新型オーラ ニスモのレカロシートと標準シート比較【座り心地や機能の違いを徹底解説】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、標準シートとレカロシートの2種類のシートを用意しています。

ただ、この新型モデルに用意されている標準シートとレカロシート(RECAROシート)は、デザインや座り心地だけではなく、備わっている機能にも大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されている標準シートとレカロシート(RECAROシート)は、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、座り心地や機能、性能にどのような差があるのでしょうか?

この新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の用意されている2種類のシート”レカロシート”と”標準シート”の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのレカロシートと標準シート【デザインの違いをチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとレカロシートは、このようなデザインになっています。

■新型オーラ ニスモの標準シート

■新型オーラ ニスモのレカロシート

赤のストライプが印象的な標準シート

今回デビューを果たした新型モデルの標準シートは、ブラックを基調に差し色に赤のストライプを入れたスポーツモデルらしいデザインを採用。

また、座面や背もたれの中央部分などのメイン部分には、クッション性に優れたファブリック素材を採用しています。

ただ、背もたれの肩口やヘッドレストには、合成レザーを採用しており、上質感がただようシートデザインになっていました。

シートサイドに赤をあしらったレカロシート

メーカーオプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)も、標準シートと同様、ブラックを基調にしたデザインになっています。

ただ、この新型モデルのレカロシート(RECAROシート)は、シートサイド一面に赤をあしらっていることもあり、標準シートよりも見た目のインパクトがあります。

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシート(RECAROシート)の素材には、肌触りが良いアルカンターラを採用しており、スポーツモデルらしさを強調したデザインになっていました。

新型オーラ ニスモのレカロシートと標準シート【座り心地の違いをチェック】

このように見た目が大きく異なる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとレカロシート(RECAROシート)ですが、座り心地にも差がありました。

この新型モデルのそれぞれのシートの座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。

ゆったりとした座り心地の標準シート

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートは、ベースモデルのオーラ(AURA)のGグレードと基本的には同じ構造&素材となっています。

■オーラのGグレードのシート

■新型オーラ ニスモのシート

そのため、サイドのサポートやホールド力も控えめで、タイトさを感じないゆったりとした座り心地になっています。

また、もっちりとした座り心地でシートのクッション性も良いです。

ただ、カーブを曲がった時など大きな横Gがかかった際は、身体が左右に大きく振られてしまうため、スポーツモデルのシートとしては、サポート力に少々物足りない感じが…。

普段使いのクルマとしては十分満足できる座り心地を備えていますが、NISMOらしいキビキビトした走りを楽しみたい方は、オプションで用意されているるレカロシート(RECAROシート)の方が満足できると思いますよ。

上半身をしっかりとホールドしてくれるレカロシート

一方、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)は、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとは、まったく異なる座り心地になっていました。

特に異なるのが、上半身のサポート力です。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているレカロシート(RECAROシート)は、背もたれの左右のサポートが大きく、ホールド性に優れています。

そのため、この新型モデルのレカロシート(RECAROシート)の背もたれに背中をくっつけると、自然と背筋が伸びる座り心地に…。

また、この新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシートは、座面のサポートが控えめになっているため、窮屈感を感じにくく、乗り降りがしやすいのも魅力の一つなのかなと思いました。

新型オーラ ニスモのレカロシートと標準シート【機能の違いをチェック】

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとレカロシートは、備わっている機能&装備にも違いがありました。

この新型モデルの標準シートとレカロシートは、機能&装備面でどのような違いがあったのか?実車画像を使って、紹介したいと思います。

シートリフター機能

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとレカロシートに備わっている機能で異なることの一つが、シートリフター機能です。

標準シート/レカロシート(RECAROシート)どちらも、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能、前後位置を調整する機能は備わっています。

ただ、シートの高さを調整することができるシートリフター機能が備わっているのは、標準シートのみ。

■新型オーラ ニスモのシートリフターのレバー

レカロシート(RECAROシート)にはシートリフターが備わっていないため、シートの高さを調整することができません。

なので、レカロシート(RECAROシート)の装着を検討している方は、事前に新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を試乗して、シートの高さや運転のしやすさを確認してみた方が良いと思いますよ。

ちなみに、この新型モデルのレカロシート(RECAROシート)のシートの高さは、標準シートの中立位置よりも約25mmほど低い位置に設定されているとのこと。

そのため、この新型モデルのレカロシート(RECAROシート)は、標準シートよりも若干低めの着座位置&アイポイントのなっていますよ。

シートヒーター

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとレカロシート(RECAROシート)では、シートヒーターの快適さも異なります。

特に異なるのは、背もたれの温まり方です。

この新型モデルの標準シートのシートヒーターは、背もたれのメイン部分(ファブリック部分)を温めてくれるようになっています。

そのため、背中全体でシートヒーターのポカポカとした温かさを感じることができます。

一方、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)のシートヒーターは、背もたれの腰部分にあるラインの下のエリアしか温めてくれません。

そのため、腰まわりがじんわりと温かくなるものの、標準シートのシートヒーターのように背中全体でポカポカとした温もりを感じることができません。

ホールド力や座り心地に優れる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシート(RECAROシート)ですが、シートヒーターの使い勝手&快適性に関しては、標準シートの方が優れているので、ご注意くださいね。

シートバックポケット

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートとレカロシート(RECAROシート)では、用意されている収納スペースも異なります。

標準仕様のシートでは、助手席の裏側にスマホなどを収納するのに便利な小型ポケット付きのシートバックポケットが用意されています。

■標準シートのシートバックポケット

しかし、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)には、シートバックポケットの用意がありません。

そのため、レカロシート(RECAROシート)に変更すると、後部座席の使い勝手&快適性が、少し劣るような感じが…。

このようにオプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)に変更すると、標準シートよりも収納スペースが1つ少なくなるので、ご注意くださいね。

まとめ:座り心地だけではなく、機能&装備も異なる標準シートとレカロシート

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の標準シートと、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)を比較してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの標準シートとレカロシートのまとめ

・どちらもブラック×レッドのシートを採用
・標準シートはゆったりとした座り心地
・レカロシートはフィット感&ホールド感に優れた座り心地
・シートヒーターの快適性など備わっている機能が異なる

座り心地に関しては、上半身をしっかりと固定してくれるレカロシート(RECAROシート)の方が断然良いです。

ただ、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)は、シートリフターが備わらないなどの欠点&デメリットもあります。

また、オプションで用意されているレカロシート(RECAROシート)を装着すると、乗り出し価格が一気に高くなるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02