操作しやすい?新型オーラのシフトレバーのデザインや使い勝手を徹底チェック

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)に用意されているシフトレバーは、プレミアムコンパクトカーらしい高級感&上質感のあるデザインをしています。

ただ、この新型モデルに用意されているシフトレバーは、日産独自のデザインとなっており、競合車・ライバル車のものとは操作性に違いが…。

そんな型モデルに用意されているシフトレバーは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、操作性・使い勝手は、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)に用意されているシフトレバーのデザインや使い勝手、操作性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのシフトレバーのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのシフトレバー

電子式のシフトレバーを全グレード標準装備

今回デビューを果たした新型モデルでは、マウスのような形をした電子式のシフトレバーを全グレードに標準装備しています。

この新型モデルのシフトレバーは、女性の手にも馴染みやすいコンパクトサイズとなっており、操作性に優れているのが好印象でした。

ノートe-POWERよりも上質感&高級感がアップ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されているシフトレバーは、ベースとなっているノートe-POWERと同じデザインとなっています。

■新型オーラのシフトレバー

■ノートe-POWERのシフトレバー

ただ、ベースとなっているノートe-POWERでは、シフトレバーまわりがブラックのプラスチックだったのに対し、この新型モデルでは、木目調のパネルとツイード調の織物をシフトレバーまわりに採用。

■新型オーラのシフトレバーまわり

■ノートe-POWERのシフトレバーまわり

そのおかげもあり、ノートe-POWERよりもワンランク上の高級感&上質感がありました。

新型オーラのシフトレバーは汚れが目立つ

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTEAURA)のシフトレバーは、光沢感のあるピアノブラック塗装がほどこされています。

そのため、ホコリやチリ、指紋などの汚れがかなり目立ちます。

シフトレバーは常に手が触れるアイテムなので、汚れが目立つピアノブラック調の塗装ではなく、もう少し汚れが目立たない素材を使用しても良かったのかなと思いました。

新型オーラのシフトレバーの操作感&使い勝手をチェック

2021年8月にデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)のシフトレバーの注目ポイントの一つは、競合車・他車の電子式のシフトレバーとは異なる操作感です。

この新型モデルのシフトレバーの操作感は、どのような感じだったのか?この新型モデルのシフトレバーの操作感を紹介したいと思います。

競合車よりも操作がしやすい新型オーラのシフトレバー

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のシフトレバーで印象的だったのは、”D(ドライブ)”や”R(リバース)”の入れやすさです。

トヨタの新型アクア(AQUA)や先代モデルのノートe-POWERなど、競合車・ライバル車の電子式のシフトレバーは、”D(ドライブ)”に入れる際、シフトレバーを一度右に倒してから、手前に引くようなっていました。

■先代ノートe-POWERのシフトレバー

また、”R(リバース)”に入れる際は、シフトレバーを一度右に倒してから、今度は奥側に押し込みます。

そのため、初めて電子式のシフトレバーを使用するには、少し分かりにくかったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、オーソドックスなシフトレバーのように前後にカチカチとスライドをする方式を採用。

そのため、この新型モデルのシフトレバーの操作は非常にシンプルで、次の3つのことを頭に入れておけば、だれでも簡単にシフトレバー操作をすることができます。

レバーを上に動かす…R(リバース)
レバーを下に動かす…D(ドライブ)
ノブのボタンを押す…P(パーキング)

例えば、発進時、P(パーキング)からD(ドライブ)にシフトポジションを入れる際は、ブレーキペダルを踏んだまま、カチッと手前にスライドするだけです。

逆にバックをする時は、ブレーキペダルを踏んだまま、シフトノブの右側にあるボタンを押したまま上にカチとスライドするだけD(ドライブ)からR(リバース)に入ります。

このようにこの新型モデルのシフトレバーは、競合車・ライバル車よりも自然な操作感になっているため、初めて運転する人でも迷わず操作できる感じが…。

このダイレクト感のある操作感は、この新型モデルのシフトレバーの良いところの一つなのかなと思いました。

N(ニュートラル)は使いにくい

今回デビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)のシフトレバーは、単純操作でD(ドライブ)やR(リバース)を入れれるようになっていましたが、N(ニュートラル)の入れ方は、かなり独特です。

シフトレバー部分に描かれているシフトポジションを確認すると、D(ドライブ)から上に一回カチッとスライドすると、N(ニュートラル)に入りそうな感じがするのですが、これだとN(ニュートラル)に入らないんですよね。

この新型モデルでシフトポジションをN(ニュートラル)に入れるには、シフトノブの右側ボタンを押さず上に長押しします。

そうすると、シフトポジションがN(ニュートラル)に入ります。

N(ニュートラル)はあまり使う機会がないので、このような操作方法にしたのかもしれませんが、個人的には、もう少し簡単な操作方法にしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、こちらの動画では、N(ニュートラル)の入れ方やシフトレバーの使い方を詳しく紹介しています。

【新型ノート】新しいシフトレバーの使い方!N(ニュートラル)ってどうやって入れるの!?

もし、この新型モデルのシフトレバーの操作方法を確認したい方は、ぜひともチェックしてみてくださいね。(※こちらの動画は、ノートe-POWERのものですが、オーラのシフトレバーの操作方法はまったく同じです。)

マニュアルモード&パドルの用意はなし

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のシフトレバーは、キビキビとした運転をしたい時に重宝をするマニュアルモード&パドルシフトの用意はなし。

ちょっとコレは残念ですよね。

ただ、この新型モデルでは、急こう配の下り坂など強い回生ブレーキが必要な時に使用をするB(ブレーキポジション)が用意されていました。

ちなみに、D(ドライブ)の状態でシフトレバーを手前にスライドすると、強い回生力が発生するB(ブレーキポジション)になりますよ。

まとめ:他の電子式シフトレバーより操作性に優れる新型オーラのシフトレバー

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のシフトレバーは、このようなデザインになっていました。

■新型オーラのシフトレバーのまとめ

・電子式のシフトレバーを全グレードに標準装備
・ノートe-POWERよりも高級感が増した新型オーラのシフトレバー
・誰でも直感的に操作が可能
・マニュアルモード&パドルモードの用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルでは、電子式のシフトレバーを全グレードに標準装備。

この新型モデルのシフトレバーは、前後にスライドするタイプとなっており、競合車・ライバル車のものよりも自然な操作感になっていたのが好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02