安っぽさはない!?新型ルークス ハイウェイスターXの外観の実車画像インプレ

2020年3月、日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターは2つのグレードを用意していますが、下位モデルに位置をしているのが”ハイウェイスターX(Xグレード)”です。

上位モデルに位置をする”Gターボ”とは若干の違いがあるものの、下位モデルの”イウェイスターX”も十分スタイリッシュなデザインに…。

そんな新型モデルのハイウェイスターXの外観・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょか?また、このハイウェイスターXの外装には、どのような特徴があったのか?

実車画像を使って、新型ルークス(ROOX)の下位モデル”ハイウェイスターX(Xグレード)”の外装・エクステリアを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

シャープさを強調したフロントマスク【新型ルークス ハイウェイスターXの外観1】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスターの下位モデル”Xグレード”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXのフロントマスク
グレード:ハイウェイスターX プロパイロットエディション

このハイウェイスターX(Xグレード)のフロントマスクでは、最近の日産車の特徴でもある”Vモーショングリル”を採用。

太めのラインで描かれたVモーショングリルが印象的な迫力のフロントマスクになっていました。

プロパイロット エディションと標準仕様でヘッドライトが異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXは、高速道路での運転を楽にしてくれる”プロパイロット機能”を装着したモデル(=プロパイロット エディション)と、プロパイロットが装着されていない標準モデルの2つが用意されています。

ハイウェイスターXでは、プロパイロット エディション/標準モデルどちらもLEDヘッドライトを標準装備しています。

ただ、この2台のモデルでは、ヘッドライトのデザインや機能に違いがありました。

自動運転技術のプロパイロット機能が標準装備されている”プロパイロット エディション”では、ヘッドライトの上段が面状に光るスタイリッシュなデザインに…。

■プロパイロット エディションのヘッドライト

また、プロパイロット エディションでは、ハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれるオートハイビーム(アダプティブLEDヘッドライトシステム)も備えており、安全性の高いヘッドライトになっていました。

一方、プロパイロット機能が備わっていない標準モデルは、プロパイロット エディションと比較すると、落ち着いた雰囲気のヘッドライトに…。

■標準モデルのヘッドライト

また、ハイビームとロービームを切り替えてくれるオートハイビーム(アダプティブLEDヘッドライトシステム)の用意もありません。なので、標準モデルでは、ハイビームとロービームの切り替えは、手動で行わないといけません。

新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXでは、プロパイロットエディションと標準モデルの2つが用意されていますが、このようにヘッドライトのデザインや機能が異なるので、ご注意くださいね。

フロントフォグランプを標準装備

また、新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)の下位モデル”Xグレード”では、プロパイロット エディション/標準モデルどちらもLEDのフロントフォグランプを標準装備しています。

■ハイウェイスターXのLEDフォグランプ

下位モデルの”ハイウェイスターX”でも、オシャレなLEDフォグランプが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

ここらへんの機能や装備も充実度も、ハイウェイスターXの魅力の一つなのかなと思いました。

スタイリッシュなサイドスタイル【新型ルークス ハイウェイスターXの外観2】

2020年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)の下位モデル”Xグレード”のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXのサイドスタイル
グレード:ハイウェイスターX プロパイロット エディション

スーパーハイト系ワゴン車の場合、サイドスタイルがのっぺりとしているクルマもありますが、この新型モデルでは、深めのキャラクターラインが印象的なサイドスタイルに…。

この深く入ったキャラクターラインのおかげで、太陽の光が当たった時の陰影がハッキリとしており、思った以上にシャープなサイドスタイルになっていました。

ウィンカー付きのサイドミラーを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス ハイウェイスター(ROOX HighwaySTAR)のXグレードでは、ウィンカー付きのサイドミラーを標準装備。

また、ドアの施錠/解錠に連動してサイドミラーが自動的に開閉する”ドアロック連動自動格納機能”も備えいるのも好印象でした。

Xグレード専用デザインのタイヤを標準装備

また、新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXでは、専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■ハイウェイスターXのタイヤ&ホイール

このハイウェイスターXでは、黒く塗装を施したスポーク部分が印象的なユニークなデザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

ただ、このハイウェイスターXのタイヤサイズは14インチとなっており、最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”と比較すると、少し迫力に欠けるデザインになっているのかなと思いました。

ラグジュアリー感あふれる後ろ姿【新型ルークス ハイウェイスターXの外観3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産のスーパーハイト系ワゴン”新型ルークス(ROOX)”のハイウェイスターXの後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■ハイウェイスターXの後ろ姿
グレード:ハイウェイスターX プロパイロットエディション

このハイウェイスターXでは、ルーフスポイラーが備わるなど、スポーティーな雰囲気の後ろ姿に…。

■ハイウェイスターXのルーフスポイラー

また、リヤコンビネーションランプが左右に大きく張り出しているようなデザインになっているのも印象的でした。

高級感あふれるメッキ調の加飾を採用

そんな新型モデルのハイウェイスターXの後ろ姿で印象的だったのは、エンブレム部分のデザインです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXでは、エンブレム部分にインパクトのあるメッキ調の加飾(=バックドアフィニッシャー)を採用。

■ハイウェイスターXのメッキ調のバックドアフィニッシャー

そのおかげもあり、このハイウェイスターXは、下位モデルとは思えないラグジュアリー感あふれる後ろ姿になっていました。

また、左右に伸びたメッキ調のバックドアフィニッシャーがリアコンビネーションランプまで貫通しているようなデザインになっているのも印象的でした。

まとめ:安っぽさを感じないハイウェイスターXの外装

2020年3月に日産からデビューを果たした新型ルークス(ROOX)のハイウェイスターXの外観・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このハイウェイスターXの外装・エクステリアは、最上位モデルに位置をする”ハイウェイスターGターボ”とは、少し異なります。

ただ、下位モデルのハイウェイスターXでも、LEDヘッドライトやフォグランプ、専用デザインのタイヤを備えていることもあり、下位モデルにありがちな安っぽさは一切なし。十分に満足できるオシャレな見た目になっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする