十分すぎる広さを確保!?新型Nバンの荷室サイズを確認してみた

2018年7月、車内の広さと使い勝手の良さが魅力の商用バン新型Nバン(N-VAN)が、ホンダからデビューをしました。

そんな新型モデルの魅力の一つは、荷室・ラゲッジスペースです。

ホンダお得意のセンタータンクレイアウトを活かした低い荷室フロアと、助手席までフルフラットにできるシートレイアウトを採用したおかげで、広くて使い勝手の荷室・ラゲッジスペースを確保。

>>> 積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、競合車・ライバル車の中で一番良いように感じました。

このように広い荷室・ラゲッジスペースを備えている新型Nバン(N-VAN)ですが、荷室サイズは、どれくらいだったのでしょうか?後部座席を収納すると、どれくらい荷室サイズは、広くなるのでしょか?

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の荷室サイズ・広さを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ケース1:新型Nバンの通常時の荷室サイズ

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの荷室・ラゲッジスペース:通常時

そんな新型Nバン(N-VAN)の後部座席使用時(通常時)の荷室サイズを確認してみたところ、このようになっていました。ちなみに、今回、荷室・ラゲッジスペースの広さを計測したモデルは、標準車の上位グレード”L ホンダセンシング”です。

■新型Nバンの荷室サイズ:通常時
荷室長:約 720mm
荷室幅:約1,390mm
荷室高:約1,365mm

今回新発売された新型モデルの後部座席使用時の荷室長(奥行き)は約720mmとなっており、スズキのエブリイやダイハツのハイゼットカーゴなど競合車・ライバル車と比較すると、この新型モデルの荷室の奥行きは、若干狭くなっています。

ただ、低い荷室フロアと高い天井のおかげで、荷室・ラゲッジルームの奥行きの狭さはそれ程気にはなりませんでした。また、「後部座席を収納すれば、多くの荷物を積み込める」と言う安心感も大きいように感じました。

なので、競合車・ライバル車よりも狭い荷室長は、それ程大きなデメリットにならないのかなと思いました。

ケース2:後部座席を収納した時の新型Nバンの荷室サイズ

今回デビューをした新型Nバン(N-VAN)は、座面ごと床下に沈み込む後部座席を採用しており、収納時には、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事が可能です。

実際にこの新型モデルの後部座席の背もたれに備わっているオレンジのストラップを引いて、後部座席を収納してみると、このような感じに…。

■新型Nバンの荷室・ラゲッジスぺース:後部座席収納時

 

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースがかなり広くなりますね。

また、車種によっては、後部座席の収納部分で段差ができてしまったり、荷室・ラゲッジスペースのフロアが斜めになってしまうのもあります。しかし、この新型Nバン(N-VAN)は、後部座席収納時、フルフラットな荷室フロアになるのが、とても良いと思いました。

そんな新型モデルの後部座席収納時の荷室サイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型Nバンの荷室サイズ:後部座席収納時
荷室長:約1,550mm
荷室幅:約1,390mm
荷室高:約1,365mm

後部座席を収納すると、このホンダの新型商用バンの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,550mmとなり、通常時よりも倍の広さに…。

これだけ広い荷室・ラゲッジスペースを備えていれば、多くの荷物を積み込むビジネスユース・ホビーユースでも、困るシーンは少ないのかなと思いました。

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の助手席側はセンターピラーレスになっており、助手席側からでも荷物の積み降ろしをしやすいレイアウトになっているのが、好印象でした。

■新型Nバンの助手席側センターピラーレス

ケース3:助手席&後部座席を収納した時の新型Nバンの荷室サイズ

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の荷室アレンジの注目ポイントの一つが、後部座席だけではなく助手席も床下に沈みこめるようになっている事です。

実際に後部座席と助手席を床下に収納してみると、このような感じに…。

■新型Nバンの荷室・ラゲッジスぺース:助手席&後部座席を収納時

助手席を収納すると、かなり広い荷室・ラゲッジスペースの空間が登場します。

これだけ荷室・ラゲッジスペースが広くなれば、サーフボードや自転車を積み込むだけでなく、車中泊用のクルマとしても大活躍をするのかなと思いました。

このように助手席を収納すると、軽自動車とは思えない程広い荷室が登場する新型Nバン(N-VAN)ですが、荷室長(奥行き)は、どれくらいなのでしょうか?

助手席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

■新型Nバンの荷室サイズ:助手席&後部座席を収納時
荷室長:約2,630mm
荷室幅:約1,390mm
荷室高:約1,365mm

なんと、助手席と後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約2600mmオーバー。

かなり広いですよね。

この新型モデルを試乗した際、ディーラーさんに教えてもらったのですが、この助手席と後部座席を収納した時の荷室長は、軽自動車史上最長の広さを誇っているそうです。

また、個人的には、広いだけではななく、助手席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースもフルフラットになっていて、使い勝手が良さそうなデザインになっているのもとても良いと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの商用バン新型Nバン(N-VAN)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの荷室サイズを確認してみて、特に良いと思ったのは、助手席と後部座席を収納した時の広さです。

サイズに制限のある軽自動車なのに、成人男性が横になってもまだゆとりがあるくらいの広い荷室・ラゲッジスペースを備えているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)は、天井が高いハイルーフ仕様と天井が低いロールーフ仕様の2台のモデルを用意しています。

ただ、このハイルーフ仕様とロールーフ仕様では、天井の高さが違うだけではなく、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やサイズに若干の違いがあるので、ご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする