新型RAV4のUSBは超便利【個数や設置場所、使い勝手を徹底解説】

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUVの新型RAV4は、機能や装備の充実度が魅力の一つですが、私が特に良いと思ったのが、USBポートの使い勝手です。

このクルマでは、十分な数のUSBポートを用意しているため、ドライブ中のスマホや端末ゲーム機などの充電に困る事はありませんでした。

そんな新型SUVでは、車内にいくつのUSBポートを用意していたのでしょうか?また、設置場所&使い勝手は、どうだったのでしょうか?スマホやiPhoneだけではなく、タブレット端末なども充電できるのでしょうか?

トヨタから新発売された新型RAV4のUSBの個数や設置場所、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4に用意されているUSBポートの数は?

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4に用意されているUSBポートの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型RAV4のUSBソケットの数

フロントシート周り 2個
後部座席周り 2個
USB合計 4個

この新型モデルでは、フロントシートと後部座席周りに2個ずつ、合計4個のUSBソケットを全グレードに標準装備。

4人で乗車時でも、一人一つずつUSBポートを使用できるのは、かなり嬉しいですよね。

ファミリーカーとしてこのクルマの購入を検討している方には、このUSBポートの数は、かなりありがたいのかなと思いました。

タブレット端末なども充電できる2.1A対応のUSBを標準装備

また、アンペア(A)の大きさも、この新型RAV4のUSBの良さの一つです。

最近は、USBポートを標準装備しているクルマが増えてきましたが、まだまだ0.5や1.0A(アンペア)対応となっており、タブレット端末などを充電できないのも多いんですよね。

そんな中、今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマのUSBポートは、すべて2.1アンペア(A)の大容量。

なので、このクルマに標準装備されているUSBは、スマホやiPohneだけではなく、タブレット端末もドライブ中に充電することができます。。また、スマホやiPhoneを充電する際、”急速充電”できるのも好印象でした。

新型RAV4に用意されているUSBの配置場所&使い勝手をチェック

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のフロントシートと後部座席に2つずつ合計4つのUSBポートを標準装備していますが、どこに用意されていたのでしょうか?また、このUSBポートの使い勝手は、どうだったのでしょうか

フロントシートと後部座席に分けて、この新型モデルのUSBポートの配置場所や使い勝手を紹介したいと思います。

フロントシート用のUSBポートは、どこにある?

この新型RAV4では、運転席と助手席の間にあるセンターコンソールボックス内にフロントシート用のUSBを2つ用意しています。

■フロントシート用のUSBポート

上位モデルのGグレードやGZパッケージでは、センターコンソールボックス内に取り外し式のインナートレイが備わっているのですが、iPhone7やSEくらいのサイズなら、ピッタリと収まるサイズに…。

■G系グレードのセンターコンソールボックストレイ

また、この新型モデルのセンターコンソールは、ケーブルを挟み込まないように蓋を閉めても3mmくらいの隙間ができるような工夫が施されています。

このように、このクルマは、センターコンソールの内外にスマホ/iPhoneを置く事ができるように工夫が施されているので、充電中のスマホやiPhoneの置き場に困る心配は無いように感じました。

後部座席用のUSBポートは、どこにある?

一方、新型RAV4の後部座席用のUSBポートは、センターコンソールの後方下段に用意されていました。

■後部座席用のUSBポート

後部座席にも2.1A(アンペア)まで対応のUSBポートが2個用意されているのは、嬉しいですよね。

ただ、この後部座席用のUSBの使い勝手で気になったのは、充電中のスマホ/iPhoneの置き場です。

この新型モデルでは、後部座席周りの収納スペースが少ないため、充電中のスマホやiPhoneなどを置いておくスペースがありません。

強いて言えば、シートバックポケットもしくは、後部座席の中央に用意されているセンターアームレストです。

しかし、新型RAV4のシートバックポケットは、深さがあるため、充電中のスマホやiPhoneを置くと、このように埋もれちゃうんですよね。しかも後部座席用のシートバックポケットは、助手席側にしか用意されていないし…。

■シートバックポケットにスマホを収納した時の様子

また、このクルマの後部座席の中央に備わっていドリンクホルダーは、仕切りの間に隙間があるため、スマホ/iPhoneを置く事ができます。

ただ、ドリンクホルダーにiPhoneやスマホを置くと、画像のようにケーブルが”ぶら~ん”となってしまいちょっと邪魔なんですよね。

■ドリンクホルダーにスマホを置いた時の様子

ちなみに、新型RAV4の競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター(Forester)の後部座席には、スマホやiPhoneを収納するための小さなポケットをシートバックに用意しています。

■新型フォレスターのスマホ収納用ポケット

このスマホやiPhoneを収納しておくための小型ポケットは、ちょっと羨ましいですよね。

後部座席のUSBの使い勝手に関しては、トヨタから新発売されたこのクルマよりも、スマホやiPhoneなどを置くスペースをしっかりと考えているスバルの新型フォレスター(Forester)の方が良いように感じました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のUSBポートの数や使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

後部座席のUSBポートの使い勝手など、競合車・ライバル車よりも若干劣る部分もありましたが、急速充電に対応した2.1アンペアのUSBをフロントシート/後部座席あわせて4つ用意。

どこに座っても、手が届く範囲にUSBポートが用意されているのは、とても良いと思いました。

>>> 競合車よりも狭い!?新型RAV4の後部座席の足元の広さを計測してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする