レカロシートは要注意!新型オーラ ニスモのシートヒーターの魅力&注意点を徹底解説

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、メーカーオプションでシートヒーターを用意しています。

ただ、標準で備わっているシートとオプションで用意されてるレカロシートでは、シートヒーターの快適性&心地良さに大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されているシートヒーターは、どのようなデザイン&使い勝手をしているのでしょうか?また、標準シートとレカロシートでは、シートヒーターの快適性や使い心地に、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているシートヒーターの特徴や魅力、注意点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのシートヒーター【デザイン&使い勝手をチェック】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているシートヒーターは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモのシートヒーター

2段階から温度を調節できるシートヒーターを用意

今回デビューを果たした新型モデルは、2段階から温度を調節することができるシートヒーターを運転席と助手席に用意しています。

■シートヒーターOFFの時

■シートヒーターLow(低い)の時

■シートヒーターをHigh(高い)の時

シートヒータースイッチは、エアコンパネルの左右に備わっており、運転席側/助手席側どちらからでも手が届きやすくなっているのが、好印象でした。

レカロシートにもシートヒーターは装着可能

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、標準仕様のファブリック×合成レザーのコンビシートだけではなく、オプションで用意されているレカロシートにもシートヒーターを装着することができます。

■オプションで用意されているレカロシート

ただ、後ほど詳しく紹介しますが、標準仕様のコンビシートとオプションのレカロシートでは、シートヒーターの快適性が異なるので、ご注意くださいね。

オプション価格は高め

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のシートヒーターは、単体のオプションではなく、寒冷地仕様のセットオプションとして用意されています。

そのため、オプション価格が5万7200円と高めの設定になっていました。

シートヒーターの装着でハンドルのデザインも変わる

また、メーカーオプションで用意されているシートヒーターを装着した時の注目ポイントの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、スポーツモデルらしいアルカンターラ素材のハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型オーラ ニスモの標準仕様のハンドル

ただ、この新型モデルは、メーカーオプションで用意されているシートヒーターを装着すると、ステアリングヒーターもセットで付いてくることもあり、パンチング加工が施された本革巻きのハンドル・ステアリングホイールに変更。

■シートヒーターを装着時の新型オーラ ニスモのハンドル

シートヒーターを装着すると、ハンドルの見た目の雰囲気や握り心地が変わるので、ご注意くださいね。

新型オーラ ニスモのシートヒーター【快適性&使い心地をチェック】

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベース車のオーラ(AURA)と同様、座面だけではなく、背もたれも温めてくれるシートヒーターを備えています。

ただ、この新型モデルの標準仕様のシートとオプションで用意されているレカロシートでは、背もたれから伝わってくる温もりに差が…。

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のシートヒーターは、標準シートとレカロシートでどのような違いがあるのでしょうか?

体全体をポカポカと温めてくれる標準シート

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、肩口に合成レザーをあしらった標準シートとスポーツモデルらしいホールド感が楽しめるレカロシートが用意されているますが、標準仕様のシートの方がシートヒーターの良さを存分に味わえます。

この新型モデルの標準シートに備わっているシートヒーターは、背もたれのファブリック部分全体を温めてくれます。

そのおかげもあり、標準シートのシートヒーターを使用すると、じんわりとした温かさが体全体を優しく包み込んでくれる快適な座り心地に…。

また、シートヒーターの温度をLO(低く)にしても、温もりを体全体でしっかりと感じることができるのも、標準シートに備わっているシートヒーターの良いところの一つなのかなと思いました。

腰まわりを重点的に温めてくれるシートヒーター

一方、オプションで用意されている新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のレカロシートのシートヒーターの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

標準シートのシートヒーター同様、レカロシートのシートヒーターも、座面全体を温めてくれます。なので、お尻や足回りに関しては、レカロシートでも十分にシートヒーターの温かさを感じます。

ただ、オプションで用意されているレカロシートは、標準シートのように背もたれ全体を温めてくれるのではなく、腰当たりまでとなっています。

そのため、レカロシートに用意されているシートヒーターは、ポカポカとした温もりが全身を優しく包み込んでくれる感じはなく、腰まわりをピンポイントで温めているような使い心地に…。

座り心地にこだわったスポーツ仕様のレカロシートでも、シートヒーターがしっかりと備わっているのは、非常に良いです。

ただ、シートヒーターの快適性に関しては、背中全体を温めてくれる標準シートの方がワンランクもツーランクも上なのかなと思ってしまいました。

まとめ:シートによって快適性が異なる新型オーラ ニスモのシートヒーター

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に用意されているシートヒーターのデザインや使い勝手、快適性を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラのシートヒーターのまとめ

・シートヒーターはメーカーオプションで用意
・2段階で温度を調整できるシートヒーターを用意
・オプション価格は5万7200円
・標準シートとレカロシートで使い心地が異なる

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、標準シートだけではなく、オプションで用意されているレカロシートにもシートヒーターを装着することができます。

ただ、標準仕様のシートとオプションのレカロシートでは、シートヒーターの快適性&心地よさが異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02