新型ルークスはどんな安全装備を搭載?【種類や特徴、信頼性を徹底解剖】

日産からデビューを果たしたスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、普通乗用車に勝るとも劣らない安全装備システムです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、夜間の歩行者も検知することができる自動ブレーキや運転手をしっかりと守ってくれるエアバッグなど、競合車・ライバル車にはない機能や装備をたくさん用意。

普通乗用車と比較しても、遜色のない安全装備システムを備えていました。

そんな日産のスーパーハイト系ワゴン車”新型ルークス(ROOX)”では、どのような安全装備を用意していたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されている安全装備システムは、ドコが凄いのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型スーパーハイト系ワゴン車に用意されている安全装備の特徴や性能をわかりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスの安全装備の種類【どんなアイテムを用意?】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)では、次のような安全装備を用意していす。

■新型ルークに用意されている主な安全装備

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・車線逸脱警報(LDW)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ
・アラウンドビューモニター
・SOSコール
・アダプティブLEDヘッドライト
・オートブレーキホールド
・ニーエアバッグ

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、自動ブレーキなどの基本的な安全装備を押さえているだけではなく、、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)やSOSコールなど、競合車・ライバル車にはない安全装備をたくさん用意。

これらの機能を備えていた新型モデルは、軽自動車の中でトップクラスの安全性を備えていると言っても過言ではありません。

そんな新型モデルに用意されている安全装備システムは、それぞれどのような特徴&性能を備えているのかシチュエーション別に紹介したいと思います。

快適な運転をサポートしてくれるアイテム【新型ルークスの安全装備1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)では、衝突を回避する、もしくは、衝突による事故の被害を軽減をするアイテムとして、次のような安全装備システムを用意していました。

■衝突回避をサポートする安全装備システム

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシー ブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・前方衝突予測警報(前方衝突予測警報)

自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストは競合車にも備わっていますが、この新型モデルに備わっている自動ブレーキには、他のクルマにはないスゴイ機能が…。

そんな新型モデルに用意されている衝突回避をサポートする安全装備システムを、もう少し詳しく紹介したいと思います。

軽自動車でトップクラスの性能を誇る”自動ブレーキ”

自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)とは、フロントガラスに備わっている単眼カメラとミリ波レーダーで前方のクルマや人を検知し、衝突する可能性が高いと判断した場合、メーターでの表示とブザーで警告を発してくれる機能です。

また、それでもなお、衝突すると判断した場合、自動車側でブレーキを作動させ、衝突回避行動をとります。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ&踏み間違い衝突防止アシストUSP動画(NISSAN)

そんな新型モデルの自動ブレーキの注目ポイントは、検知能力の高さです。

最近は軽自動車でも当たり前に備わっている自動ブレーキですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、夜間の歩行者も検知できる最新版の自動ブレーキを全グレードに標準装備。

夜間の歩行者を検知できる自動ブレーキを備えているクルマって、実はまだそれほど多くないんですよね。

このように軽自動車でトップクラスの性能を誇る自動ブレーキを備えているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ペダルの踏み間違い事故を防ぐ”踏み間違い衝突防止アシスト”

“踏み間違い衝突防止アシスト”とは、その名の通りブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ際や必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ際、エンジン出力を抑制し、壁やコンビニなどへの衝突回避をサポートする機能です。

日産ルークス うっかりミスを防いでくれる賢いブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト)

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、クルマの後方もセンサーで壁などを検知してくれます。

なので、高齢者のドライバーにありがちなシフトレバーの”D(ドライブ)とR(リバース)を入れ間違えによる衝突事故も未然に防いでくれますよ。

【軽初】2台前のクルマを検知する”前方衝突予測警報”

日産ルークス インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)

今回、軽自動車に初めて搭載された前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)とは、フロントグリルに搭載されたミリ波レーダーで2台前を走るクルマを検知し、減速が必要と自動車側が判断した場合、ディスプレイとブザーで注意を喚起してくれる機能です。

前走車がトラックで前方の視界が塞がれている時、トラックが急に車線変更をしたら、停車しているクルマが突然目の前に現れて、慌てて急ブレーキをかけた。などなど…

クルマを運転をしていると予期せぬアクシデントに巻き込まれる場合ってありますよね。

新型ルークス(ROOX)に搭載されている前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)は、このような予期せぬアクシデント未然に防いでくれるので、心にゆとりをもって運転をすることができるようになりますよ。

快適な運転をサポートしてくれるアイテム【新型ルークスの安全装備2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車の新型ルークス(ROOX)は、長時間ドライブでも快適に運転をすることができる安全装備も充実しています。

■快適な運転をサポートする安全装備システム

・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・車線逸脱警報(LDW)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ機能
・アダプティブLEDヘッドライト
・オートブレーキホールド
・アラウンドビューモニター

この中には、競合車・ライバル車には用意されていないこの新型モデルのみの安全装備システムも…。

この新型モデルに用意されている快適な運転をサポートしてくれる安全装備システムを紹介したいと思います。

はみだしを抑制する”車線逸脱防止支援”&”車線逸脱警報”

高速道路などを運転中、つい注意力が散漫になって、白線からはみ出しそうになることって、ありますよね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている”車線逸脱防止支援システム(インテリジェントLI)”と”車線逸脱警報(LDW)”は、走行車線からはみ出そうになると、警告音とともに車線内に戻るようにハンドル操舵をサポートしてくれます。

【日産の安全への取り組み】LDW(車線逸脱警報)&インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)

白線からはみ出そうになると、警告音でお知らせしてくれる機能だけを搭載しているクルマは多いですが、この新型モデルの”車線逸脱防止支援システム”は、ハンドル操舵をサポートしてくれるのも魅力の一つなのかなと思いました。

ドライバーの疲れを検知する”ふらつき警報”

日産ルークス インテリジェント DA(ふらつき警報)

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に備わっている”ふらつき警報”とは、時速約60km/h以上で走行中、ハンドル操舵などから自動車側がドライバーの不注意や疲れを検知した場合、マルチインフォメーションディスプレイの画面や警報音で休憩を促す機能です。

プロパイロット機能が搭載されているモデルでは、この機能のお世話になる可能性は低いかもしれませんんが、プロパイロット機能が搭載していないモデルで、長距離ドライブをする時には、重宝するアイテムなのかなと思いました。

見逃しやすい標識を教えてくれる”標識検知機能”

日産ルークス 標識検知機能

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に搭載されている”標識検知機能”は、フロントガラスに搭載されている単眼カメラが標識を検知して、マルチインフォメーションディスプレイに表示をしてくれます。

■検知することができる標識

・制限速度
・進入禁止
・一時停止

この新型モデルでは、これらの標識を検知すると、マルチインフォメーションディスプレイに大きく表示してくれるので、標識の見落とす心配がなくなりますよ。

信号待ちで出遅れない”先行車発進お知らせ機能”

日産ルークス 先行車発進お知らせ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている”先行車発進お知らせ機能”とは、信号待ちなどの時、先行車が発進しているにも関わず自車が停車状態をキープした場合、ブザー音とマルチインフォメーションディスプレイの表示でお知らせをしてくれる機能です。

信号待ちで停車している時、信号が青に変わって、先行車が発進をしているのに気づかず、後ろのクルマからクラクションを鳴らされる…、なんてことありますよね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている”先行車発進お知らせ機能”は、このような発進トラブルを未然に防いでくれますよ。

照射範囲を自動で調整する”アダプティブLEDヘッドライト”

日産ルークス アダプティブLEDヘッドライトシステム

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデルでは、ハイビームの照射範囲を自動的に調整を行う最先端の”アダプティブLEDヘッドライト”が標準装備されています。

■新型ルークスのアダプティブLEDヘッドライト

この新型モデルでは、フロントガラスに備わったカメラで対向車や歩行者を検知して、照射範囲を自動的に調整してくれるため、先行車に対する眩しさを防ぎながら、歩行者や自転車をしっかりと照らしてくれます。

なので、事故が起こりやすい夜間ドライブでも安心して運転をすることができますよ。

運転時の疲労を軽減してくれる”オートブレーキホールド”

日産ルークス ブレーキを保持してくれるから右足楽チン!(オートブレーキホールド)

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている”オートブレーキホールド”とは、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれる機能です。

赤信号で停車している時や渋滞中、ブレーキペダルを踏みっぱなしから解放されるため、運転の疲労感がだいぶ軽減される感じが…。

このように快適な運転をサポートしてくれる安全装備が充実しているのも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

移動物を検知してくれる”アラウンドビューモニター”

日産ルークス カメラとセンサーのサポートでラクラク駐車(インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付))

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、真上から見下ろしているような視点でクルマの周囲を確認することができる”アラウンドビューモニター”が、全グレードに標準装備されています。

■新型ルークスのアラウンドビューモニター

日産車ではお馴染みの機能のアラウンドビューモニターですが、この新型モデルでは、人や自転車などの移動する物体を検知すると、画面内の表示と警告音で注意を喚起する最新モデルを採用。

■警告を発している時のアラウンドビューモニター画面

この新型モデルに搭載されているアラウンドビューモニターは、駐車やバックをしている時の衝突事故を防いでくれる安全性の高いアイテムになっていました。

衝突時の衝撃から守ってくれるアイテム【新型ルークスの安全装備3】

また、今回フルモデルチェンジヲして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、衝突時に遭った時に衝撃からドライバーや同乗者を守ってくれるアイテムや装備も充実しています。

■衝突時の衝撃から守ってくれる新型ルークスの安全装備

・SOSコール
・エアバッグ

イザという時に頼りになるこの新型モデルの安全装備システムを、もう少し詳しく確認してみることにしましょう。

緊急時に専用オペレーターがサポートしてくれる”SOSコール”

SOSコールのご紹介(株式会社日産サティオ富山)

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている”SOSコール”とは、エアバッグが作動するレベルの事故に遭った際、専用オペレーターに自動接続をする機能です。

そして、専用オペレーターからの問い掛けに応答がない場合、オペレーターから警察や消防署に連絡をしてくれます。

また、この新型モデルでは、運転席ちかくの天井部分にSOSコール専用スイッチを標準装備しており、あおり運転にあった時や急病人が車内で出た時、手動で専用のオペレーターに連絡をして、助けを求めることできます。

■新型ルークスのSOSコール用スイッチ

最近はSOSコールを搭載しているクルマが徐々に増えてきましたが、スーパーハイト系ワゴン車の中で搭載しているのは、このクルマのみです。

このSOSコールは、下位モデルに位置をする標準モデルでは、メーカーオプション設定になっているのですが、イザという時の事を考えると、ぜひとも装着しておきたいアイテムなのかなと思いました。

ドライバーや同乗者を守ってくれる7つの”エアバッグ”

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、車内に7つのエアバッグを用意しており、イザという時、ドライバーや同乗者の身を保護してくれます。

■新型ルークスに用意されているエアバッグ

・SRSエアバッグシステム(前席)
・SRSカーテンエアバッグ
・SRSサイドエアバッグ
・SOSニーエアバッグ(運転席)

そんな新型モデルのエアバッグで注目なのはドライバーの足元や下半身を衝突時の衝撃から守ってくれるニーエアバッグです。

■新型ルークスのニーエアバッグ

事故に遭った際、足は怪我をしやすい場所の一つなんですよね。

特に軽自動車の場合は、運転席の目の前にはダッシュボードがあり、足元のスペースにゆとりがないので…。

ちなみに、ニーエアバッグが用意されているのは、スーパーハイト系ワゴン車の中で新型ルークス(ROOX)のみです。

このように万が一、事故に遭ってしまった時の安全性が高くなっているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:安全装備システムが充実している新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)には、このような安全装備を用意していました。

この新型モデルは、オートブレーキホールドやインテリジェントFCW(前方衝突予測警報)など、競合車・ライバル車にはない安全装備が盛り沢山。

競合車・ライバル車も魅力的な機能や装備を備えていますが、安全性に関しては、普通乗用車に匹敵をする機能や装備を備えているこの新型モデルが頭一つリードしているのかなと感じました。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、グレードによって、用意されている安全装備システムに違いがあるのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする