こんなに違う!新型ルークスの安全装備の充実度&特徴をグレード別に紹介

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)の魅力の一つは、普通乗用車に勝るとも劣らない安全装備の数々です。

ただ、今回新発売をした新型モデルは、グレードによって、安全装備の充実度に違いがあるんですよね。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の各グレードはそれぞれ、どのような安全装備を備えていたのでしょうか?また、この新型モデルの安全装備は、グレードによってどのような違いがあったのでしょうか?

この新型モデルに用意されている安全装備の特徴や魅力、充実度を、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

標準モデルSグレードの安全装備の特徴は?【新型ルークスの安全性1】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の標準車の”Sグレード”に用意されている安全装備は、このようになっています。

■標準モデルのSグレードの安全装備システム

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・車線逸脱警報(LDW)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ

他のグレードよりも見劣りをするSグレードの安全装備

最廉価モデルに位置をする新型ルークス(ROOX)のSグレードですが、自動ブレーキや踏み間違い防止アシストなどの基本的な安全装備システムは、しっかりと備わっています。

最廉価モデルでも、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)などがオプションではなく、標準装備されているのは嬉しいですよね。

ただ、最廉価モデルに位置をするSグレードでは、クルマを真上から見下ろすような視点でクルマの周囲を確認することができるアラウンドビューモニターは、用意されていません。

■新型ルークスのアラウンドビューモニター

また、標準モデルのXグレードでは、オプションで装着することができる”SOSコール”も、このグレードでは、装着することはできません。

なので、この標準モデルのSグレードの安全性や安全装備の充実度に関しては、他のグレードよりも見劣りをする感じが…。

もしイザという時の安全性を重要視するのなら、安全装備がより充実している上のグレードの購入を検討した方が良いのかなと思いました。

標準モデルXグレードの安全装備の特徴は?【新型ルークスの安全性2】

一方、新型ルークス(ROOX)の標準車の上位モデル”Xグレード”は、どのような安全装備を備えていたのでしょうか??

こちらが、標準車の上位モデル”Xグレード”に標準装備されている主な安全装備システムです。

■Xグレードに用意されている主な安全装備

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・車線逸脱警報(LDW)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ
・アラウンドビューモニター
・SOSコール(オプション)

安全性が一気に高まる標準モデルのXグレード

充実した機能や装備が魅力の新型ルークス(ROOX)の標準車の上位モデル”Xグレード”ですが、最廉価モデルのSグレードと比較して、安全装備も充実しています。

そんな標準車の上位モデルに位置をする”Xグレード”の注目の安全装備の一つが、アラウンドビューモニターです。

先ほどもお話した通り、最廉価モデルのSグレードではアラウンドビューモニターの用意はありませんでしたが、標準車の上位モデルに位置をする”Xグレード”では標準仕様に…。

ディーラーオプション設定になっている市販のナビを装着すると、このようにナビの画面にアラウンドビューモニターの映像を映し出すことができるため、駐車やバックがだいぶ楽になります。

■純正ナビにアラウンドビューモニターを表示した時の様子

また、SOSコールも、標準車の注目のアイテムの一つです。

新型ルークス(ROOX)のXグレードでは、事故に遭った時に専用のオペレーターがサポートしてくれる”SOSコール”をオプションで装着することができます。

■新型ルークスのSOSコール

ディーラーさんの話によると、オプション価格も3万3000円とそれほど高くないこともあり、装着率の高いアイテムになっているようですよ。

ハイウェイスターXの安全装備の特徴は?【新型ルークスの安全性3】

また、プロパイロット機能が装着していないタイプの新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXは、次のような安全装備を備えていました。

■ハイウェイスターXの主な安全装備

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・車線逸脱警報(LDW)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ
・アラウンドビューモニター
・SOSコール
・ニーエアバッグ

イザという時の安心感が魅力のハイウェイスターX

自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなど、基本的な安全装備に関しては、ハイウェイスターXと標準モデルのXグレードでは、大きな違いがありません。

ただ、ハイウェイスターXになると、衝突時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備に大きな差があります。

そんなハイウェイスターXの注目のアイテムの一つが、エアバッグです。

標準モデルでは、3種類のエアバッグで事故の衝撃から運転手や同乗者を守るようになっていました。しかし、このハイウェイスターXは3種類のエアバッグに加えて、運転手の足元を守るニーエアバッグを追加。

■新型ルークスのニーエアバッグ

そのおかげもあり、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXは、事故の衝撃からドライバーを守る保護効果が高くなっていました。

また、標準モデルのXグレードではオプションで用意されていた”SOSコール”も、ハイウェイスターXからは標準装備になったのも注目ポイントの一つです。

ハイウェイスターXと標準モデルのXグレードでは、乗り出し価格に少し差がありますが、このような安全装備が用意されているのは、嬉しいですよね。

ちなみに、スーパーハイト系ワゴン車の中でニーエアバッグやSOSコールを備えているのは、現在の処、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のみです。

自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなど、事故を未然に防ぐアイテムだけではなく、事故に遭った際のドライバーや同乗者の身を守るアイテムが充実しているのこのクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

プロパイロット仕様の安全装備の特徴は?【新型ルークスの安全性4】

また、高速道路の運転を楽にしてくれるプロパイロット機能が備わっているモデル(ハイウェイスターXプロパイロット エディション/ハイウェイスターGターボ)に用意されている安全装備は、次のようになっています。

■プロパイロット仕様に用意されている主な安全装備

・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・車線逸脱警報(LDW)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進お知らせ
・アラウンドビューモニター
・SOSコール
・アダプティブLEDヘッドライト
・オートブレーキホールド
・ニーエアバッグ

快適な運転をサポートしてくれる先進装備が充実

プロパイロット機能が備わっていないタイプの新型ルークス(ROOX)ハイウェイスターXでは、事故に遭った際の安全性が高まっていましたが、プロパイロット仕様では、これに加え、運転を楽にしてくれる先進装備が充実。

そんなプロパイロット エディションの注目の安全装備の一つが、信号待ちや渋滞時の運転を楽にしてくれるオートブレーキホールドです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルのハイウェイスターXプロパイロット エディションとハイウェイスターGターボでは、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドが標準装備となっています。

■プロパイロット仕様のオートブレーキホールド

オートブレーキホールドを使うと、信号待ちの時にブレーキペダルを踏みっぱなしにしなくていいので、信号待ちをしている時の足が楽になるのが嬉しいですよね。

また、ハイウェイスターのプロパイロット エディションでは、対向車や先行車を照射しないように照射範囲を自動的に調整してくれる”アダプティブLEDヘッドライト”を標準装備しています。

■プロパイロット仕様のアダプティブLEDヘッドライト

これにより、対向車や先行車に迷惑をかけることなく、良好な視界を確保することができます。また、ハイビームとロービームを切り替える煩わしさからも解放されます。

このように軽自動車とは思えない先進アイテムを備えているのも、新型ルークス(ROOX)のプロパイロット エディションの良さなのかなと思いました。

まとめ:グレードによって安全性能&快適性が異なる新型ルークス

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の安全装備をグレード別に確認したところ、このようになっていました。

今回デビューを果たした新型モデルは、自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)など基本的な安全装備は、全グレードに標準装備されています。

ただ、上位モデルになると、基本的なアイテムに加えてワンランク上の安全装備が…。

特にオートブレーキホールドやアダプティブLEDヘッドライトを備えているハイウェイスターのプロパイロット エディションの安全装備の充実度は、競合車・ライバル車を遥かに凌駕していました。

このように、今回フルモデルチェンジをした新型ルークス(ROOX)は、グレードによって用意されている安全装備にも違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする