オーラと違う!新型オーラ ニスモの寒冷地仕様のセット内容と価格をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースモデルのオーラ(AURA)と同様、真冬の寒い日に重宝するアイテムを集めた寒冷地仕様をメーカーオプションで用意しています。

ただ、この新型モデルに用意されている寒冷地仕様に含まれているアイテムは、ベースのオーラ(AURA)とは違います。

それにともない、オプション価格にも差が…。

今回デビューを果たした新型モデルの寒冷地仕様には、どのようなアイテムが含まれているのでしょうか?また、ベースのオーラ(AURA)の寒冷地仕様とは、どのような違いがあるのでしょうか?

新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)にメーカーオプションで用意されている寒冷地仕様に含まれているアイテムや価格、オーラとの違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラの寒冷地仕様のセット内容【特徴と注目のアイテムをチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の”寒冷地仕様”では、次のようなアイテム&機能が、含まれています。

■新型オーラ ニスモの寒冷地仕様に含まれているアイテム

この新型モデルの寒冷地仕様では、シートヒーターやステアリングヒーターなど真冬の寒い日に重宝をするアイテムを中心に8つのアイテムを用意。

また、サイドミラーに付いた水滴を乾かし、クリアな後方視界をサポートするドアミラーヒーター(ヒーター付きドラミラー)も、寒冷地仕様に含まれているのも見逃せないポイントの一つです。

■新型オーラニスモのヒーター付きドアミラー

そんな新型モデルの寒冷地仕様には、次のような特徴&魅力がありました。

寒冷地仕様の装着でハンドルのデザインが変わる

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の寒冷地仕様に用意されているアイテムの中で特に注目なのが、ハンドル・ステリングホイールです。

この新型モデルは、レッドのセンターマークを備えたあるアルカンターラ巻のハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型オーラニスモの標準仕様のハンドル

ただ、ハンドル部分をじんわりと温めてくれるステリングヒーターを装着するためか、寒冷地仕様にすると、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールに変更となります。

■寒冷地仕様の本革巻きのハンドル

この寒冷地仕様に用意されている本革巻きのハンドルも、パンチング加工を施して、スポーツモデルらしさを演出しています。

ただ、寒冷地仕様で用意されている本革巻きのハンドルは、標準仕様のアルカンターラ性能ハンドルよりも特別感&高級感で劣るように感じましt。

シートのタイプでシートヒーターの快適性が異なる

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されている寒冷地仕様を装着すると、フロントシート&後部座席に2段階から温度調節をすることができるシートヒーターが備わります。

また、オプションで用意されているレカロシート(RECROシート)でも、シートヒーターを装着することができます。

■新型オーラ ニスモのシートヒータースイッチ

ただ、標準シートとオプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)では、背もたれの温めるエリアに違いが…。

そのため、標準シートとレカロシート(RECAROシート)では、シートヒーターの温もりの感じ方が異なるので、ご注意くださいね。

後部座席の快適性を高めるリヤヒーターダクトも用意

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されている寒冷地仕様を装着すると、後部座席にヒーターの温かい風を送り届けてくれるリヤヒーターダクトも装着されます。

■新型オーラ ニスモのリヤヒーターダクト

この新型モデルは、広くて快適な後部座席を備えているのも魅力の一つです。

後部座席を使う機会が多い方は、ヒーターの温かい風を後部座席に効率的に送り届けてくれるリヤヒーターダクトが備わる寒冷地仕様の装着を検討してみても良いかもしれませんね。

新型オーラ ニスモの寒冷地仕様のオプション価格【オーラとの違いはいくら?】

シートヒーターやステアリングヒーター、ヒーター付きドアミラーなど様々なアイテムをセットにした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の寒冷地仕様ですが、オプション価格は、いくらだったのでしょうか?

この新型モデルに用意されている寒冷地仕様のオプション価格を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの寒冷地仕様のオプション価格…5万7200円

新型オーラ ニスモの寒冷地仕様はちょっと高め

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)にメーカーオプションで用意されている寒冷地仕様のオプション価格は、5万7200円(税込み)となっていました。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのGRヤリス(GR YARIS)の最上位モデルに位置をするRZハイパフォーマンスの寒冷地仕様のオプション価格は1万7600円です。

なので、この新型モデルに用意されている寒冷地仕様のオプション価格は、少し割高です。

ただ、シートヒーターやステアリングヒーターなど、寒冷地仕様に含まれているアイテム&機能を考えると、これくらいの価格差になっていしまうのは、仕方がないことなのかなと思いました。

■新型オーラ ニスモとGRヤリスの寒冷地仕様比較

オーラよりも安い新型オーラ ニスモの寒冷地仕様

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されている寒冷地仕様のオプション価格は、ベースのオーラ(AURA)のFF車のものよりも安くなっています。

■新型オーラニスモとオーラの寒冷地仕様の価格比較

その理由の一つは、備わっている装備の違いです。

■新型オーラニスモとオーラの寒冷地仕様のアイテム比較

上記の表を見ていただければ分かると思いますが、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の寒冷地仕様のみ本革巻きのハンドル・ステアリングホイールが含まれています。

ただ、この新型モデルでは、LEDのリヤフォグランプは標準装備となっているため、寒冷地仕様のアイテムに含まれていないんですよね。

■新型オーラ ニスモのリヤフォグランプ

そのおかげもあり、この新型モデルの寒冷地仕様は、ベースのオーラ(AURA)より1万6500円ほどオプション価格が安くなっていました。

まとめ:オーラと装備内容が異なる新型オーラ ニスモの寒冷地仕様

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の寒冷地仕様に含まれているアイテム内容と価格を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモのオプション価格のまとめ

・8つのアイテム&機能がセットになったニスモの寒冷地仕様
・セット内容はオーラと異なる
・寒冷地仕様にするとハンドルの素材が変わる
・オプション価格は5万7200円

今回デビューを果たした新型モデルの寒冷地仕様では、シートヒーターやステアリングヒーターなど真冬の寒い日に重宝をするアイテムや機能を8つ用意。

ただ、この新型モデルに用意されている寒冷地仕様では、本革巻きのハンドルが備わるなど、ベースモデルのオーラ(AURA)の寒冷地仕様とは、セット内容が異なるので、ご注意くださいね。

また、寒冷地仕様などメーカーオプションをフル装備すると、乗り出し価格がかなり良いお値段になるので、こちらもご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02