードの乗り出し価格は?【新型ノートe-POWERの見積もり公開3】

こちらが、私が貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルに位置をする”Xグレード”の見積もりです。

■Xグレードの見積もり

また、ボディカラーに関しては、最廉価モデルの”Fグレード”や中間モデルの”Sグレード”と同じ定番色の”ピュアホワイトパール”にしました。

また、パワートレインもFF車で見積もりをお願いしました。

メーカーオプションでプロパイロット機能などを装着

いつもお世話になっているディーラーさんは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の見積もりを作るにあたり、このようなメーカーオプションを装着してくれました。

■Xグレードのメーカーオプション

基本的なメーカーオプションは中間モデルの”Sグレード”と同じなのですが、最上位モデルの”Xグレード”の見積もりでは、専用のオプションとして用意されている自動運転技術の”プロパイロット機能”を装着。

そのおかげもあり、最上位モデル”Xグレード”のメーカーオプション価格は、他のグレードよりも少し高めの設定になっていました。

ディーラーオプションは他のグレードよりも安め

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の見積もりのディーラーオプションは、このようになっていました。

■Xグレードのディーラーオプション

最上位モデルに位置をする”Xグレード”に装着したディーラーオプションも、ドライブレコーダーやETC車載、フロアカーペットなど他のグレードと同様に基本的なアイテムが中心となっています。

ただ、最上位モデルのXグレードでは、純正ナビは、メーカーオプションの方に含まれていたため、他のグレードよりもディーラーオプション価格は安くなっていました。

最上位モデル”Xグレード”の乗り出し価格は約327万円

このようなディーラーオプション、メーカーオプションを装着した時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の見積もり金額・乗り出し価格は、このようになっていました。

■Xグレードの乗り出し価格

私が貰ったこの新型モデルの最上位モデル”Xグレード”の乗り出し価格は、約327万円となっていました。

また、中間モデルの”Sグレードと比較すると、約21万円の差が…。

■SグレードとXグレードの乗り出し価格の差

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルの”Xグレード”には、プロパイロット機能だけではなく、イザという時にドライバーや同乗者の身も守ってくれる”SOSコール”や後部座席のリクライニング機能など他のグレードにはない機能や装備が多数用意されています。

20万円という価格差は決して小さくありませんが、新しく生まれ変わったこの新型モデルの魅力や良さを存分に味わいたいのなら、最上位モデルの”Xグレード”が一番良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、最上位モデルの”Xグレード”が圧倒的に人気が高いようですよ。

まとめ:乗り出し価格に差が大きい新型ノートe-POWER

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の見積もりを全グレード貰ってみたのですが、装着するオプションに差があるため、乗り出し価格に大きな差が…。

特に、高速道路での運転を楽にしてくれるプロパイロット機能や緊急時に専用のオペレーターがサポートしてくれるSOSコールを装着することができる最上位モデルの”Xグレード”の乗り出し価格は、他のグレードよりも特に高くなる可能性があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02