トヨタ新型RAV4のシートヒーターの弱点【競合車よりも劣る3つの事とは?】

2019年4月にデビューを果たしたトヨタのミドルクラスSUV新型RAV4では、安全装備や快適装備にもチカラを入れており、真冬の寒い日の快適性を高めるシートヒータも用意されています。

ただ、全体的に見てみると、このクルマに用意されているシートヒーターは、競合車・ライバル車よりも見劣りをしている部分が多いように感じました。

このクルマのシートヒーターの欠点・デメリットは、何だったのか?また、競合車・ライバル車よりも見劣りをしている部分は、どこだったのか?

私が新型RAV4に用意されているシートヒーターを確認してみて気になったところや弱点に感じたところを、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型RAV4では、シートヒーターは全グレード標準装備されていない

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4に用意されているシートヒーターを確認してみて、ちょっと残念に感じたのは、シートヒータ-が全グレード標準装備されていないことです。

ちょっとコレは残念ですよね。

最近は、軽自動車でもシートヒータを標準装備しているクルマが増えている事を考えると、最廉価モデルのX系グレードでもシートヒーターを標準装備しても良かったのかなと思いました。

X系グレードではシートヒーターの搭載できない

このようにこの新型モデルでは、シートヒーターが全グレード標準装備になっていませんが、特に注意が必要なのは、最廉価モデルのX系グレード(Xグレード/ハイブリッドX)です。

このX系グレードでは、シートヒーターが標準装備されていないだけではなく、オプションでも用意されていません。なので、このグレードでは、シートヒーターを装着する事ができません。

Xグレードはない外装の機能や装備を最低限に抑えたコスパを重視したモデルなので、シートヒーターが標準装備されていないのは仕方ないかもしれませんが、せめてオプションで用意しても良かったのかなと思いました。

>>> グレードによって違う!?新型RAV4のシートヒーター事情をチェック

競合車・ライバル車のシートヒーターの装着状況は?

競合車・ライバル車のスバルの新型フォレスター(Forester)やホンダのCRV/CR-Vでは、全グレード共通してシートヒーターが標準装備されています。

■新型フォレスターのシート

また、日産のエクストレイル(X-TRAIL)は、シートヒーターは全グレード共通でオプション設定になっていたのですが、最廉価モデルでもシートヒーターが装着できるようになっていました。

■エクストレイルのシート

このようにこのクルマと競合車を見比べると、新型RAV4のX系グレードにシートヒーターが用意されていないのは、機能面・装備面でかなり見劣りをしてしまうように感じました。

新型RAV4のシートヒーターは快適性もイマイチ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4のシートヒーターを確認してみて、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたのは、快適性です。

特に競合車・ライバル車のシートヒーターよりも見劣りをすると感じたのは、温度調整機能です。

新型RAV4と競合車のシートヒーターの温度調節機能は何段階?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型RAV4では、運転席と助手席にシートヒーターが用意されているのですが、標準装備さえているG系グレードのシートヒータは、”Hi”と”LOW”の2段階から温度を調整できるようになっていました。

■新型RAV4のシートヒーター

唯一、3段階のシートヒータが良いされていたのは、ガソリン車の最上位モデルの”アドベンチャー(Adventure)”に用意されているシートヒーターです。ただ、これもメーカーオプション設定になっているのですが…。

■アドベンチャーのシートヒーター

しかし、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのCRV/CR-Vでは、3段階から温度調整する事ができるシートヒーターが全グレード標準装備されています。

■CRV/CR-Vのシートヒーター

また、スバルの新型フォレスター(Forester)でも、上位モデルの”プレミアム(Premium)”やハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”では、3段階から温度調整できるシートヒーターを標準装備。

■フォレスターのシートヒーター

>>> グレードで機能の違いが!?新型フォレスターのシートヒーターの使い勝手インプレ

やはりシートヒーターの温度の調整は、細かくできる方が便利で良いですよね。

このシートヒーターの温度調節機能も、競合車・ライバル車よりも見劣りをする新型RAV4の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

新型RAV4の後席のシートヒーター

また、後席(後部座席)のシートヒーターも、2019年4月にデビューを果たした新型RAV4の欠点・デメリットの一つです。

競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのフォレスター(Forester)では、後席のシートヒータが全グレード標準装備されています。

このクルマのセンターコンソールの後方には、2段階から調整できる後部座席用のシートヒーターのスイッチが用意されています。

■フォレスターの後席用シートヒータースイッチ

また、メーカーオプション設定になってしまいますが、日産から発売されているエクストレイル(X-TRAIL)でも、後部座席用のシートヒーターを装着する事が可能です。

■エクストレイルの後席用シートヒータースイッチ

しかし、今回トヨタから新発売された新型RAV4では、後席用のシートヒーターは、用意されていません。また、オプションでも用意されていません。

なので、座り心地や足元空間(ニークリアランス)の広さも含めて、後部座席の居住性や快適性は、このクルマよりも競合車・ライバル車の方が優れているような感じが…。

後部座席のシートヒーターは、お客さんからのニーズが高いアイテムの一つです。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4は、ミドルクラスSUVの中で一番発売が遅い後続車種と言う事を考えると、競合車・ライバル車を見習って、後席のシートヒーターを用意しても良かったのかなと思いました。

2019年4月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型RAV4のシートヒーターを確認してみたところ、このような欠点・デメリットが気になりました。

2段階しか温度調整ができないことなど色々と気になったのですが、個人的に一番残念だったのは、後席にシートヒーターが用意されていなかった事です。

しかも、このクルマの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、競合車・ライバル車よりも狭いですし、座り心地も劣ります。

ファミリーカー目的で、ミドルクラスSUVを購入を検討しているなど、後部座席の居住性や快適性を気にする方は、このクルマよりも競合車・ライバル車の方がピッタリなのかなと、実際に試乗をして思いました。

>>> ハイブリッドとガソリンで違う!?新型RAV4の後部座席の座り心地インプレ

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする