新型ルークスのインパネの使い勝手は良好!だけど…【魅力や欠点を徹底徹底】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン車新型ルークス(ROOX)のインパネ・ダッシュボードは、シンプルながらも使い勝手に優れたデザインになっていました。

また、競合車・ライバル車にはないたくさんの先進装備を運転席まわりに用意しているのも、この新型モデルの魅力の一つです。

ただ、その一方で気になるところも…。

そんな新型モデルのダッシュボード・インパネ(インパネ)は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ハンドルやシフトレバー、空調パネルなど運転席まわりの装備や機能は、どのようになっていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)のダッシュボードのデザインや使い勝手などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ルークスのインパネのデザインをチェック

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのインパネ

奇をてらっていないオーソドックスなデザインのインパネ

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのN-BOXは、インパネの上段にメーターを配する”オンダッシュメーター”採用するなどユニークなデザインになっていました。

■ホンダ N-BOXのダッシュボード

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、ハンドルの奥側に2眼式のメーターを搭載したオーソドックスなデザインのインパネ・ダッシュボードを採用しています。

■日産 新型ルークスのダッシュボード

ご覧いただければと分かると思いますが、この新型モデルのインパネ・ダッシュボードは、ごくごく普通のデザインになっているため、N-BOXのダッシュボードのようなインパクトはありません。

だた、誰が運転をしても違和感なく使えるデザインになっていたのは、このクルマのダッシュボード・インパネの良いところなのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、インパネの上面を低く抑えており、運転席からの視界&見晴らしが良いのも好印象でした。

新型ルークスのダッシュボードで少し残念だったのは…

そんな新型ルークス(ROOX)のインパネで少し残念だったのは、収納スペース・小物入れの少なさです。

ホンダのN-BOX(Nボックス)は、ダッシュボードの上段にメーターを設置したこともあり、ハンドルの奥側のスペースを収納スペースとして活用をしていたんですよね。

■N-BOXの運転席前収納ボックス

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのインパネは、オーソドックスなデザインをしていることもあり、競合車よりも収納スペース・小物入れが少ない感じが…。

特に運転席から手が届く範囲の収納スペース・小物入れがの数が競合車よりも少なくなっているのは、このクルマのダッシュボードで少し気になるところでした。

新型ルークスのインパネまわりの装備&機能をチェック

このようなデザインになっていた新型ルークス(ROOX)のインパネ・ダッシュボードですが、機能や装備は、どうなっていたのでしょうか?

ハンドルやシフトレバー、ナビなど、この新型モデルの運転席まわりの機能や装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

視認性が良い2眼式メーター

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのメーター

この新型モデルでは、タコメーターとスピードメーターの間に4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを配した2眼式メーターを採用。

タント(TANTO)のセンターメーターやN-BOXのオンダッシュメーターのような目新しさはありませんが、オーソドックスなデザインならではの安心感が…。

■N-BOXのオンダッシュメーター

また、下位モデルに位置をする標準車でも、タコメーターを配した2眼式メーターを採用しているのも、この新型モデルのインパネ・ダッシュボードの特徴の一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのメーターは、ハイウェイスターと標準モデルでデザインに若干の違いが…。

この細かなこだわりが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)の良さの一つなのかなと、感心をしてしまいました。

使い勝手に優れたサークル状のハンドル

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのハンドル

セレナ(SERENA)やノート(NOTE)など日産車の中には、ハンドルの下の部分をスパッと水平に切った”Dシェイプ型ハンドル”を採用しているクルマもあるのですが、この新型モデルでは、オーソドックスな円状のハンドルを採用。

■新型セレナのハンドル

ディーラーさんの話によると、”Dシェイプ型ハンドル”は女性からあまり評判が良くなったとのことで、オーソドックスなサークル型のハンドルに戻したようです。

このように女性を意識したデザインになっているためか、この新型モデルのハンドルは径が小さく、小柄な女性でも扱いやすいデザインに…。

また、パワステが軽めの設定になっており、女性でも楽に操舵できるようになっていたのも好印象でした。

操作がしやすいシフトレバー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのシフトレバー

この新型モデルでは、競合車・ライバル車と同様にダッシュボードの中央にシフトレバーを組み込んだデザインを採用。

ただ、この新型モデルは、競合車よりもシフトレバーの角度が水平になっており、操作がしやすい感じが…。

また、この新型モデルのシフトレバーは、急な下り坂で強いエンジンブレーキを聞かせる”L”やエンジンの回転を高める”スポーツモード”を用意しているのも好印象でした。

電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドを標準装備

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のインパネまわりのアイテム&装備で注目なのが、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドです。

プロパイロット機能が搭載されているグレード(ハイウェイスターXプロパイロット エディション/ハイウェイスターGターボ)のみになってしまうのですが、この新型モデルでは、電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを標準装備しています。

■新型ルークスの電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

軽自動車でスムーズな発進&停車をサポートしてくれる電動パーキングブレーキや、運転を楽にしてくれるオートブレーキホールドが標準装備されているのは、かなりポイントが高いですよね。

私もこの新型モデルを試乗した時にオートブレーキホールドを使ってみたのですが、信号待ちをしている時や渋滞で停車をした時、ブレーキペダルを踏みっぱなしにしなくて良いので、本当に楽です。

また、この新型モデルは、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドのスイッチが運転席から手が届きやすく操作しやすくなっているのも良いと思いました。

ちなみに、プロパイロット機能が備わっていないモデルでは、オーソドックスな足踏み式のサイドブレーキになるので、ご注意を…。

■新型ルークスの足踏み式のサイドブレーキ

エンジンスターターはハンドルの左側に設置

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、プッシュ式のエンジンスターターをハンドル・ステアリングホイールの左側、シフトレバーなどがあるパネルのスグ脇に設置。

■新型ルークスのプッシュ式エンジンスターター

この新型モデルのプッシュ式エンジンスターターは、シフトレバーや電動パーキングブレーキのすぐ近くにあるため、スムーズに発進&停車が非常にスムーズにできるのかなと思いました。

スイッチ類はハンドルの右側に集約

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)では、や安全装備システムのON/OFFスイッチ、アイドリングストップの解除スイッチなどは、ハンドルの右下のスイッチベースのところに集約しています。

■新型ルークスのスイッチベース

また、ハンズフリーオートスライドドアのON/OFFを切り替えるメインスイッチも、このスペースに配置してありました。

モニターも付いている新型ルークスのルームミラー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のルームミラーは、このようなデザインになっています。

■新型ルークスのルームミラー

いたって普通に見えるこの新型モデルのルームミラーですが、シフトレバーを”R(リバース)”に入れると、左側にアラウンドビューモニターが表示されるモニター付きのルームミラーになっています。

■アラウンドビューモニターを表示した時のルームミラー

ただ、この新型モデルのルームミラーに搭載されているモニターはサイズが小さいため、視認性はイマイチです。

この新型モデルのアラウンドビューモニターをしっかりと確認したい方は、やはり純正ナビの大きい画面に映し出した方が良いのかなと思いました。

純正ナビはディーラーオプションで用意

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)は、ディーラーオプションで9インチサイズの純正ナビを用意しています。

■新型ルークスの9インチサイズのナビ

やはり純正ナビということで、ダッシュボードとの相性が良いですね。

また、純正ナビは、日産車の特徴でもある”アラウンドビューモニター”をナビの画面に映し出す事ができるようになっているのも魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:使い勝手に優れた新型ルークスのインパネ

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ルークス(ROOX)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのインパネ・ダッシュボードは、競合車・ライバル車と異なりオーソドックスなデザインに…。

そのため、見た目のインパクトや目新しさはありませんでした。

ただ、この新型ルークス(ROOX)のダッシュボードには、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドを備えるなど、最新の機能や装備が充実しているのが印象的でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする