新型RAV4の内装をグレード毎に比較【全6タイプを実車画像で紹介】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の内装・インテリアは、スッキリとした薄型のダッシュボードを備えるなど、実用性に優れたデザインとなっています。

ただ、このクルマの内装は、グレードによって、アクセントカラーなどのデザインやシートに使用されている素材に違いが…。

なので、例えば、同じライトグレーの内装色でも、グレードによって、雰囲気が大きく異なります。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の各グレードに用意されている内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードによって、どのような違いがあったのでしょか?

実車画像を使って、このクルマに用意されている全6種類の内装・インテリアを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードの内装を実車画像でチェック

新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”に用意されているの内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

■Xグレードのブラックの内装

■Xグレードのライトグレーの内装

最廉価モデルのXグレードでも、助手席側のダッシュボードには、ステッチがあしらわれたソフトパッドを採用。最廉価モデルと言う事を考えると、十分に満足できる仕上がりになっていました。

アクセントカラーの用意はナシ

ただ、新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の内装色と他のグレードでは、大きな違いが…。

それは、大きなオープントレイやドリンクホルダー部分にアクセントカラーの用意がなく、シンプルなブラックカラーとなっていたことです。

■Xグレードのトレイ

■Xグレードのドリンクホルダー

ハンドルやシフトレバーなどもウレタン製と言う事もあり、他のグレードと内装・インテリアを比較すると、ちょっとシンプルさが際立つデザインとなっていました。

ドア内側パネルもシンプル

また、最廉価モデル”Xグレード”に用意されているドア内側パネルも、他のグレードよりもシンプルです。

こちらは、オーソドックスなブラックのドア内側パネルです。

■Xグレードのブラックのドア内側パネル

そして、こちらは、ライトグレーを選択した時のドア内側パネルです。

■Xグレードのライトグレーのドア内側パネル

選ぶカラーによって、ドア内側パネルのデザインも大きく異なりますよね。

ただ、どちらのカラーも、トリム部分にシボ加工が施されたシンプルなデザインに…。なので、肌触りはイマイチです。また、他のグレードのようにトリム部分にステッチなどの加飾もありません。

車体本体価格などの事を考えると当然のことなのかもしれませんが、ドア内側パネルのデザインに関しては、Xグレードと他のグレードでは大きな差があるように感じました。

シートはファブリック素材を採用

また、新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のシートは、このようなデザインになっていました。

■Xグレードのシート:ブラック

■Xグレードのシート:ライトグレー

このXグレードでは、シートの表皮にファブリック素材(織物)を採用。

そのため、このXグレードのシートは、他のグレードよりも高級感や上質感と言う点では、若干見劣りするように感じが…。

ただ、シートのメイン部分には、ドリンクホルダーやトレイ部分に採用しているのと同じ幾何学模様があしわられており、SUVらしい遊び心のあるデザインになっていました。

新型RAV4のGグレード/GZパッケージの内装をチェック

新型RAV4の上位モデルに位置をする”Gグレード/ハイブリッドG”や”GZパッケージ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

こちらは、オーソドックスなブラックの内装・インテリアです。

■Gグレードの内装:ブラック

一方、こちらは、車内を解放感を与えるライトグレーの内装・インテリアです。

■Gグレードの内装:ライトグレー

ブラックにはシルバーのステッチ、ライトグレーにはブラウンのステッチがほどこされるなど、ダッシュボードの基本的なデザインは、最廉価モデルのXグレードと大きく違いがありません。

ただ、このGグレードやGZパッケージでは、本革巻きのハンドルやシフトレバーを標準装備。

■Gグレードのハンドル

■Gグレードのシフトレバー

そのため、このGグレードの内装・インテリアは、最廉価モデルのXグレードよりも
高級感が溢れる内装・インテリアになっているように感じました。

ブラウンのアクセントカラーを採用

また、新型RAV4の上位モデルに位置をするGグレードと最廉価モデルのXグレードの大きな違いの一つが、内装・インテリアに施されているアクセントカラーです。

最廉価モデルのXグレードでは、トレイやドリンクホルダーにアクセントカラーが施されていなかったのですが、この上位モデルに位置をするGグレード/GZパッケージでは、ブラウンのアクセントカラーを採用。

■Gグレードのトレイ

■Gグレードのドリンクホルダー

このブラウンのアクセントカラーが、上級モデルらしい高級感とオシャレさを上手に演出しているように感じました。

ドア内側パネルも高級感あるデザインに…

また、新型RAV4の上位モデルGグレードやGZパッケージでは、ドア内側パネルも高級感のあるデザインになっています。

■Gグレードのドア内側パネル:ブラック

■Gグレードのドア内側パネル:ライトグレー

この上位モデルのGグレードでは、ドアトリム部分にもちもちとソフトパッドを標準装備。なので、腕を触れた時の肌触り・感触が良くなっています。

しかも、ドアトリム部分にはステッチをあしらっって高級感・上質感を演出。

■Gグレードのドア内側パネルにあしらわれているステッチ

ステッチがあしらわれているだけで、車内の雰囲気がグッと良くなりますよね。

また、このGグレードでは、ドア内側パネルに備わっているスイッチには、サテンメッキ調の加飾がサラリと施されているのも好印象でした。

高級感のある合成張りのシートを採用

そんな新型RAV4の上位モデル”Gグレード/GZパッケージ”の内装・インテリアの最大の注目ポイントの一つは、シートのデザインです。

Xグレードではファブリック素材が採用されていましたが、上位モデルに位置をする”Gグレード”や”GZパッケージ”では、合成レザーを採用。

■Gグレードのシート:ブラック

■Gグレードのシート:ライトグレー

内装色によって、シートの雰囲気は若干異なりますが、最廉価モデルのXグレードよりも高級感のあるデザインに…。

特にブラックのレザーシートは、重厚感がハンパありません。

バーベキューやキャンプなど、このクルマをオフロード目的で購入するのなら、内装・インテリアがシンプルなXグレードやアドベンチャーでも良いと思います。

ただ、最近トレンドの高級感溢れるプレミアムSUVとして、このクルマの購入を検討しているのなら、内装・インテリアに上質感のあるGグレードやGZパッケージの方が相応しいのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする