新型ルークスのプレミアムグラデーションインテリアってどう?実車画像インプレ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”では、ブラックを基調にしたシックな内装・インテリアになっています。

ただ、この新型モデルのハイウェイスター(HighwaySTAR)では、ブラウンを基調にしたオシャレな内装”プレミアムグラデーションインテリア”をオプションで用意しており、内装・インテリアを変更することが可能です。

私は先日この”プレミアムグラデーションインテリア”を見ることができたのですが、標準仕様のブラックとは全く異なる雰囲気がただようオシャレな内装・インテリアに…。

ハイウェイスターに用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、標準仕様のブラックの内装とは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ルークス(ROOX)に用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”を詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスのプレミアムグラデーションのインパネをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”に用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”のダッシュボード(インパネ)は、このようなデザインになっています。

■プレミアムグラデーション仕様のインパネ

ダッシュボードにモカ色を採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)に用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”では、ダッシュボードの上段にモカ色をしたソフトパッドを採用。

ちなみに、こちらはハイウェイスターの標準仕様の内装・インテリアです。

■ハイウェイスターの標準仕様の内装

プレミアムグラデーションインテリアと標準仕様では、車内の雰囲気が大きく異なりますよね。

オプション設定になっている”プレミアムグラデーションインテリア”は、女性が好みそうな柔らかい雰囲気の車内空間になっていました。

また、ダッシュボードにあしらわれていたブルーのダブルステッチが、甘い印象のあるモカ色の車内空間の中で良いワンポイントアクセントになっていました。

ハンドルも専用デザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の”プレミアムグラデーションインテリア”は、ハンドル・ステアリングホイールも専用デザインとなっています。

■プレミアムグラデーションのハンドル

プレミアムグラデーションインテリアでは、ハンドル・ステアリングホイールもブラウンカラーに…。

ただ、ダッシュボードに採用されているブラウンよりも濃いカラーになっているハンドル・ステアリングホイールが、車内全体が甘くなり過ぎないように引き締めているように感じました。

ドア内側パネルも専用デザイン

また、新型ルークス(ROOX)の”プレミアムグラデーションインテリア”は、ドア内側パネルも専用デザインとなっています。

■プレミアムグラデーションのドア内側パネル

ハイウェイスターの標準仕様のドア内側パネルは、エルボールーム以外はハードプラが採用されているシンプルなデザインになっていました。

■標準仕様のドア内側パネル

しかし、オプションとして用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”では、ドア内側パネルの上部にモカ色のソフトパッドを採用。

そのおかげもあり、プレミアムグラデーションインテリアは、標準仕様のものよりもワンランク上の上質感がありました。

新型ルークスのプレミアムグラデーションのシートをチェック

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターに用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”のシートは、このようなデザインになっています。

■プレミアムグラデーションのシート

場所によって色合いが異なるグラデーションカラーを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の”プレミアムグラデーションインテリア”で印象的だったのは、シートのカラーリングです。

メーカーオプションで用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”では、その名の通り、シートの座面の先端から背もたれの上部にかけてブラウンカラーが薄くなっていく”グラデーションカラー”をシートに採用。

ブラウンカラーのシートは珍しくありませんが、このようにシートの濃淡がグラデーションしていくデザインは、かなり珍しいですよね。

モカのみのカラーリングだと、車内全体が”ぼやけた”印象になってしまいそうですが、このプレミアムグラデーションインテリア”は、シートの座面に濃いめのブラウンを採用していることもあり、思ったよりも引き締まって見えました。

シートサイドにレザーをあしらったコンビシートを採用

また、新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”に用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”では、シートサイドに合成レザーをあしらったコンビシートを標準装備しています。

■シートサイドの合成レザー

ハイウェイスターの標準仕様のシートは、全面ファブリック素材になっていたんですよね。

■標準仕様のシート

なので、高級感&上質感と言う点では、イマイチでした。

ちなみに、シートサイドにレザーをあしらった”コンビシート”を採用しているのは、この”プレミアムグラデーションインテリア”とカスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”のみです。

ファブリックシートとシートサイドにレザーをあしらったコンビシートでは、車内の高級感や見た目の質感が全然違います。

しいては、運転をする時や車内に乗り込む時のワクワク感にも大きな差が…。

個人的には、シートサイドにレザーをあしらったこのお洒落なシート目的で、”プレミアムグラデーションインテリア”や”オーテック”の購入を検討するのも全然アリなのかなと思いました。

まとめ:お洒落な雰囲気がただようプレミアムグラデーションインテリア

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター”に用意されている”プレミアムグラデーションインテリア”は、このようなデザインになっていました。

このプレミアムグラデーションインテリアは、明るいブラウン”モカ”を基調にしたお洒落なカラーに…。

大人っぽくお洒落な雰囲気の内装・インテリアが好みの方には、ワンランク上の上品な車内空間を演出している”プレミアムグラデーションインテリア”は、最適なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする