新型RAV4のGグレードとGZパッケージの内装の2つの違いとは?【実車画像で比較】

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の上位モデルに位置をするGグレード(ハイブリッドG)とGZパッケージは、どちらも高級感・上質感のある内装・インテリアとなっています。

ただ、内装に備わっている機能・アイテムに若干の違いが…。

このGグレードとGZパッケージの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2つのモデルの内装・インテリアには、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、トヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のGグレードとGZパッケージの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 GグレードとGZパッケージそれぞれの内装をチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の上位モデルに位置をする”Gグレード”と”GZパッケージ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■Gグレードの内装・インテリア

■GZパッケージの内装・インテリア

基本的な内装のデザインは共通

ガソリン車の最上位モデルに位置をする”GZパッケージ”の内装・インテリアは、Gグレードをベースとしている事もあり、基本的には同じデザインになっています。

例えば、ダッシュボードは、どちらのモデルもステッチが施されたソフトパッドが採用されています。

■Gグレードのダッシュボード

■GZパッケージのダッシュボード

ブラウンのアクセントカラーをあしらった落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっているのも、この2台のモデルの共通する部分となっていました。

シートは合成レザーを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4はGグレード/GZパッケージどちらも、まったく同じデザインの合成レザー素材のシートを標準装備しています。

■Gグレードのシート

■GZパッケージのシート

ブラックの合成レザーシートはスタイリッシュさと重厚感を兼ね備えており、高級感のある車内空間を演出していました。

また、トレーやドリンクホルダーにあしらわれているブラウンのアクセントカラーとの相性もとても良いように感じました。

■Gグレード/GZパッケージのブラウンのアクセントカラー

新型RAV4の内装【GグレードとGZパッケージの2つの違いとは?】

ご覧の通り、2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のGグレードとGZパッケージはどちらも、ブラウンのアクセントカラーをあしらった共通のデザインとなっています。

ただ、次の2つのアイテム・装備に関しては、GZパッケージとGグレードで違いがありました。そんな新型モデルの内装・インテリアの2つの違いについて、紹介したいと思います。

【違い1】ルームミラー

新型RAV4のGグレードとGZパッケージの内装・インテリアの大きな違いの一つが、ルームミラーです。

中間モデルのGグレードでは、後方からのライトの眩しさや明るさを自動で検知をして抑制してくれる”自動防眩機能付きのルームミラー”が標準装備されています。

■Gグレードの自動防眩機能付きルームミラー

なので、夜間ドライブも安心して運転することができます。

一方、新型RAV4のガソリン車の最上位モデルに位置をする”GZグレード”では、クルマの後方に備えたカメラの映像をルームミラーに投影してくれる”デジタルインナーミラー”が標準装備されています。

■GZパッケージのデジタルインナーミラー

後部座席に同乗者が視界を遮って、クルマの後方の確認がしにくい時ってありますよね。

GZパッケージに標準装備されているデジタルインナーミラーは、このような煩わしさから解放してくれるとても便利なアイテムに…。

このクルマをファミリカーとして使用している方には、クリアな後方視界をサポートしてくれるデジタルインナーミラーは、心強い味方になってくれるのかなと思いました。

ちなみに、”自動防眩機能付きのルームミラー”が標準装備されているGグレードですが、オプションでデジタルインナールームミラーに変更する事が可能です。

オプション代もそれ程高くないですし、もしクルマの後方の視界に不安を感じたら、デジタルインナールームミラーに変更しても良いかもしれませんね。

【違い2】ドライブモードセレクタ

また、走行モードを切り替える”ドライブモードセレクタ”も、新型RAV4のGグレードとGZパッケージで違いがありました。

このクルマでは、走行モードを切り替える”ドライブモードセレクタ”は、センターコンソールのシフトレバーの隣に備わっているのですが、ガソリン車のGグレードでは、ご覧の通りスイッチ式に…。

■Gグレードのドライブモードセレクタ

一方、最上位モデルに位置をする”GZパッケージ”では、スイッチではなく、ダイヤル式のドライブモードセレクタを標準装備。

■GZパッケージのドライブモードセレクタ

スイッチ式よりもダイヤル式の方が見た目もオシャレで良いですよね。

また、GZパッケージに標準装備されているダイヤル式のドライブモードセレクタは、慣れれば、運転中に視線を落とさずに走行モードを切り替える事も可能です。なので、操作性にも優れているように感じました。

ちなみに、ハイブリッドGでは、スイッチ式ではなく、GZパッケージと同じダイヤル式のドライブモードセレクタとなっています。

■ハイブリッドGグレードのドライブモードセレクタ

ただ、ガソリン車のGZパッケージとは、デザインや操作した際に切り替えられる走行モードに違いがあるので、ご注意くださいね。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4のGグレードとGZパッケージの内装・インテリアを見比べてみたところ、このようなデザインになっていました。

どちらのモデルも高級感溢れる内装・インテリアになっています。

ただ、デジタルインナーミラーが標準装備されたり、走行モードを切り替えるドライブモードセレクタがダイヤル式になるなど、機能や装備の充実度に関しては、上位モデルのGZパッケージの方が一枚も二枚も上手だなと感じました。

ちなみに、新型RAV4のGグレード/GZパッケージはどちらも、高級感のあるブラックとオシャレな室内を演出してくれるライトグレーの2色の内装色を用意しています。

選ぶ内装色によって、車内の雰囲気に大きな違いが…。

このモデルに用意されている”ブラック”と”ライトグレー”2色の内装色(インテリアカラー)も、注目ポイントの一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする