遊び心満載!新型RAV4アドベンチャーの内装【実車画像で専用デザインを徹底解剖】

ホイールやフロントマスクに専用アイテムを備えているトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4 アドベンチャーは、外装だけではなく、内装・インテリアも専用のデザインとなっています。

そのおかげもあり、GグレードやGZパッケージと全く異なる雰囲気の内装・インテリアに…。

そんなアドベンチャー(Adventure)の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、このアドベンチャー(Adventure)の内装・インテリアでは、どのようなアイテムが用意されていたのでしょうか?

実車画像を使って、専用デザインとなっている新型RAV4 アドベンチャーの内装・インテリアを徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4アドベンチャーの内装を実車画像でチェック

2019年4月にデビューを果たした新型RAV4のオフロード仕様”アドベンチャー(Adventure)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■アドベンチャーの内装

アドベンチャー(Adventure)では、ブラックとオーキッドブラウンの2種類の内装色を用意していますが、私が見たモデルは、車内が明るく、華やかさを演出するオーキッドブラウンの内装色でした。

助手席側のダッシュボードには、肌触りの良いソフトパッドが施されるなど、オフロード仕様とは思えない高級感&上質感がありました。

アドベンチャーは、アクセントカラーにオレンジを採用

そんなオフロード仕様の”アドベンチャー(Adventure)”では、内装・インテリアのアクセントカラーにオレンジを採用。

ご覧の通り、ダッシュボードには、オレンジのステッチを使用しており、他のグレードよりも明るいデザインに…。

また、助手席オープントレーやセンタートレー、運転席と助手席の間にあるドリンクホルダー部分にオレンジのアクセントカラーを採用。

■アドベンチャーの助手席オープントレー

■アドベンチャーのセンタートレー

■アドベンチャーのドリンクホルダー

オレンジのアクセントカラーを採用した新型RAV4(ラブ4)のアドベンチャーの内装・インテリアは、SUVらしいアクティブさと遊び心があるような感じが…。

また、オレンジのアクセントカラーは、ライトグレーカラーが基調になっているインパネ(ダッシュボード)との相性もとても良く、オシャレかっこいい内装・インテリアを演出していました。

新型RAV4アドベンチャーの内装の各アイテムをチェック

オレンジのアクセントカラーを採用し、SUVらしいデザインになっている新型RAV4のアドベンチャー(Adventure)ですが、ハンドルやシフトレバー、メーターなどの運転席周りの各アイテムは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

また、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実車画像を使って、アドベンチャー(Adventure)の内装・インテリアに用意されている各アイテム・装備のデザインや特徴を紹介したいと思います。

アドベンチャーは3眼式のメーターを採用

オフロード仕様の新型RAV4 アドベンチャーは、中央に7インチの液晶モニターを採用した3眼式のメーターを標準装備。

■アドベンチャーのメーター

ドライブモードを切り替える事によって、中央のメーターのカラーが変わる仕様になっているのは遊び心があって、とても良いです。

ただ、競合車・ライバル車の一つでもあるスバルの新型フォレスター Xブレイク(Forester X-BREAK)のように、専用デザインのメーターにしても良かったのかなと思いました。

>>> 新型フォレスター X-BREAKのメーターを確認したい方は、コチラから

ウレタン製のハンドルを標準装備

新型RAV4のオフロード仕様のアドベンチャー(Adventure)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■アドベンチャーのハンドル

ノーマル仕様のGグレード/GZパッケージは、高級感のある本革巻き&シルバー加飾を施したハンドル・ステアリングホイールを標準装備していたのに対し、このアドベンチャー(Adventure)では、シンプルなウレタン製のハンドルを採用。

ただ、メーカーオプションで、高級感のある本革巻きのハンドル・ステアリングホイールに変更する事も可能ですよ。

シフトレバーもウレタン製を標準装備

また、新型RAV4 アドベンチャーのシフトレバーも、ハンドル・ステアリングホイールと同様にシンプルなウレタン製を採用。

■アドベンチャーのシフトレバー

本格派のSUVらしいシンプルなデザインと言えば聞こえが良いですが、内装・インテリアに高級感を求める方には、ちょっと物足りなさを感じるデザインなのかなと思いました。

エアコン/ヒーターは、左右独立式を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4 アドベンチャーは、運転席側/助手席側で別々に温度調整をする事ができる左右独立式のエアコン/ヒーターを標準装備。

■エアコン/ヒーターの操作パネル

また、温度調整をするダイヤル部分は、ゴム製になっており、見た目の出残だけではなく、操作する際のグリップ感が良いのも好印象でした。

ダイヤル式のドライブモードセレクターを標準装備

また、新型RAV4 アドベンチャーのシフトレバーの隣には、「ロック&ダートモード」や「マッド&サンドモード」を選べるダイヤル式のドライブモードセレクター(マルチテレインセレクト)を標準装備。

■アドベンチャーのドライブモードセレクター

また、ダイヤル式のドライブモードセレクターの前方には、スポーツモードやエコモードなどのドライブモードを選ぶ事ができるスイッチを標準装備。

ダイヤル式のドライブモードセレクターは操作方法に少し慣れが必要ですが、ダイヤルサイズも大きく、操作性は良いです。

また、このダイヤル式のドライブモードセレクターは、位置を確認することなく直感的に操作できるため、ボタン式よりも素早くドライブモードを変更できるように感じました。

専用デザインになっている新型RAV4アドベンチャーのシートをチェック

また、2019年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4(ラヴ4)のオフロード仕様”アドベンチャー”は、ダッシュボードだけでなく、シートも専用デザインとなっています。

■アドベンチャーのフロントシート

■アドベンチャーの後部座席

私が見た”オーキッドブラウン”の内装色はシート中央のメイン部分にライトグレーを、そして、シートサイドにちょっと濃い目のグレーをあしらった合成レザーのシートを標準装備。

シートのメイン部分には、幾何学模様が施されており、オフロード仕様らしいチカラ強さとアクティブさを演出していました。

また、シートサイドのステッチや背もたれ上部にあしらわれているオレンジも、良いワンポイントアクセントになっていました。

新型RAV4の中で唯一、シートベンチレーションを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4 アドベンチャーは、Gグレード/Gパッケージと異なり、シートの座面や背もたれをじんわりと温めてくれるシートヒーターは標準装備されていません。

ただ、オプション設定としてですが、このアドベンチャー(Adventure)は、唯一、シート内にファンが内蔵され、背もたれと座面から爽やかな風が吹き出してくれるシートベンチレーション機能を用意しています。

レザーシートの欠点・デメリットの一つ言えば、座面や背もたれの接地面が蒸れてしまう事ですよね。

しかし、ベンチレーション機能付きのフロントシートを備えているアドベンチャー(Adventure)では、真夏日の背中やお尻の不快なベトベト感から解放してくれますよ。

ちなみに、アドベンチャー(Adventure)に装着する事ができるベンチレーション機能は、本革巻きのハンドルやシフトレバー、ステアリングヒーター&シートヒーターなどとセットになって、79,920円となっています。

決して安い金額ではありませんが、真夏日や真冬日の快適性を考えると、十分に装着する価値はあるのかなと思いました。

2019年3月にデビューを果たした新型RAV4(ラヴ4)のオフロード仕様”アドベンチャー”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

ダッシュボードやシートにオレンジのアクセントカラーを採用したこの新型モデルは、SUVらしい遊び心とアクティブさがあるデザインに…。

ウレタン製のハンドルやシフトレバーなど、物足りないと感じる部分も多少ありましたが、毎日運転したくなるようなクルマに乗りたい方には、このアドベンチャー(Adventure)は、ピッタリなクルマなのかなと思いました。

>>> 新型RAV4アドベンチャーとそれ以外のグレード【外装の違いを実車画像で徹底分析】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする