新型ソルテラの最上位グレード”ET-HS”の内装レビュー【上品で機能も充実】

2022年5月にデビューをするスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は2種類のグレードをラインナップしているのですが、最上位グレードに位置しているのが、ET-HSグレードです。

この新型モデルのET-HSは、下位モデルに位置をするET-SSグレードよりも上品な内装・インテリアに…。

また、快適装備が充実しているのも好印象でした。

この新型モデルのET-HSの内装・インテリアは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、車内には、どのような装備&アイテムを備えているのでしょうか?

スバル初となる電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位グレード”ET-HS”の内装・インテリアのデザインや装備、魅力を、実写画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのET-HSの内装【デザインの特徴&魅力をチェック】

2021年5月にデビューをするスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位グレードに位置をするET-HSの内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラのET-HSの内装

また、この新型モデルのET-HSグレードの内装・インテリアは、次のような特徴&魅力を備えています。

内装色はブラウンのみ

この新型モデルの下位モデルに位置をするET-SSグレードは、オーソドックスなブラックの内装色・インテリアカラーを採用しています。

■下位モデルのET-SSの内装

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

しかし、上位モデルに位置をするET-HSグレードでは、少し黄色みがかったブラウン(正式名称はタン)を内装・インテリアカラーに採用。

■上位モデルのET-HSの内装

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

シートやセンターコンソール、ドア内側パネルにブラウンのレザーをあしらったET-HSの内装・インテリアは、下位モデルのET-HSよりも上品な感じが…。

また、この新型モデルはブラックルーフを採用しているのですが、ブラウンの内装色のET-HSは、圧迫感や窮屈感を感じないのも魅力の一つですよ。

シートは本革仕様

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)の下位モデルのET-SSは、ファブリック素材のシートを採用していましたが、上位モデルに位置をするET-HSグレードは、高級感あふれるブラウンの本革シートを標準装備。

■新型ソルテラのET-HSの本革シート:フロントシート

■新型ソルテラのET-HSの本革シート:後部座席

そのため、高級感&上質感のある車内空間に…。

また、この新型モデルに用意されている本革シートの表皮は弾力性があり、もっちりとした座り心地を味わえるのも好印象でした。

快適装備も充実

また、快適に過ごせる機能&装備が充実しているのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデルに位置をするET-HSグレードの魅力の一つです。

その一つが、真夏の暑い日に重宝をするシートベンチレーション機能です。

この新型モデルのET-HSグレードは、人とシートの間にこもった熱を吸い出すシートベンチレーション機能を運転席と助手席に標準装備しています。

■新型ソルテラのシートベンチレーション機能

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

しかも、この新型モデルのET-HSグレードに用意されているシートベンチレーション機能は、3段階から強さを調整することができます。

私もこの新型モデルのET-HSグレードを試乗した時にシートベンチレーション機能を使用してみたのですが、一番強くすると、ヒンヤリとした涼しさを感じます。(その分、若干ですが、駆動音も聞こえますが…。)

本革シートの欠点&デメリットの一つが、真夏の暑い日の背中や足まわりの蒸れですが、エアコンとシートベンチレーション機能を両方使えば、運転中の不快な蒸れは、だいぶ解消されるのかなと思いました。

ちなみに、下位モデルに位置をするET-SSは、背中や足まわりの蒸れを防ぐシートベンチレーション機能の用意はないので、ご注意くださいね。

パノラマルーフも装着可能

また、パノラマルーフをオプションで装着することができるのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデル”ET-HSグレード”の特徴の一つです。

■新型ソルテラのET-HSのパノラマルーフ

パノラマルーフを装着すると、天井から光が差し込むため、車内が明るく感じるのが良いですよね。

この新型モデルはブラックルーフを採用しているおかげで、パノラマルーフのありがたみが余計に感じます。

このように心地よい解放感を味わうことができるパノラマルーフを装着することができるのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデル”ET-HSグレード”の良いところの一つなのかなと思いました。

新型ソルテラのET-HSの内装【車内の装備&機能を徹底チェック】

上品なブラウンカラーを内装・インテリアに採用している新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-HSグレードですが、車内には、どのような機能&装備を備えているのでしょうか?

実写画像を交えて、ET-HSの車内の装備&アイテムを紹介したいと思います。

インパネ&ダッシュボード

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデルに位置をするET-HSグレードのインパネ&ダッシュボードは、このようなデザインをしています。

■ET-HSのインパネ&ダッシュボード

この新型モデルのET-HSは、ブラウンのシートやセンターコンソール、ドア内側パネルを採用していますが、インパネ・ダッシュボードは、下位モデルのET-SSと同じブラック基調のデザインを採用。

ただ、助手席側のパネルなどにファブリックがあしらわれており、シンプルながらも上品な見た目になっていました。

メーター

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のメーターは、このようなデザインをしています。

■ET-HSのメーター

この新型モデルのET-HSでは、下位モデルのET-SSと同様、ダッシュボードの上部にメーターを備えたトップマウントメーターを採用。

また、運転席から遠い位置にメーターを配置し、少ない視線移動で車速や走行中の出力/回生状況を確認できるのも、好印象でした。

ちなみに、こちらの記事では、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目など、メーターの詳細を詳しくまとめています。もし、この新型モデルのメーターを詳しく知りたい方は、ぜひともチェックしていみてくださいね。

ハンドル

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■ET-HSのハンドル

この新型モデルのET-HSでは、高級感ただよう本革巻きのハンドル・ステアリングを標準装備。

また、ハンドルの付け根には、手元でシフトチェンジを行うことができるパドルシフトを搭載しているのも好印象でした。

■ET-HSのパドルシフト

エアコンパネル

2022年5月にデビューをする新型ソルテラ(SOLTERRA)のエアコンパネルは、このようなデザインをしています。

■ET-HSのエアコンパネル

タッチパネルとトグルスイッチを組み合わせた使い勝手の良いエアコンパネルを採用しているのは、下位モデルのET-SSと全く同じです。

ただ、最上位モデルに位置をするET-HSは、下位モデルのET-SSとは違い、エアコンパネルの両サイドにシートベンチレーション機能のON/OFFや風量調整スイッチが備わっていました。

■ET-HSのベンチレーションスイッチ

シフトレバー

また、シフトレバーも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデルに位置をするET-HSグレードの注目の装備&アイテムの一つです。

この新型モデルのET-HSは、左右に回転してシフトチェンジを行うダイヤル式のシフトレバーを採用しています。

■ET-HSのダイヤル式のシフトレバー

また、ダイヤル式のシフトレバーの左隣には、3つのモードから選ぶことができるドライブモードスイッチやXモードスイッチを用意していました。

スピーカー

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデル”ET-HSグレード”の内装・インテリアの注目の装備の一つが、スピーカーです。

下位モデルのET-SSグレードは、ノーブランドのスピーカーを備えているのですが、上位モデルに位置をするET-HSグレードは、世界的に有名なハーマン(HARMAN)のスピーカーを搭載。

また、この新型モデルのET-HSグレードでは、フロントに6個、リヤに4個のスピーカーとウーファーを搭載しており、クリアで臨場感のあるサウンドを楽しむことができますよ。

センターコンソール

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデル”ET-HSグレード”のセンターコンソールは、このようなデザインをしています。

■ET-HSのセンターコンソール

最上位モデルに位置をするET-HSグレードは、ブラウンのレザーをあしらったセンターコンソールを採用しており、下位モデルのET-SSグレードとはひと味違うオシャレな見た目に…。

また、ドリンクホルダーまわりには、メッキ調の加飾がほどこされており、高級感のあるみためを演出しているのも、ET-SSグレードとの違いの一つですよ。

ドア内側パネル

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデルのドア内側パネルは、このようなデザインをしています。

■ET-HSのドア内側パネル:フロント

■ET-HSのドア内側パネル:リヤ

この新型モデルのET-HSグレードのドア内側パネルは、トリム部分にブラウンのレザーをあしらったデザインに…。

また、ドアミラースイッチにメッキ加飾をほどこしているのも、下位モデルに位置をするET-SSグレードとの違いの一つです。

ただ、ドアインナーハンドルが、メッキ加飾やシルバー塗装などほどこされておらず、プラスチック感満載なのが、少し残念でした。

まとめ:下位モデルより上質感がただよう新型ソルテラのET-HSの内装

2022年5月にデビューをする新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデルに位置をするET-HSグレードの内装・インテリアを確認してみたところ、このような感じになっていました。

■新型ソルテラのET-HSの内装のまとめ

・ブラウンの内装色を採用
・高級感ただよう本革シートを標準装備
・シートベンチレーション機能を標準装備
・パノラマルーフをオプションで装着可能

この新型モデルの最上位モデルに位置をするET-HSグレードは、ブラウンの内装色・インテリアカラーを採用。

そのおかげもあり、下位モデルのET-SSグレードよりも解放感がありました。

また、シートベンチレーション機能やパノラマルーフなど、車内で快適に過ごす機能&装備が充実しているのも好印象でした。

この新型モデルのET-HSグレードは、下位モデルに位置をするET-SSグレードのAWDモデルよりも約50万ほど高くなっていますが、特別感や満足感を味わいたいのなら、最上位モデルのET-HSの方が最適なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02