新型Nバンの外装の7つの違いとは?【3つのスタイルを実車画像で比較してみた】

ホンダの人気軽自動車N-BOXをベースに開発&デザインされた新しい商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

そんな新型モデルの特徴の一つは、外装・エクステリアのデザインです。

今回新発売された新型モデルは、ビジネスユースにピッタリな”標準モデル”と個性的な見た目になっている”スタイル ファン”/”スタイル クール”の3つの外装デザインを用意しています。

先日、新型Nバン(N-VAN)の3つのスタイルを見比べる事ができたのですが、それぞれ全く異なる雰囲気&存在感に…。

この新型N-VAN(Nバン)に用意されている3つのスタイルは、それぞれどのようなデザインになっているのでしょうか?また、この3つのスタイルでは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、ホンダからデビューをした新型モデルの外装・エクステリアの違いを見比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの外装比較【3つのスタイルの違いを徹底検証】

先ほどもお話した通り、2018年7月に新発売をしたホンダの軽バン”新型Nバン(N-VAN)”は、一番ベーシックな”標準モデル”と普段使いにもピッタリなスタイル ファン/スタイル クールと言う3つのスタイルを用意しています。

そんな新型モデルの3つのデザインは、それぞれこのようになっていました。

■新型Nバン 標準モデルの外装

■新型Nバン スタイル ファンの外装

■新型Nバン スタイル クールの外装

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の3つのスタイルの基本的な外装・エクステリアのデザインは、同じになっています。

ただ、標準モデルをベースに加飾や装備などを変える事で、”スタイル ファン(STYLE FUN)”は親しみやすいフレンドリーさを、また、”スタイル クール(STYLE COOL)”は商用バンとは思えないスタイリッシュさを上手に表現しているように感じました。

そんな新型Nバン(N-VAN)の3つのスタイルですが、外装・エクステリアに次のような違いがありました。

新型Nバンの外装の違い1:ボディサイズ

今回新発売された新しい新型Nバン(N-VAN)の3つのスタイルの大きな違いの一つが、ボディサイズです。

■新型Nバンのボディサイズ
・標準モデル/FF車
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,945mm
・スタイル ファン/FF車
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,945mm
・スタイル クール/FF車
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,850mm

この3つのスタイルの中で、”スタイル クール(STYLE COOL)”のみ全高が95mm低いロールーフ仕様に…。

この95mmの差と言うのは意外と大きく、実際に見比べてみると、車高の高さの違いを感じます。

■ロールーフ仕様のスタイルクール

■ハイルーフ仕様のスタイルファン

ただ、この車高の低さのおかげもあり、この”スタイル クール(STYLE COOL)”は、3つのデザインの中で一番スタイリッシュなデザインになっているように感じました。

ちなみに、この”スタイル クール(STYLE COOL)”は、他のモデルよりも全高が95mm低いとは言え、ホンダのN-BOXなどスーパーハイト系ワゴンよりも大きいボディサイズになっています。

なので、ロールーフ仕様だからと言って、他のモデルよりも使い勝手が悪いというのは、一切感じませんでした。

新型Nバンの外装の違い2:フロントグリル

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、フロントグリルのデザインです。

■新型Nバン 標準モデルのフロントグリル

■新型Nバン スタイル ファンのフロントグリル

■新型Nバン スタイル クールのフロントグリル

標準モデルのフロントグリルは、ボディカラーと同色のシンプルなデザインになっているのに対し、上位モデルの”スタイル ファン”は、プラチナ調のクロームメッキをワンポイトアクセントに使用したデザインに…。

一方、”スタイル クール”は、フロントグリル全体にクロームメッキを採用したデザインに…。やはりフロントマスクに一番迫力があったのは、クロームメッキ調のフロントグリルを採用した”スタイル クール”でした。

ただ、個人的には、プラチナ調メッキがキラリと輝く”スタイル ファン(STYLE FUN)”が一番好みでした。

新型Nバンの外装の違い3:ヘッドライト

フロントグリルと同様に新型Nバン(N-VAN)のフロントマスクの表情に大きく影響を与えているのが、ヘッドライトのデザインです。

■新型Nバン 標準モデルのヘッドライト

■新型Nバン スタイル ファンのヘッドライト

■新型Nバン スタイル クールのヘッドライト

標準モデルと”スタイル クール”のヘッドライトはハロゲンだったのに対し、”スタイル ファン”は、唯一LEDのヘッドライトを採用。

実際にこの印象的なヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

クリクリっとしたサークル状のヘッドライトがカワイイですよね。
また、夜間に見ると、かなりインパクトがあります。

このようにヘッドライトのデザインや使用している光源に違いがあるのも、新型Nバン(N-VAN)の3つのスタイルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

新型Nバンの外装の違い4:タイヤ&ホイールのデザイン

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の3つのモデルを見比べてみたところ、タイヤ&ホイールのデザインにも違いがありました。

■新型Nバン 標準モデルのタイヤ&ホイール

■新型Nバン スタイル ファンのタイヤ&ホイール

■新型Nバン スタイル クールのタイヤ&ホイール

今回私が見る事ができた標準モデルの”L ホンダセンシング”と”スタイル ファン”は同じデザインのフルホイールキャップを採用。

見た目はちょっとシンプルですが、商用バンとは思えないデザインになっていたのは、好印象でした。

一方、クリクリっとした丸いヘッドライトを採用するなど個性的なデザインが魅力の”スタイル ファン”は、ブラックを加飾した2トンカラーのデザインに…。

このブラックがワンポイントアクセントになっていて、新型Nバン(N-VAN)の横からのデザインを引き締めているように感じました。

このようにタイヤ&ホイールのデザインンもスタイルによって異なるので、ぜひとも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、この新型モデルのタイヤサイズは、全グレード共通して12インチ(145/80R12)となっており、モデルによる違いはありませんでした。

新型Nバンの外装の違い5:リヤコンビネーションランプ

また、新型Nバン(N-VAN)に用意されている3つのスタイルは、後ろ姿も異なります。
その一つが、リヤコンビネーションランプです。

■新型Nバン 標準モデルのリヤコンビネーションランプ

■新型Nバン スタイル ファンのリヤコンビネーションランプ

■新型Nバン スタイル クールのリヤコンビネーションランプ

どのモデルも荷室開口部の広さを意識した縦に長いデザインになっているのは、同じになっています。

ただ、標準モデルと”スタイル ファン(STYLE FUN)”が赤いレンズをライトに採用していたのに対し、スタイリッシュなデザインが売りの”スタイル クール”だけ、透明のクリアレンズを採用。

実際に後ろ姿を見比べてみると、”スタイル クール”とそれ以外のモデルでは、雰囲気や存在感が全く異なりますよね。

やはり後ろ姿は、ローフール仕様&リヤコンビネーションランプにクリアレンジを採用している新型Nバン(N-VAN)の”スタイル クール(STYLE COOL)”が一番良いように感じました。

新型Nバンの外装の違い6:ルーフスポイラー

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の後ろ姿に大きく影響を与えているのが、ルーフに装着されているスポイラーです。

この3つのスタイルでは、スタイリッシュなデザインが売りの”スタイル クール(STYLE COOL)”のみ大型のルーフスポイラーを標準装備。

■新型Nバン スタイル クールの大型ルーフスポイラー

それ以外の標準モデルや”スタイル ファン”では、ルーフスポイラーは、装着されていません。

やはりルーフスポイラーは、後ろ姿の良いワンポイントアクセントに…。
また、”スタイル クール”の売りであるスタイリッシュさを上手に演出しているように感じました。

リヤコンビネーションランプと同様にこのルーフスポイラーも、新型Nバン(N-VAN)の後ろ姿の違いに大いに影響を与えているように感じました。

ちなみに、”スタイル クール”の外装・エクステリアには、大型のルーフスポイラーなど、他のモデルには用意されていない様々な専用装備が備わっています。

この”スタイル クール”のみに用意されている専用装備も要チェックポイントなので、注目をしてみてくださいね。

新型Nバンの外装の違い7:エンブレム

また、2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の後ろ姿を確認をしていて、ちょっと驚いた違いも…。

それはエンブレムです。

上位モデルの”スタイル ファン(STYLE FUN)”や”スタイル クール(STYLE COOL)”では、一般的なエンブレムが採用されていたのに対し、標準モデルのエンブレムは、デカール(シール)に…。

■新型Nバン スタイル ファンのエンブレム

■新型Nバン 標準モデルのエンブレム

やはり一般的なエンブレムを採用している”スタイル ファン”や”スタイル クール”と比較すると、デカールになっている標準モデルのエンブレムは安っぽい感じが…。

機能や装備面ではそれ程不満を感じなかった新型Nバン(N-VAN)の標準モデルですが、このデカールのエンブレムには、ちょっとガッカリしました。

2018年7月にデビューをしたホンダの新型Nバン(N-VAN)はこのように3つのスタイルを用意していますが、それぞれこのようなデザインになっていました。また、それぞれこのような違いがありました。

実際に3つのスタイルを実際に見比べてみると、かなり違いが大きいですよね。

今回新発売されたこの新型モデルは、ロールーフ仕様/ハイルーフ仕様など様々なスタイルやスタイルを選べるのも注目ポイントの一つです。

見た目の好みや使い勝手などトータルを考慮して、ぜひともお気に入りの一台を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする