積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

2018年7月、バモスの後継車種となる新たな軽商用車新型Nバン(N-VAN)がデビューをしました。

3つの異なるデザインを用意するなど、普段使いやホビーユースにもピッタリなクルマに仕上がっているこの新型モデルの最大の魅力は、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

荷室の広さ自体は競合車・ライバル車のスズキのエブリイやダイハツのハイゼットカードの方が優れています。なっています。

ただ、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)では、後部座席同様に助手席をフルフラットになるなど、競合車・ライバル車には用意されていない荷室アレンジを用意していました。

そんな新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような荷室・ラゲッジスペースのアレンジを用意していたのでしょうか?

2018年7月にデビューをしたホンダの新型商用バンの荷室のアレンジ性能や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの荷室アレンジ実車画像インプレ

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の後ろ姿は、このようになっています。

■新型Nバンの後ろ姿

そして、テールゲートを開けてみると、このような大きな荷室・ラゲッジスペースが登場します。

■新型Nバンの荷室・ラゲッジスペース

荷室・ラゲッジスペースの奥行き・広さ自体は、先ほどもお話した通り、競合車・ライバル車よりも狭くなっています。ただ、低い荷室フロアを高い天井のおかげで、思ったよりも荷室・ラゲッジスペースが広く、使い勝手の良さを感じました。

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジフロアは水が染み込みにくく、また、汚れに強いマット状になっているのもとても良いと思いました。

新型Nバンの荷室アレンジ1:後部座席を収納時

このようなデザインになっているホンダの新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースですが、後部座席は中央で分割方式になっており、左右独立して、収納できるようになっています。

後部座席の収納は、肩口に備わっておりオレンジのストラップで行えます。

実際に肩口のオレンジのストラップを引っ張って、後部座席の背もたれを収納してみると、このような感じに…。

■後部座席を収納時の新型Nバンの荷室・ラゲッジスペース

また、後部座席全体を収納すると、このような感じになります。

■後部座席全体を収納した時の新型Nバンの荷室・ラゲッジスペース

車種によっては、段差ができてしまったり、完全なフラットではなく、フロアが少し斜めになってしまうクルマもありますが、この新型Nバン(N-VAN)では、フルフラットに近いレイアウトに…。

また、この新型モデルの後部座席は、座面ごと床下に沈みこむため、後部座席を収納時も低い荷室フロアになっています。そのおかげもあり、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も、かなり良いように感じました。

新型Nバンの荷室アレンジ2:助手席&後部座席を収納

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の注目の荷室アレンジの一つが、助手席のフルフラット機能です。

この新型モデルの助手席は、後部座席と同様にダイブダウンをする機能を備えており、ダッシュボード部分までフルフラットな荷室として使用する事が可能です。

実際に助手席の背もたれを倒して、ダイブダウンをしてみると、このような感じ…。

■助手席・後部座席を収納した時の新型N-VANの荷室

かなり広いですよね。

このように助手席までフルフラットにすると、奥行きは2500mm以上となり、軽自動車史上最長のサイズになるようです。なので、このようにオートバイを積みこんでも、まだまだ余裕が…。

また、助手席が最初からなかったかのように低くフラットな荷室フロアになるため、重たい荷物を積み込むのにも重宝するのかなと思いました。

また、このように助手席までフルフラットにすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きはかなり広くなるため、車中泊をするのにもピッタリなクルマに仕上がってるように感じました。

ちなみに、助手席の背もたれを倒すと水平になります。なので、停車時のテーブルやちょっとした物置きとして使用する事も可能ですよ。

この細かいところまでの気使いも新型Nバン(N-VAN)の良さなのかなと思いました。

助手席の収納には慣れが必要!?

このように助手席までフルフラットになる新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースですが、助手席を収納するには、次のような手順を踏まないといけません。

■新型Nバンの助手席の収納手順
・ヘッドレストを取り外す
・レバーを操作して、助手席の背もたれを収納する
・シート全体を沈みこませる
・助手席のシート下に備わっているボードで隙間を埋める

実際に何度か助手席の収納を試してみたのですが、ちょっと手間は多いです。
また、シート全体を沈みこませるのは、手動で行わないといけないため、シートをダイブダンさせる際は、若干の重さを感じます。

慣れれば女性のチカラでもできますが、助手席をフルフラットにするには、少々慣れとチカラが必要なのかなと思いました。

ただ、この新型モデルは、取り外した助手席のヘッドレストをドア内側パネルに固定できるようになっているなど、ヘッドレストの置き場所に困らない仕組みになっているのは、とても良いと思いました。

また、助手席の下に用意されているボードを使用しないと、大きな隙間(溝)が生じてしまうのですが、ボードを引き出して使用すると、隙間が無くなりフルフラットになるのも好印象でした。

■ボードを使用する前の状態

■ボード使用後の状態

2018年7月にデビューをしたホンダの新しい軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。また、このような荷室アレンジを用意していました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズは、競合車・ライバル車よりも若干狭くなっております。ただ、この新型モデルは、助手席までフルフラットになる荷室アレンジのおかげで、荷室・ラゲッジスぺースの狭さが全く気になりませんでした。

むしろセンタータンクレイアウトを活かした荷室フロアの低さなど、競合車・ライバル車には無いメリットがこの新型Nバン(N-VAN)にはあり、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さはは、軽商用バンの中でもトップクラスのように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする