レカロシートは必要ない?新型オーラ ニスモの標準装備のシートの魅力&メリット

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、オプションでホールド感にレカロシート(RECAROシート)に変更をすることができます。

ただ、オプションで用意されているレカロシートよりも標準装備のシート(以下、標準シート)の方が優れているところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの標準シートは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、オプションで用意しているレカロシート(RECAROシート)よりも優れているところは、どこだったのでしょうか?

オプションで用意されているレカロシートにはない新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートの特徴や魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの標準シート【デザインや特徴をチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの標準シート:フロントシート

■新型オーラの標準シート:後部座席

スポーツモデルらしさを強調するブラック基調

今回デビューを果たした新型モデルのオーラ(AURA)では、ツイード調の織物をシートの素材を採用していたため、ナチュラル感があふれるデザインになっていました。

■オーラのシート

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ブラックを基調に赤のストライプを入れた専用デザインのシートを採用。

■新型オーラ ニスモの標準シート

ベースのオーラ(AURA)とはひと味違うスポーツモデルらしい精悍さがただようシートになっていました。

また、この新型モデルの背もたれの中央には、NISMOのロゴが刺繍されており、特別感を演出しているのも好印象でした。

上質感ただようファブリック×合成レザーのコンビシート

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、弾力性のある肌触りの良いファブリック素材を座面や背もたれの中央部分に、そして、背もたれの肩口やヘッドレストの合成レザーを配したコンビシートを採用。

■新型オーラ ニスモの標準シートの座面

■新型オーラ ニスモの標準シートの背もたれ

シートのメイン部分に肌触りの良いアルカンターラをあしらったレカロシート(RECAROシート)と比べると、スポーツモデルらしさや上質感は多少劣ります。

ただ、ブラック×レッドのダッシュボードやセンターコンソールとの相性も良く、標準仕様のシートとしては十分に満足できる仕上がりになっていました。

日産車初となる赤のシートベルトを標準装備

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)で注目なのは、シートベルトのカラーです。

この新型モデルでは、日産車で初となる赤のシートベルトを採用。

■新型オーラ ニスモのシートベルト

そのおかげもあり、この新型モデルの内装・インテリアは、スポーツモデルらしさが増しているように感じました。

また、この鮮やかな赤のシートベルトのおかげで、ブラックの内装でありがちな”重たく暗い印象”が軽減されているのも好印象でした。

新型オーラの標準シート【レカロシートよりも優れているところとは?】

赤をアクセントカラーに使用をしたスポーティな見た目になっている新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のシートですが、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)よりも優れているところもありました。

オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)より標準シートの方が優れているところとは、何だったのか?標準シートの魅力&メリットを紹介します。

シートヒーターの快適さ

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートの方がレカロシート(RECAROシート)よりも優れているところの一つは、シートヒーターです。

今回デビューを果たした新型モデルは、メーカーオプションでフロントシートにシートヒーターを装着することができます。

標準シートだけではなく、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)にもシートヒーターを装着することができるのですが、標準シートとレカロシートでは、シートヒーターの快適性が異なります。

オプションで用意されているレカロシートのシートヒーターは、背もたれの腰くらいまでしか温めてくれないんですよね。

一方、標準シートのシートヒーターは、背もたれのファブリックエリア全体を温めてくれるため、背中全体をじんわりと温めてくれます。

シートのホールド感に関しては、レカロシート(RECAROシート)に及ばない新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートですが、真冬の寒い日の快適性に関しては、標準シートの方が優れているのかもしれませんね。

シートの調整機能

また、シートの調整機能に関しても、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)よりも標準シートの方が優れています。

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているレカロシート(RECAROシート)は、セミバケットタイプのシートになっているため、標準シートと同様、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能が備わっています。

ただ、レカロシート(RECAROシート)のリクライニングできる幅は、標準シートよりも若干劣ります。

また、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)は、シートリフターが備わっていないため、運転席の高さを調整することができません。

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートは、運転席の高さを調整するシートリフターを標準装備。

■新型オーラ ニスモのシートリフターのレバー

そのため、この新型モデルの標準シートは、自分が運転しやすい高さに運転席をの高さを調整できますよ。

まとめ:快適性に優れる新型オーラ ニスモの標準シート

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に備わっている標準シートのデザインや特徴、魅力を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの標準シートのまとめ

・ブラック×レッドの専用デザインのシートを採用
・ファブリック×合成レザーのコンビシートを採用
・特別感を演出する背もたれのNISMOの刺繍
・レカロシートよりも快適なシートヒーター
・運転席の高さを調節できるシートリフターを標準装備

背もたれのホールド感や長時間ドライブした時の疲労感は、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)に及びません。

ただ、この新型モデルの標準シートには、運転席の高さを調整することができるシートリフターや背中全体を温めてくれるシートヒーターが用意されいることもあり、快適性に関しては、レカロシート(RECAROシート)よりも優れているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02