競合車よりも狭い!?新型RAV4の後部座席の足元の広さを計測してみた

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4は、競合車・ライバル車よりも全長やホイールベースは大きくなっています。なので、後部座席の居住性も優れているように感じました。

しかし、このクルマの後部座席に座ってみると、競合車・ライバル車よりも後部座席の足元空間(ニークリアランス)が狭かったような…。

2019年4月にデビューをした新型RAV4の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、競合車・ライバル車とこの新型モデルの後部座席の足元空間の広さは、どれくらい違いがあったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型SUVの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4の後部座席の足元空間の広さはどのくらい?【実際に計測をしてみた】

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型RAV4の後部座席

この新型モデルでは、競合車・ライバル車と同じ6対4分割方式を採用した後部座席を標準装備。背もたれのサイズも大きく、また、サイドサポートもしっかりとしているため、長時間ドライブでも疲れにくいシート設計になっているように感じました。

そして、私が運転しやすい位置に運転席を設定した時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。

■後部座席の足元空間の広さ

まぁ、パッと見た感じでは、十分な広さですよね。

実際にメジャーで、このクルマの後部座席のの足元空間(ニークリアランス)で計測してみると、このような感じに…。

■新型RAV4の後部座席の足元空間の広さ…約300mm

この新型RAV4の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測したところ、実測値で約300mm。

この新型モデルの後部座席の足元は、窮屈さを感じるほど狭くありません。ただ、「足元が広々として、快適~。」と言えるほど、広くはありません。

正直に言って、後部座席の居住性・快適性は、競合車・ライバル車の方が圧倒的に良かったです。

競合車・ライバル車の後部座席の足元空間の広さはどれくらい?

ちなみに、競合車・ライバル車の一つ、スバルの新型フォレスター(Forester)の後部座席の足元空間の広さは、このようになっています。

■スバル 新型フォレスターの後部座席の足元空間の広さ

>>> 【関連記事】新型フォレスターの後部座席の足元空間の広さの実測値

また、ホンダから発売されているミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様の後部座席の足元空間は、このようになっています。

■ホンダ 新型CRV/CR-Vの後部座席の足元空間の広さ

>>> 【関連記事】新型CRV/C-R 5人乗り仕様の後部座席の足元空間の実測値

改めて、新型RAV4の後部座席の足元空間の広さを紹介すると、このような感じに…。

■トヨタ 新型RAV4の後部座席の足元空間の広さ

このクルマと見比べると、競合車・ライバル車の後部座席の足元のスペースの方が一回り以上も大きくなっているのが、分りますよね。

特に、スバルの新型フォレスター(Forester)は、身長175cmある私が足を組んで座れるくらい足元空間(ニークリアランス)が広くなっています。

部座席の広さや快適性を求めるのなら、トヨタから新発売されたこの新型SUVよりも、他のメーカーの競合車・ライバル車の方が良いように感じました。

新型RAV4の後部座席に座ってみると、足元空間にどのくらいの余裕があるの?

このように競合車・ライバル車よりも後部座席の足元空間(ニークリアランス)が若干狭い新型RAV4ですが、実際に座ってみると、どのような感じになるのでしょうか?

先ほどと全く同じ状態で、身長175cmの私がこの新型SUVの後部座席に座ってみると、このような感じに…。

■後部座席に座ってみた時の様子

このクルマでは、フロントシートのシートバックの裏側を湾曲状態にしてる事もあり、拳膝先からシートバックまでを縦にした状態でだいたい2個半分くらいの広さを確保。

このクルマの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は決して広いわけではありませんが、長距離ドライブでストレスを感じる程、狭くもありません。ただ、足を組むことは、できません。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、フロントシート下のトンネル部分が広めになっているため、後部座席に座ってる時の足の置き場の自由度が思ったよりも高いです。

2019年3月フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4の後部座席の足元空間の広さは、ミドルクラスSUVの中では狭めになっています。

なので、スバルの新型フォレスターやホンダのCRV/CR-Vの後部座席に座った後に、このクルマの後部座席に座ると、やはり狭さや窮屈さを感じます。

この新型モデルは、ミドルクラスSUVの中でトップクラスの荷室・ラゲッジスペースを備えているので、20~30mmくらい後部座席の位置を後ろにして、もう少し足元空間を広くしても良かったのかなと、個人的には、思いました。

このように、この新型モデルは、競合車・ライバル車と比較して、後部座席の足元空間は少し狭めの設定になっているので、ファミリーカーとして使用する事を考えている方は、試乗をする際にしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする