タイヤメーカー&サイズは?新型RAV4 Xグレードの足回りを徹底解剖

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4のXグレードはエントリーモデルと言う事もあり、他のグレードよりもシンプルな見た目&装備になっています。

また、タイヤ&ホイールも他のグレードとは異なる専用デザインに…。

フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”のタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、Xグレードに備わっているタイヤメーカー&ブランドは、どこ製だったのでしょうか?

実車画像を使って、最廉価モデル”Xグレード”のタイヤメーカー&ブランドを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4 Xグレードのタイヤ&ホイールのデザインをチェック

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■Xグレードの外装・エクステリア

LEDヘッドライトやトヨタの最新の安全装備システム”トヨタセーフティーセンス”など、エントリーモデルの”Xグレード”とはいえ、基本的なアイテム・装備は備わっています。

ただ、エンジンや床下にある部品を路面の突起物や飛び石などから守るボード”スキッドプレート”が装備されていないなど、上位モデルの”Gグレード”と比較すると、若干シンプルな見た目になっていました。

>>> こんなところにも違いが!?新型RAV4 XグレードとGグレードの外装比較

そんな新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”ですが、タイヤ&ホイールも専用デザインとなっています。

このモデルのタイヤ&ホイールを実際に確認してみると、このような感じに…。

■Xグレードのタイヤ&ホイールのデザイン

この最廉価モデル”Xグレード”では、SUVらしいチカラ強さを感じるシルバー塗装を施した5本スポークのアルミホイールが標準装備。

他のグレードのタイヤ&ホイールと比較すると、余計な加飾が施されていないシンプルなデザインになっていましたが、このシンプルさがXグレードらしさを強調していて良いなと思いました。

Xグレードのタイヤサイズは新型RAV4の中で一番小さい

そんな新型RAV4のXグレードに用意されているタイヤ&ホイールの特徴の一つが、タイヤサイズです。

最廉価モデルのXグレードでは、新型RAV4の中で一番小さい17インチのタイヤ&ホイールを標準装備。

■新型RAV4 Xグレードのタイヤサイズ…225/65R17

なので、このXグレードのサイドスタイルの迫力やチカラ強さは、ひと回り大きなタイヤ&ホイールを装着しているアドベンチャーなどの上位モデルよりも若干見劣りします。

■Xグレードのサイドスタイル

■アドベンチャーのサイドスタイル

このように見比べてみると、見た目の迫力は、19インチサイズのタイヤ&ホイールを備えているアドベンチャーの方が圧倒的にありますね。

17インチタイヤを装着しているXグレードは、ちょっとした段差を乗り越える際やデコボコ道を走破する際の乗り心地の良さはありますが、見た目の迫力やデザイン性を優先して考えるのなら、タイヤサイズが大きくなる上位モデルを選択した方が良いのかなと思いました。

メーカーオプションで18インチタイヤを用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”では、上位モデルの”Gグレード”と同じデザインの18インチサイズのタイヤ&ホイール(225/60R18)をメーカーオプションで用意しています。

■メーカーオプション設定の18インチのタイヤ&ホイール

この18インチサイズのタイヤ&ホイールは、スーパークロームメタリック塗装が施されているなど、Xグレードに標準装備されているものよりもスタイリッシュなデザインに…。

この18インチのタイヤ&ホイールのオプション価格は43,200円と、タイヤ&ホイールのなかでは比較的お手頃な価格になっています。

見た目のデザイン性にこだわりたい方は、17インチからひと回り大きい18インチのタイヤ&ホイールにするのもアリなのかなと思いました。

新型RAV4 XグレードはSUV専用タイヤを装着【タイヤメーカー&ブランドを確認】

また、標準装備されているタイヤのメーカー&ブランドも、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”の注目ポイントの一つです。

最廉価モデルのXグレードを試乗した際にタイヤメーカー&ブランドを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型RAV4 Xグレードのタイヤメーカー&ブランド

タイヤメーカー:ブリヂストン(Bridgestone)
タイヤブランド:アレンザ001(ALENZA 001)

この新型モデルでは、ブリヂストンから発売されているSUV専用のプレミアムタイヤ”アレンザ001(ALENZA 001)”が標準装備されています。

私も実際にこのXグレードを試乗したのですが、SUV専用タイヤという事もあり、新型RAV4との相性が良い感じが…。

段差を乗り越えた時のショックはコトンと言った感じで柔らかく、ロードノイズも予想以上に静かです。

また、私が気になっていたグリップ感も思ったよりも良く、雨でぬれた路面でもしっかりと粘ってくれるので、安心感がありました。(タイヤサイズが大きい上位モデルよりも、グリップ感は若干劣りますが…)

正直に言って、最廉価モデルのXグレードで、これだけハイスペックなタイヤを備えてい
るとは思っていませんでした。

最廉価モデルのXグレードでも、SUV専用のプレミアムタイヤを装着しているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のスゴイところだなと関心をしてしまいました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4の最廉価モデル”Xグレード”に標準装備されているタイヤ&ホイールを確認してみたところ、このようになっていました。

このグレードのタイヤ&ホイールは、他のグレードと比較すると、ひと回り小さくなっています。なので、見た目の迫力&デザイン性は、上位モデルよりも劣ります。

ただ、最廉価モデルのXグレードでもSUV専用タイヤを備えており、乗り心地や走破性は、予想以上に良くなっていたのには、感動すら覚えました。

ちなみに、上位モデルでは、タイヤ&ホイールのデザインだけではなく、装着しているタイヤメーカー&ブランドも異なるので、ぜひとも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型RAV4 Xグレードの弱点は装備面【オプションで埋めれない差とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする