他とは何が違う!?新型Nバン クールの外装の4つの専用装備とは?

ホンダ車として初めてセンターピラーレスを採用した商用バン新型Nバン(N-VAN)が、2018年7月にデビューをしました。

今回新発売された新型商用バンは3種類の異なるデザインを用意していますが、スタイリッシュさを売りにしているのが新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)です。
※正式名称は、Nバン プラススタイルクール(N-VAN +STYLE COOL)ですが、この記事では、新型Nバン クール(N-VAN COOL)と呼ばせていただきます。

>>> 新型Nバン(N-VAN)の外装レビュー【スタイル クールの見た目の3つの特徴は?】

そんな新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)は全高が他のモデルよりも95mm低いロールーフ仕様になるなど、他のモデルと異なる魅力を備えています。

また、この新型モデルの外装・エクステリアには、他のモデルと異なる専用装備が…。

2018年7月にデビューをした新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、どのような専用装備を備えていたのでしょうか?

今回新発売された新型商用バンの上位モデル”スタイルクール(STYLE COOL)”に用意されている専用装備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-VAN クールの外装:専用装備は何が用意されていた?

2018年7月にデビューをしたホンダの新型商用バン”新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)”の上位モデル”クール(COOL)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型Nバン クールの外装・エクステリア

パッと見ただけでは、4ナンバーの商用車とは思えないデザインですよね。

下位モデルの標準車は商用バンっぽいデザインになっているのですが、プラス スタイル(+Plus STYlE)に属するクールは、個人ユーザーやホビーユースなども考慮したデザインに…。

積載量や使い勝手にこだわった商用バンでありながら、この見た目のデザインの良さは、スズキのエブリイやダイハツのハイゼットカーゴには無い新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

このようにスタイリッシュなデザインが特徴の”クール(Cool)”ですが、商用バンとは思えないような専用装備を備えておりました。

新型Nバン クールの外装の専用装備1:フロントグリル

今回デビューをした新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)の外装・エクステリアに用意されている専用装備の一つが、フロントグリルです。

■新型Nバン クールのフロントグリル

商用バンとは思えないデザインですよね。

ビジネスユース色の強い標準モデルでは、ボディカラーと同色のフロントグリルを備えていましたが、上位モデルの”スタイル クール(STYLE COOL)”では、クロームメッキ調のフロントグリルを採用。

普通の軽自動車と見間違えてしまう程スタイリッシュな顔つきになっているのが、とても良いと思いました。

ちなみに、この新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)に用意されているヘッドライトは、ハロゲンでLEDではありません。もし、この”クール”にLEDヘッドライトを用意していたら、もっと精悍な顔つきになっていたのかなと思いました。

新型Nバン クールの外装の専用装備2:テールゲートスポイラー

また、今回新発売された新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)では、フロントマスクだけではなく、リヤ(後ろ姿)にも様々な専用装備を備えています。

その一つが、テールゲートスポイラーです。

今回新発売されたこの新型モデルでは3つの異なるスタイルを用意していますが、この”クール(Cool)”のみ大型のテールゲートスポイラーを用意していました。

■新型Nバン クールの大型テールゲートスポイラー

この大型テールゲートスポイラーのおかげで、他のモデルよりもスタイリッシュな後姿に…。

新型Nバン(N-VAN)のような背の高いボックスタイプのモデルはノッペリとした表情になりがちですが、この”クール(Cool)”は大型のテールゲートスポイラーのおかげで、かなり精悍な後ろ姿になっていました。

新型Nバン クールの外装の専用装備3:リヤライセンスガーニッシュ

スタイリッシュさが売りの新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)は、リヤライセンスガーニッシュも専用装備になっていました。

■新型Nバン クールのリヤライセンスガーニッシュ

他のスタイルではボディカラーと同色のリヤライセンスガーニッシュを備えていましたが、この”クール(Cool)”では、クロームメッキ調のリヤライセンスガーニッシュを標準装備。

このクロームメッキ調のリヤライセンスガーニッシュが良いワンポイントアクセントになっていて、後ろ姿に高級感を与えているように感じました。

新型Nバン クールの外装の専用装備4:リヤコンビネーションランプ

また、新型Nバン クール(N-VAN STYLE COOL)の後ろ姿の注目の装備一つは、リヤコンビネーションランプです。

他のモデルではレッドのパネルをリヤコンビネーションランプに採用していたのですが、この”クール(Cool)”のみリヤコンビネーションランプにクリアレンズを採用。

■新型Nバン クールのリヤコンビネーションランプ

大型のテールゲートスポイラーやメッキ調のリヤライセンスガーニッシュとの相性もとても良く、このこの”クール(Cool)”の雰囲気にとてもマッチしているように感じました。

2018年7月にデビューをした軽バン新型Nバン(N-VAN)の上位モデル”クール(COOL)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

また、”クール(COOL)”は、このような専用装備を備えていました。

今回新発売された新型Nバン(N-VAN)は、スタイルによってフロントグリルのデザインなどが異なります。

ただ、この”クール(COOL)”は、フロントグリルだけではなく、それ以外にも様々な専用装備を備えていおり、スタイリッシュさに磨きをかけているのが、とても良いと思いました。

>>> 新型Nバンの外装の7つの違いとは?【3つのスタイルを実車画像で比較してみた】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする