使い勝手の良い小物入れが多数!?新型Nバンの収納インプレッション

ホンダの人気軽自動車N-BOXをベースにし軽商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

今回新発売された新型商用バンは、Nボックスっぽさが残る外観・エクステリアに…。
ただ、デザイン性を最重要視した内装・インテリアは、N-BOXと全く異なる雰囲気になっていました。

>>> 新型Nバンの内装の実車画像レビュー【シンプルだけど使い勝手は抜群!?】

そんな新型Nバン(N-VAN)の内装・インテリアで印象的だったのが、収納スペース・小物入れの数です。

今回新発売されたこの新型モデルでは、他のクルマとは比べ物にならない程収納スペースが…。また、この新型モデルに用意されている収納スペースは、使い勝手が良くなるように様々な工夫を凝らしてたのも好印象でした。

ただ、その一方、一般的なクルマでは用意されている収納スペースが用意されておらず、ちょっとビックリしましたが…。

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)では、どのような収納スペース・小物入れを用意していたのでしょうか?また、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型商用バンの収納スペースのレイアウトや使い勝手を確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nバンの収納インプレ:運転席周り編

2018年7月にデビューをしたホンダの軽商用バン新型Nバン(N-VAN)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■新型Nバンのインパネ

この新型モデルのインパネは、商用バンらしくチカラ強いデザインに…。

プラスチック感が強いため、内装・インテリアから上質感・高級感は一切感じられませんが、汚れや傷を気にせずに使い倒せる機能性に優れたデザインになっているように感じました。

また、サッと出し入れができるオープントレイが多いのもこの新型商用バンのインパネの特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

そんな新型Nバン(N-VAN)の運転席周りには、どのような収納スペース・小物入れがあるのか確認してきたので、紹介したいと思います。

収納スペース1:インパネアッパートレー

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)に用意されている大きな収納スペースの一つが、インパネの上段に設置されているオープントレイの”インパネトレー”です。

■新型Nバンのインパネトレー

意外と高さがあるため、集金用のポーチや伝票を置いておくのにとても良いのかなと思いました。

また、この助手席側に設置されているインパネトレーにはスリットが入っており、このようにバインダーをテーブル代わりに使えるのも、とても良いアイディアだと思いました。

収納スペース2:インパネミドルトレー

新型Nバン(N-VAN)では、インパネアッパートレーの下側にもう一つの使い勝手の良いトレイ”インパネミドルトレー”を用意しています。

■新型Nバンのインパネミドルトレー

高さは若干アッパートレイより小さくなっていますが、ボックス型のディッシュを収納できるサイズになっており、ティッシュ置き場として重宝するのかなと思いました。

また、意外と奥行きがあるので、タブレット端末やバインダーを収納しておくのにもピッタリなのかなと思いました。

収納スペース3:インパネアッパーポケット

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の運転席周りの収納スペースを確認していて、「ちょっとコレは便利かも!?」と思った収納スペースが、インパネの中央部分(メーターとナビの間)に用意されているインパネアッパーポケットです。

■新型Nバンのインパネアッパーポケット

この新型Nバン(N-VAN)のインパネアッパーポケット自体はサイズもそれ程大きく無くで、良く見かける一般的なデザインです。ただ、この新型モデルでは、収納スペースの内部を仕分ける”セパレーター(仕切り)”を標準装備。

■新型Nバンのセパレーター

また、このセパレーターには凹みが付いており、スマホやiPhoneの充電ケーブルを巻き取る事ができるデザインに…。運転席周りがゴチャゴチャする事無く、スッキリと収納して置く事ができるのが、とても良いと思いました。

ちなみに、この”セパレーター”は取り外しも可能なので、セパレーターを取り外して、ちょっと大きな小物入れとして使用する事も可能ですよ

収納スペース4:運転席横小型ポケット

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)では、ハンドルの右側プッシュ式のエンジンスターターの隣にも小さな収納ボックス”運転席横小型ポケット”を用意。

■新型Nバンの運転席横小型ポケット

収納スペース自体はそれ程大きくありませんが、ガムやミントタブレットなど小さいアイテムを収納するのに便利なのかなと思いました。

収納スペース5:ドア内側パネル

また、今回新発売された新型Nバン(N-VAN)の注目の収納スペースの一つが、ドア内側パネルです。

この新型モデルでは、ドアハンドル部分に溝(切れ込み)がはいっており、コンビニフックとして使用できるデザインに…。

■新型Nバンのドアハンドル

ドアハンドル部分に切れ込みが入っているおかげで、ドアを開け閉めする際は若干グリップ感の悪さを感じますが、こういった細かな工夫が施されているのもこの新型モデルの良いところなのかなと思いました。

また、新型Nバン(N-VAN)のドア内側パネルの下側には、収納力がある大型ポケットが用意されているのも好印象でした。

新型Nバンの収納スペースでちょっと意外だったのは…

このように数多くの収納スペースを用意している新型Nバン(N-VAN)でしたが、内装・インテリアを確認しちいて、ちょっと意外だったことが…。

それは多くのクルマに用意されているグローブボックスが、このクルマには用意されてい無かった事です。

■数多くのクルマに用意されているグローブボックス

助手席を収納した時に広い荷室・ラゲッジスペースの奥行きを確保するためだと思いますが、グローブボックスが用意されていないのは、少々驚きました。

ただ、助手席側の足元付近にグローブボックスが用意されていないおかげで、助手席に座った時に足元空間(ニークリアランス)にゆとりが…。

グローブボックスがないと、「車検証をどこに収納したら良いのだろう?」と言う悩みは生じますが、広々とした助手席の足元空間は、グローブボックスを撤廃した良い効果なのかなと思いました。

新型Nバンの収納インプレ:後部座席周り編

2018年7月にホンダからデビューをした軽商用バン新型Nバン(N-VAN)の後部座席周りのデザインは、このようになっています。

■新型Nバンの後部座席周りのデザイン

今回新発売されたこの新型モデルの後部座席周りは補助シート的な作りになっており、人が座ると言うよりも多くの荷物を乗せる事を優先したデザインになっています。

なので、収納スペースもほとんどありません。

私が確認したところ、運転席の後ろ側にシートバックポケットと、助手席の後ろ側にドリンクホルダーが用意されていたくらいです。

■新型Nバンのシートバックポケット

■新型Nバンの後部座席用のドリンクホルダー

この新型モデルの後部座席周りの収納スペースはこのように多く無いので、日常使いのクルマとして購入を検討している方は、少し注意が必要なのかなと思いました。

2018年7月にデビューをした新型Nバン(N-VAN)の収納スペース・小物入れの数や配置を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルではグローブボックスが用意されていないなど、少々ビックリした事もあったのですが、運転席周りには、数多くの収納スペースが…。また、オープントレーが多く、使い勝手も良いような感じが…。

収納スペース・小物入れのサイズも大きく、また、数も十分なので、実際に運転をしていて、収納不足に悩まされる心配は少ないのかなと思いました。

また、コンビニフックやセパレーターなど、この新型Nバン(N-VAN)ならではの工夫が施されているのも、個人的には、好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする