【NISMOは意外とお得】新型オーラ ニスモとオーラの見積もりを比較

内外装にあしらわれたNISMO専用アイテムやキビキビとした走りなど、2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースのにはない様々な魅力があります。

ただ、この2台のモデルの見積もりをもらって乗り出し価格を見比べてみたところ、乗り出し価格の差は、思ったよりも小さくてビックリしました。

これだったら、ベースのオーラ(AURA)よりもNISMOの方がお得かもしれません。

今回デビューを果たした新型モデルの見積もり金額は、どれくらいだったのでしょうか?また、ベースモデルのオーラ(AURA)との乗り出し価格の差は、どれくらいだったのでしょうか?

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の見積もりを貰ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモの見積もりを公開【乗り出し価格はいくら?】

こちらが、今回私がもらってきた新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の見積もりです。

■新型オーラ ニスモの見積もり

ボディカラーはホワイト×ブラックのツートンを選択

2021年10月にデビューを果たしたこの新型モデルは、モノトーン2色、ツートンカラー4色、合計6色のボディカラーを用意しています。

どのボディカラーも魅力的だったのですが、今回は、レッドラインがキレイに映えるピュアホワイトパール×スーパーブラックのツートンカラーを選択。

■新型オーラニスモのホワイト×ブラックのツートンカラー

ちなみに、ピュアホワイトパール×スーパーブラックは有料色となっており、オーラ(AURA)円の特別塗装料が掛かりました。

メーカーオプションはフル装備

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のメーカーオプションは、ベースのオーラ(AURA)と同様、プロパイロット機能や純正ナビがセットになったオプションと、寒冷地仕様のアイテムがセットにセットになったオプションの2種類を用意しています。

■新型オーラ ニスモに用意されているメーカーオプション

この新型モデルのメーカーオプションの価格の高さは少し気になるところでしたが、せっかくなので、どちらのオプションも装着してもらいました。

ディーラーオプションは基本的なアイテムのみ

メーカーオプションに関しては、すべてのアイテムを装着してもらったのですが、ディーラーオプションは、ドライブレコーダーやボディコーティングなど基本的なアイテムのみを装着してもらいました。

■今回の見積もりで装着をしたディーラーオプション

ただ、フロアマットやサインバイザーに関しては、せっかくなのでNISMO専用デザインのものにしてもらいました。

■NISMO専用デザインのフロアマット

新型オーラ ニスモの乗り出し価格は約387万円

このようなメーカーオプション&ディーラーオプションを備えた時の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の乗り出し価格は、いくらになったのでしょうか?

私がもらった見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの見積もり金額の詳細

今回私が作ってもらった見積もりの乗り出し価格は、約387万円。

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、走りにこだわったスポーツモデルです。しかも、プロパイロット機能や純正ナビなどのメーカーオプションをフル装備しています。

■新型オーラ ニスモの純正ナビ

一見すると高く感じてしまうこの新型モデルの乗り出し価格ですが、備わっている機能や装備を考えると、このくらいの乗り出し価格になってしまうのは、仕方のないことなのかもしれませんね。

ベース車のオーラの見積もり【新型オーラ ニスモとの乗り出し価格の差は?】

乗り出し価格だけを見ると高く感じてしまう新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、ベースモデルのオーラ(AURA)との価格差は、どれくらいあったのでしょうか?

こちらが、この新型モデルのベースになっているオーラ(AURA)の見積もり金額です。

■オーラの見積もり

ベースモデルのオーラ(AURA)は、ファブリック×合成レザーのコンビシートを採用したGグレードと、本革シートを標準装備しているGレザーエディションの2つのグレードを用意しています。

ただ、今回は、最上位モデルに位置をするGレザーエディションの見積もりを貰いました。

また、メーカーオプション&ディーラーオプションに関しても、できるだけ同じものを装着するようお願いしました。

■今回のオーラの見積もりで装着をしたメーカーオプション

■今回のオーラの見積もりで装着したディーラーオプション

ただ、NISMOに用意されていないヘッドレスト一体型スピーカー”BOSEパーソナルプラスサウンドシステム”が、オーラ(AURA)のメーカーオプションには含まれています。

■オーラのBOSEパーソナルプラスサウンドシステム

そのため、オーラ(AURA)のメーカーオプション価格は、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)よりも少し高くなっていました。

オーラの乗り出し価格は約377万円

できるだけ新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)と同じ条件にしてもらった時のオーラ(AURA)のGレザーエディションの乗り出し価格は、このようになっていました。

■オーラの見積もり金額の詳細

私がもらったオーラ(AURA)の最上位モデル”Gレザーエディション”の乗り出し価格は、約377万円。


2021年8月にデビューを果たしたオーラ(AURA)は、プレミアムコンパクトカーを謳っているだけあって、乗り出し価格もかなり”良いお値段”になっていました。

新型オーラ ニスモとオーラの乗り出し価格の差は約10万円

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とオーラ(AURA)の乗り出し価格の差を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモとオーラの乗り出し価格の差

今回デビューを果たした新型モデルとオーラ(AURA)の乗り出し価格の差は、約10万円。

思ったよりもこの2台のモデルの乗り出し価格の差は小さいですよね。

これくらいの価格差なら、気持ち良い走りを楽しむことができる新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を選ぶ価値は十分にあるのかなと思いました。

まとめ:思ったよりもお得感がある新型オーラ ニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベースモデルのオーラ(AURA)の見積もり金額を比較してみたところ、このようになっていました。

■新型オーラ ニスモの乗り出し価格のまとめ

・新型オーラ ニスモの乗り出し価格は約387万円
・ベースモデルのオーラの乗り出し価格は約377万円
・オーラとの乗り出し価格の差は約10万円

今回デビューを果たしたこの新型モデルとベースモデルのオーラ(AURA)の最上位グレード”Gレザーエディション”の乗り出し価格の差は、約10万円。

この2台のモデルの機能や装備を見比べると、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、かなりお得な感じが…。

これくらいの価格差なら、ベースモデルのオーラ(AURA)ではなく、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を購入した方が満足感が高くて良いのかなと思ってしまいました。

ちなみに、今回デビューを果たしたニスモ(NISMO)は人気が高いと言うこともあり、まだまだ値引きは厳しめです。なので、この新型モデルを購入する際は、しっかりと値引き交渉をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02