新型Nバンの助手席は前後にスライドできる?足元の広さを確認してきた

ホンダの人気軽自動車N-BOXの貨物仕様となる軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

外装・エクステリアはN-BOXぽさを感じる外装・エクステリアになっているこの新型モデルですが、内装・インテリアは、使い勝手&機能性を最重要視した商用バンっぽいデザインに…。

>>> 新型Nバンの内装の実車画像レビュー【シンプルだけど使い勝手は抜群!?】

また、新型Nバン(N-VAN)の助手席も、座り心地や快適性よりも床下に収納した時のフルフラット性能や格納性を意識したデザインに…。良くも悪くも商用バンらしいデザインになっていました。

そんな新型モデルの助手席は、位置を調整できるスライド機能は用意されていたのでしょうか?また、足元空間(ニークリアランス)の広さや居住性は、どうだったのでしょうか?

久しぶりにホンダからデビューをした新型商用バンの助手席の足元空間(ニークリアランス)の広さや居住性、スライド機能などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの助手席は広くて快適?居住性インプレ

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)のフロントシート(運転席&助手席)は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの助手席

■新型Nバンの運転席

運転席と助手席のシートの作りが全く違いますよね。

運転席はサイドサポートもしっかりとしており、また、クッション性も良く、長時間座っても疲れにくい快適性と座り心地を重要視したデザインに…。

一方、床下への収納力を最優先した新型Nバン(N-VAN)の助手席は、運転席よりも座面や背もたれが薄く補助シートのようなデザインに…。この新型モデルの助手席は、座った時のフィット感やホールド力も運転席より劣るため、長時間ドライブには不向きなシートになっているように感じました。

新型Nバンの助手席にはスライド機能は用意されている?

このようなシンプルな作りになっている新型Nバン(N-VAN)の助手席ですが、足元空間の広さを調節できるスライド機能は、用意されていたのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際に確認してきたのですが、この新型モデルの助手席には、スライド機能は用意されていませんでした。なので、この位置から助手席を動かす事ができません。

■新型Nバンの助手席の位置

う~~ん…ちょっとコレは残念。

脚立などの長尺物を積めるようにするために、後部座席だけでなく助手席も格納できるデザインにしているのも、この新型Nバン(N-VAN)の助手席にスライド機能が用意されていない事の理由の一つだと思います。

ただ、今回新発売された新型モデルの後部座席の足元空間の狭さを考えると、使用するシチュエーションによって助手席と後部座席の足元空間の広さを調整できるスライド機能が用意されている方が、便利なのかなと思ってしまいました。

実際にこの新型Nバンの助手席に座ってみると…

このように今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の助手席には、残念ながら、シートスライド機能は用意されていませんでした。

ただ、実際にこの新型モデルの助手席に座ってみると、足元空間(ニークリアランス)は意外と広め。身長

175cmの私が助手席に座ってみると、膝頭からインパネまで拳を縦にして2個分くらいの余裕があり、思ったよりも窮屈感を感じません。また、足元空間が広いので、足を組んだりする事もできました。

■新型Nバンの助手席の足元空間の広さ

運転席と比較すると、背もたれや座面のクッション性がないので、助手席に座った状態での長距離ドライブは少し厳しいですが、この足元空間(ニークリアランス)の広さ、居住性の良さは、予想以上に良いように感じました。

新型Nバンの助手席の足元空間が広い理由とは?

このようにホンダの新型Nバン(N-VAN)の助手席で十分な足元空間(ニークリアランス)の広さが確保されていた理由の一つが、インパネのデザインです。

この新型モデルの助手席側にインパネには、手軽に荷物・アイテムを出し入れできる大きなサイズのオープントレイが2つ用意されていますが、多くのクルマに搭載されているグローブボックスは用意されていません。

■新型Nバンに用意されているオープントレイ

そのおかげもあり、膝の前のスペースには何もなく、助手席の足元空間(ニークリアランス)はゆとりのあるデザインに…。

グローブボックスが用意されてい無い事は、収納面から考えるとデメリット・マイナスです。やはりグローブボックスぐらいの大きな収納スペースは、車検証などを収納しておくに役に立つので…。

ただ、グローブボックスを採用しなかった事で生まれた意外と広い新型Nバン(N-VAN)の助手席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、好印象でした。

2018年7月にホンダからデビューをした軽商用バン”新型Nバン(N-VAN)”の助手席の足元空間の広さ、居住性を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルの助手席には、残念ながら、足元空間(ニークリアランス)の広さを調整できるシートスライド機能は用意されていませんでした。

ただ、この新型モデルは、グローブボックスを用意してい無かった事もあり、十分に満足できる足元空間の広さ&居住性が…。

この新型Nバン(N-VAN)の助手席は、シートの座面が硬く、また、ホールド感も乏しい簡易的な作りになっているため、お世辞にも座り心地が良いとは言えません。ただ、この助手席周りの居住性・足元空間の広さは、十分に満足のいくものでした。

もし、これからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、後部座席の座り心地や居住性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型Nバンの後部座席の足元空間は狭い!?居住性&快適性インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする