新型ノートe-POWERのドライブモードスイッチが大幅に進化【先代との違いとは?】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、先代モデルと同様に3つのドライブモードを用意しています。

■新型ノートe-POWERのドライブモード

・ノーマルモード
・エコモード
・スポーツモード

ただ、この新型モデルは、先代モデルよりもデザイン性&使い勝手に優れるドライブモード切替スイッチ(ドライブモードセレクター)を備えていました。

また、ドライブモードをエコモードやスポーツモードにした時の乗り心地やドライビングフィールも大幅に進化を遂げていました。

新しく生まれ変わったこの新型モデルに用意されているドライブモードスイッチの使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?また、先代モデルと比較して、どこが進化したのでしょうか?

8年ぶりに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているドライブモードスイッチの特徴や魅力、進化のポイントを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのドライブモードスイッチのデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているドライブモード切替スイッチ(ドライブモードセレクター)は、次のようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERのドライブモード切替スイッチ

シフトレバーのすぐ脇にドライブモード切替スイッチを設置

今回デビューを果たした新型モデルのドライブモード切替スイッチは、シフトレバーのすぐ脇に設置。

■新型ノートe-POWERのドライブモードスイッチの位置

先代モデルのドライブモード切り替えスイッチは、手動式のサイドブレーキのすぐ横にポツンとあり、いかにも後付けをしたかのようなデザインになっていたんですよね。

■先代モデルのドライブモード切り替えスイッチ

また、スイッチの設置位置が悪いため、操作性も良くありませんでした。

しかし、この新型モデルのドライブモード切り替えスイッチは、自然に手が届く位置に設置してあり、先代モデルよりも格段に操作性が良くなっていました。

ドライブモードをメーターに表示

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)で印象的だったのは、ドライブモードを切り替えた時のメーターの表示画面です。

この新型モデルでは、ドライブモード切り替えスイッチを操作した際、”ドライブモードセレクター画面”が割り込み、メーターの左側のマルチインフォメーションディスプレイ部分に大きく表示してくれます。

実はこのような割り込んで表示してくれる機能は、先代モデルにはなかったんですよね。

この新型モデルのドライブモード切り替えスイッチは、直感的に操作できるようになっているので迷う心配はありません。ただ、メーターの画面でドライブモードの切り替えを確認できるようになっていたのは、安心感があって良かったです。

新型ノートe-POWERのドライブモードスイッチの使い勝手をチェック

このようなデザインになっていた日産の新型ノートe-POWERのドライブモード切替スイッチですが、操作性&使い勝手も、先代モデルと全然違いました。

この新型モデルに用意されているドライブモードの使い勝手は、先代モデルとどこが違ったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のドライブモードスイッチを実際に使用してみて、先代モデルよりと変わったところ、気になったところを包み隠さずお話します。

ドライブモードを切り替る時の操作性がアップ

今回デビューを果たした新型モデルのドライブモード切替スイッチ(ドライブモードセレクター)を使って驚いたことの一つが、操作性の良さです。

先代モデルに用意されているドライブモード切替スイッチは、ボタンタイプになっており、ボタンを押すごとに【ノーマル → スポーツ → エコ → ノーマル】と順々に切り替わっているタイプとなっていました。

■先代モデルのドライブモードスイッチ

なので、ノーマルモードからエコモードに切り替えるためには、ボタンを2回押さないといけなど、思ったよりも手間が多かったんですよね。

押し間違える心配もありましたし…。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のスイッチは操作性が良く、ワンタッチでドライブモードを切り替えることができるようになっていました。

例えば、ドライブモードを”ノーマルモード”に切り替える時は、スイッチをカチっと手前側に倒すだけです。

また、スイッチを奥側にカチっと倒すと、スポーツモードに切り替わります。

このようにワンクリックでドライブモードを切り替えることができるため、先代モデルよりも操作感が格段に良くなった感じが…。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、ドライブモード切替スイッチのすぐ下のEVモードスイッチがあるのですが、この2つのスイッチは形状が違うため、押し間違える心配がないのも好印象でした。

■新型ノートe-POWERのEVモードスイッチ

エコモードがデフォルト設定

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)と先代モデルの大きな違いの一つが、デフォルト設定されているドライブモードです。

先代モデルでは、オーソドックスな運転を楽しむことができる”ノーマルモード”がデフォルト設定となっており、エンジンを立ち上げた際は、常にノーマルモードになる仕様になっていました。

一方、今回デビューを果たした新型モデルは、ノーマルモードではなく、エコモードがデフォルトの設定に…。そのため、この新型モデルは電源を入れると、常にエコモードで立ち上がります。

ディーラーさんは、「ノーマルモデルよりもアクセルペダルから足を離すだけで回生力が働くエコモードやスポーツモードの方が使う人が多かったため、このような設定にしました。」と仰っていました。

ただ、好き嫌いが分かれそうなエコモードを標準設定にしたのは、賛否が分かれそうな感じが…。

ちなみに、エコモードやスポーツモードならではのアクセルペダルから足を離した時の減速感に慣れない私の妻は、エコモードのデフォルト設定に、「絶対にありえない!」と文句タラタラでした。

まとめ:操作性が格段に良くなった新型ノートe-POWERのドライブモードスイッチ

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のドライブモード切り替えスイッチ(ドライブモードセレクター)は、このよな特徴を備えていました。

■新型ノートe-POWERのドライブモードセレクターの特徴のまとめ

・センターコンソールにスイッチを用意
・操作性が格段にアップ
・エコモードがデフォルト設定

ワンクリックで操作できるようになったこともあり、この新型モデルのドライブモード切り替えスイッチは、先代モデルよりも格段に操作性が良くなった感じが…。

また、ドライブモード切り替え時にメーターに大きく表示されるのも良いです。

ただ、万人受けをするノーマルモードではなく、好き嫌いが分かれるエコモードがデフォルト設定になっていたことは、少し気になるところでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02