新型ルークスの内装【プロパイロット仕様と非装着車はこんなに違う】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の上位モデル”ハイウェイスター(HighwaySTAR)”は、日産が誇る自動運転技術”プロパイロット機能”を装着したモデルと、装着をしていないモデルを用意しています。

■プロパイロット機能を装着しているグレード

・ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション
・ハイウェイスターX プロパイロット エディション

■プロパイロットを装着していないグレード

・ハイウェイスターX

そんな新型モデルのハイウェイスターのプロパイロットを装着しているモデルと装着していないモデルでは、内装・インテリアのデザインや機能に差が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターのプロパイロット エディションと非装着モデルのハイウェイスターXでは、内装・インテリアにどのような違いがあったでしょうか?

実車画像を使って、ハイウェイスターのプロパイロットを装着したモデルと装着していないモデルの内装の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークス ハイウェイスターのプロパイロットと非装着車の内装をチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロット エディションと非装着モデルの内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■プロパイロット エディションの内装
グレード:ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション

■プロパイロット非装着仕様の内装
グレード:ハイウェイスターX

ブラック基調のダッシュボードを採用するなど、基本的な内装・インテリアのデザインは、プロパイロット エディションと非装着仕様で大きな違いはありません。

ただ、プロパイロット エディションと非装着仕様では、機能や装備、使い勝手などに差がありました。

プロパイロット車と非装着車の違い【新型ルークス ハイウェイスターの内装を比較】

新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロット仕様/非装着仕様どちらもブラックをベースにしたスタイリッシュな内装・インテリアをしていましたが、機能や装備にどのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、プロパイロット エディションと非装着仕様の機能や装備の違いを紹介したいと思います。

ハンドル【プロパイロット仕様と非装着仕様の内装の違い1】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロット エディションと非装着仕様の内装の違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールのデザインです。

プロパイロット エディションでは、ハンドル・ステアリングホイールの右側にプロパイロットを起動するためのスイッチが備わっていました。

■プロパイロット エディションのハンドル

一方、プロパイロット機能が備わっていない非装着仕様のハンドルは、プロパイロットに関するスイッチが省かれ、発話とハンズフリースイッチのみのシンプルなデザインに…。

■プロパイロット非装着仕様のハンドル

右側のステアリングスイッチが空いていることもあり、プロパイロット エディションと比較すると、どこか安っぽい感じが…。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロット仕様と非装着仕様では、ハンドルのデザイン&使い勝手が異なるので、ご注意くださいね。

スイッチ類【プロパイロット仕様と非装着仕様の内装の違い2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のプロパイロット仕様と非装着仕様では、ハンドル・ステアリングホイールの右側に用意されているスイッチにも違いがありました。

こちらは、プロパイロット機能が備わっていない非装着モデルのスイッチ類です。

■プロパイロット非装着仕様のスイッチ類

プロパイロット機能が備わっていない非装着モデルでは、安全装備の一つ”インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)”のON/OFFスイッチが備わっています。

また、プロパイロット非装着仕様では、ヘッドランプの照らす方向を調節するヘッドランプレベライザースイッチ(ライト光軸調整スイッチ)も用意されていました。

一方、新型ルークス(ROOX)のプロパイロット仕様のハンドルの右側には、パワースライドドアの開閉スイッチとアイドリングストップの解除スイッチのみを搭載。

■プロパイロット仕様のスイッチ類

プロパイロット エディションでは、”インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)”のスイッチがなくスッキリとしたデザインに…。

また、自動的にハイビームとロービームを切り替えるアダプティブハイビームを備えている事もあり、ヘッドランプレベライザースイッチの用意がないのもプロパイロット エディションの特徴の一つなのかなと思いました。

サイドブレーキ【プロパイロット仕様と非装着仕様の内装の違い3】

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロット仕様と非装着仕様の大きな違いの一つが、サイドブレーキのデザインと使い勝手です。

プロパイロット機能が備わっていない非装着モデルでは、足踏み式のサイドブレーキを標準装備しています。

■非装着仕様の足踏み式のサイドブレーキ

一方、同一車線自動運転技術”プロパイロット機能”を備えたモデルでは、発進や停車をスムーズに行える電子式のサイドブレーキをシフトレバーの横に標準装備。

■プロパイロット仕様の電子式のパーキングブレーキ

そのおかげもあり、プロパイロット仕様の足元はスッキリとしたデザインに…。

ちなみに、スーパーハイト系ワゴン車の中で電子式のパーキングブレーキを備えているのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のみです。

このように競合車・ライバル車にはない機能や装備を備えているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

オートブレーキホールド【プロパイロット仕様と非装着仕様の内装の違い4】

また、新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロット エディションと非装着仕様では、備わっている機能も異なります。

その一つが、オートブレーキホールドです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、プロパイロット エディションのみ、停車時にブレーキペダルから足を離しても停止状態をキープしてくれる”オートブレーキホールド機能”を標準装備。

■オートブレーキホールON/OFFスイッチ

オートブレーキホールド機能は、渋滞時の運転や信号が多い街中を運転をする際に重宝をします。

このように運転を楽にしてくれる機能や装備が充実しているのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のプロパイロット エディション魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:普通乗用車に匹敵する機能を備えるプロパイロットエディション

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のプロパイロットエディションと非装着仕様の内装・インテリアを比較したところ、このようになっていました。

プロパイロット エディションには、高速道路の運転をラクにしてくれる同一車線自動運転技術のプロパイロット機能だけではなく、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドなど機能や装備が充実。

普通乗用車に勝るとも劣らない機能や装備を備えているのが、魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、プロパイロット エディションと非装着モデルでは、ヘッドライトなど外装・エクステリアのデザインが異なるのも要注目ですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする