リクライニングは付いている?新型Nバンの後部座席の座り心地レビュー

ビジネスユースだけではなく、ホビーユースにもピッタリな軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月、ホンダからデビューをしました。

ホンダ初となるセンターピラーレスなど様々な魅力があるこの新型モデルですが、車内は、荷室・ラゲッジスペースの広さ・使い勝手の良さを最優先したレイアウトに…。

>>> 積載量も使い勝手も抜群!?新型Nバンの荷室アレンジを実車画像で徹底解剖

そのおかげもあり、この新型モデルの後部座席は、格納した時のフルフラット性を最優先した簡易的な作りに…。なので、後部座席の座り心地はお世辞にも良いとは言えません。

そんなホンダの新型商用バンの後部座席は、どのようなデザイン&座り心地になっていたのでしょうか?また、快適に過ごす事ができるリクライニング機能は、装備されていたのでしょうか?

ホンダの新型Nバン(N-VAN)の後部座席の機能性&座り心地を確認してきたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの後部座席の座り心地&快適性インプレ

2018年7月にホンダからデビューをした軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンの後部座席

ちなみに、こちらは、この新型モデルのベースになっている新型N-BOX(Nボックス)の後部座席です。

■新型Nバンのベースになっている新型N-BOXの後部座席

この2台のモデルの後部座席を見比べてみると、シートの作り、クッション性が全く違いますよね。

新型N-BOX(Nボックス)の後部座席は、背もたれや座面のクッションが厚く、座り心地や快適性を最優先にしたデザインになっていました。

なので、新型N-BOX(Nボックス)の後部座席は座面や背もたれのクッションが”ふかふか”としており、長時間座っても疲れにくい座り心地になっていて、軽自動車のレベルを遥かに超えていました。

一方、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の後部座席は、シートサイズも小さく、また、背もたれや座面も薄く、簡易的な補助シートのような作りに…。

また、この新型モデルの後部座席に座ってみると、ちょっと固いボードの上に座っているような座り心地で、クッション性は皆無。足元空間(ニークリアランス)も狭く、この新型モデルの後部座席に長時間座っているのは、厳しいなと感じる座り心地でした。

その他にも気になる部分が…

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の後部座席に座ってみて気になったのは、シートサイズです。

特にヘッドレストが用意されていない標準モデルでは、シートの背もたれが肩甲骨(けんこうこつ)の下くらいまでしかなく、ホールド感に乏しいです。シートに包まれているような感覚は、一切ありません。

■新型Nバン 標準モデルの後部座席

また、この新型モデルの後部座席は、座面も小さいため、長時間座っていると、余計な力が掛かり、足が疲れてしまう感じが…。

後部座席を収納した時のフルフラットな荷室・ラゲッジスペースを成立させるために仕方ないと思いますが、後部座席の座り心地は、圧倒的に新型Nボックス(N-BOX)の方が良いように感じました。

新型Nバンの後部座席はリクライニングは付いている?

また、2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の後部座席には、リクライニング機能は付いていたのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、この新型モデルの後部座席の背もたれの角度を調節できるか確認してみたのですが、残念ながら、リクライニング機能は用意されていませんでした。

ちょっとこれは残念ですよね。

しかも、今回新発売されたこの新型モデルの後部座席の背もたれは、このように垂直に立った状態で固定されています。

■新型Nバンの後部座席

このように背もたれが垂直にたった状態から変更できないので、長時間座っていると、腰が疲れるような感じが…。

試乗をした際、ディーラーさんに、「後部座席の背もたれにリクライニング機能が用意されていないので、長時間ドライブはきつそうですね。」と話したところ、

「今回新発売された新型Nバン(N-VAN)は、元々”お一人様仕様”となっており、日常的に後部座席に同乗者がいる事を想定して作られていません。もし後部座席を日常的に使用するのなら、N-BOX(Nボックス)の方をおススメします。」との事。

ディーラーさんが仰っている通り、日常的に後部座席を使用するのなら、座り心地やクッション性に優れている新型N-BOX(Nボックス)の方が良いと思います。新型N-BOX(Nボックス)には、後部座席のリクライニング機能も用意されているので…。

ただ、新型Nバン(N-VAN)の後部座席は補助シート的な役割とは言え、腰の負担を和らげるリクライニング機能くらいは用意しても良かったのかなと思いました。

また、リクライニング機能を用意できないのなら、後部座席の背もたれを垂直に立たせるのではなく、快適に座れるように背もたれの角度を最適化しても良かったのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの商用バン新型Nバン(N-VAN)の後部座席を確認してみたところ、リクライニング機能の用意もなく、このような簡易的な作りに…。

また、シートサイズも小さく、座面も背もたれのクッションも薄いため、お世辞にも座り心地が良いシートとは言い難い作りになっていました。また、この新型モデルの後部座席は、リクライニング機能が用意されていないのも残念でした。

ディーラーさんも仰っていましたが、お子さんが独立したご夫婦や独身の方など、後部座席をほとんど使わず、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手を優先したい方には、この新型Nバン(N-VAN)は、とても良いと思います。

ただ、日常的に後部座席を使用する人や後部座席の座り心地や快適性を求める人は、シートが簡易的で座り心地が劣るこの新型モデルよりも新型N-BOXの方が良いのかなと思いました。

>>> ホンダ新型Nバンの助手席をリクライニングできる?座り心地レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする