新型ステップワゴンのインパネはスッキリで使いやすい【デザイン&装備を徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをした新型ステップワゴン(STEP WGN)とヴォクシー/ノア、セレナで大きく異なるのが、インパネ&ダッシュボードのデザイン&使い勝手です。

この新型モデルのインパネ・ダッシュボードは、競合車よりもスッキリとしていて、使い勝手が良い感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルのインパネ・ダッシュボードは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのインパネまわりには、どのような装備&アイテムが用意されていたのでしょうか?

実写画像を使って、新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)のインパネの特徴や魅力、注目ポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのインパネ【デザインの特徴&注目ポイントをチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのインパネ:エアー
内装色:ブラック

■新型ステップワゴンのインパネ:エアー
内装色:グレー

■新型ステップワゴンのインパネ:スパーダ
内装色:ブラック

■新型ステップワゴンのインパネ:プレミアムライン
内装色:ブラック

スッキリとした水平基調のインパネを採用

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー(VOXY)は、曲線基調のインパネ・ダッシュボードを採用しており、少しユニークなデザインになっています。

■ヴォクシーのインパネ

また、日産のセレナe-POWERは、ダッシュボードの上段にメーターを採用していることもあり、厚みのあるデザインになっています。

■セレナe-POWERのインパネ

一方、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、競合車・ライバル車と違い、水平基調のスッキリとしたインパネ・ダッシュボードを採用。

■新型ステップワゴンのインパネ

この新型モデルは、サイドウィンドウ(=ベルトライン)からダッシュボードまで真っすぐのラインになっているため、見切りが非常に良いです。

また、エアコン/ヒーターの吹き出し口は、ハニカムメッシュデザインになっており、高級感&上質感のあるダッシュボードを演出しているのも好印象でした。

センタークラスターの張り出しも小さめ

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、シフトレバーやエアコンのコントローラーが備わっているセンタークラスターの張り出しが控えめになっているのも、特徴の一つです。

■張り出しが小さいセンタークラスター

そのおかげもあり、この新型モデルは、運転席から助手席への移動や、フロントシートから2列目シート&3列目シートへの移動が、競合車・ライバル車よりもスムーズに行えるように感じました。

収納力も兼ね備えた新型ステップワゴンのインパネ

スッキリとした薄型デザインのインパネ・ダッシュボードを採用しているホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、多数の収納スペースを備えているのも魅力の一つです。

例えば、この新型モデルの助手席側のダッシュボードには、リッドが備わった収納ボックスや大型トレー、グローブボックスなど3つの異なる形状をした収納スペースを用意しています。

■ダッシュボード上段に備わった収納ボックス

■ダッシュボード中段に備わった大型トレー

■ダッシュボード下段のグローブボックス

インパネ中央下部にも2段に分かれている収納スペースを用意していることもあり、運転席まわりの収納スペース・小物入れで困ることはないと思いますよ。

新型ステップワゴンのインパネ【装備&アイテムを実車画像でチェック】

競合車・ライバル車と違いスッキリとした水平基調のダッシュボードを採用している新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、使い勝手の良いアイテム&装備を用意しているのも魅力の一つです。

今回デビューを果たした新型モデルのインパネまわりには、どのような装備&アイテムを用意しているのか?実写画像を使って、紹介したいと思いました。

シンプルだけど視認性に優れたメーター

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のメーターは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのメーター

この新型モデルでは、10.2インチの液晶画面にスピードメーターやパワーメーターを表示するデジタルグラフィックメーターを全グレードに採用。

オーソドックスな2眼式のメーターとなっているため、先進性や未来感は一切ありません。

ただ、必要な情報をすぐに確認することができるシンプル&クリーンな見た目になっているため、視認性&使い勝手は、非常に良いように感じました。

使い勝手に優れるハンドル&ステアリングホイール

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのハンドル

グレードによって、ハンドルに使用されている素材は異なりますが、この新型モデルは、オーソドックスな3本スポークのハンドルを採用。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目の変更は、左右に備わったステアリングスイッチで行うことができるようになっており、使い勝手は良好。

また、上位モデルに位置をするスパーダ&プレミアムラインのガソリン車には、手元でシフトポジションを変更することができるパドルシフトが用意されているのも注目ポイントの一つですよ。

ガソリン車とHVでデザインが違うシフトレバー

2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のダッシュボード・インパネの注目の装備&アイテムの一つが、ガソリン車とハイブリッド車でデザインが異なるシフトレバーです。

ガソリン車は、前後にシフトノブをスライドするオーソドックスなストレートゲート式のシフトレバーを採用。

■ガソリン車のストレートゲート式のシフトレバー

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車は、ホンダ独自デザインのスイッチタイプのシフトレバーを標準装備。

■スイッチタイプを採用のハイブリッド車のシフトレバー

なので、初めてこの新型モデルのハイブリッド車に乗る方は、戸惑うかもしれません。

ただ、非常にシンプルな操作感になっているため、2~3日も運転すればスグに慣れると思いますよ。

設置場所がわかりにくいエンジンスターター

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のインパネ・ダッシュボードで気になったのは、エンジンスターターの設置場所です。

この新型モデルでは、全グレードにワンタッチでエンジン(電源)を立ち上げることができるボタン式のエンジンスターターを全グレードに標準装備しているのですが、ハンドルの右側に用意されているため、わかりにくいです。

また、エンジンスターターのボタンがハンドルの裏側にあるため、押しにくく感じるのも気になるところでした。

シンプルだけど操作性に優れたエアコンパネル

新型ステップワゴン(STEP WGN)のシフトレバーの左隣には、エアコンのパネルが用意されています。

■新型ステップワゴンのエアコンパネル

今回デビューを果たした新型モデルのエアコンのパネルは、小さな液晶ディスプレイが備わったシンプルなデザインに…。

ただ、温度調整はダイヤルで操作できるようになっており、操作性は非常に良いです。

また、運転席と助手席で別々に温度調節することができる左右独立温度調整機能だけではく、PM2.5などの微粒子を検知するセンサーを搭載するなど、機能性に優れているのも注目ポイントの一つですよ。

シートヒーターは上位モデルのみ

エアコンパネルの下の部分には、3段階から温度を調整することができるフロントシート用のシートヒーターのスイッチが用意されています。

■フロントシート用のシートヒータースイッチ

ただ、シートヒーターが用意されているのは、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)とプレミアムライン(PREMIUM LINE)のみです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)には、前席のシートヒーターの用意がないので、ご注意くださいね。

■シートヒーターが備わっていないエアー

メーカーオプション設定の純正ナビの用意はなし

2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のナビは、メーカーオプションなどで用意されている純正のナビはなく、ディーラーオプションで用意されている”Gathers(ギャザズ)”のみとなっています。

■新型ステップワゴンのディーラーオプションナビ

ただ、真上から見下ろすような視点でクルマの周囲を確認することできるマルチビューカメラシステムやホンダ コネクトと連動しているため、ディーラーオプションのナビだからと言って、使い勝手の悪さは感じません。

また、この新型モデルのディーラーオプションナビの画面サイズは、8インチ~11.4インチまで3つのタイプを用意しています。

■画面サイズが9.0インチのディーラーオプションナビ

■画面サイズ11.4インチのディーラーオプションナビ

ただ、運転席からの視認性や操作性を考えると、画面サイズが一番大きい11.4インチのナビが良いのかなと思いました。

操作性に優れるスイッチ類

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、運転席の右下のスライドドアやパワーテールゲートの開閉スイッチ、ヘッドライトの光の高さを調整するレベリングダイヤルなどを搭載。

■新型ステップワゴンのスイッチ類

スイッチ類が設置されている位置が低いため、操作性の悪さが少し気になっていたのですが、スライドドアの開閉スイッチなどはサイズが大きくなっていたため、操作性の悪さは感じませんでした。

まとめ:運転に集中できるスッキリとしたインパネを採用の新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のインパネ・ダッシュボードのデザインや装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのインパネのまとめ

・スッキリとした水平基調のインパネを採用
・見切りが良く、運転席からの視界&視認性も良好
・運転席まわりの収納スペースも充実
・ウォークスルー性も良好
・インパネまわりの装備&アイテムも充実

今回デビューを果たした新型モデルは、前方の見切りや運転席からの見晴らしにこだわったスッキリとデザインを採用。

そのおかげもあり、競合車・ライバル車よりも運転席からの見晴らしが良く、運転がしやすいような感じが…。

また、シンプルながらも使い勝手の良い機能&アイテムがインパネまわりに揃っているのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の特徴&魅力の一つなのかなと思いました。

ただ、最廉価モデルに位置をするエアー(AIR)には、前席のシートヒーターが用意されていないなど、グレードによって機能や装備に差があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02