内装はココが違う!新型カローラツーリング/セダンのHVとガソリンの車内を比較

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンに用意されているハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、エンブレムのカラーなど違いがあります。

また、メーターのデザインなど内装・インテリアに関しても、ハイブリッド車とガソリン車で意外な違いが…

2019年9月にデビューをしたこの新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2台のモデルの内装は、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、新型カローラ ツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車の内装をチェック

2019年9月にデビューを果たした新型カローラ ツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■ハイブリッド車の内装
グレード:WxB(ダブルバイビー)

■ガソリン車の内装
グレード:WxB(ダブルバイビー)

今回はハイブリッド車とガソリン車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”同士を見比べてみたのですが、本革巻きのハンドルやストレートゲート方式のシフトレバーなど、基本的なインパネのデザインは全く同じになっています。

■WxBに標準装備のハンドル

■WxBのシフトレバー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車は、シートのデザインや座り心地も全く同じになっていました。

■ハイブリッド車のシート
グレード:WxB(ダブルバイビー)

■ガソリン車のシート
グレード:WxB(ダブルバイビー)

なので、パッと見た感じでは、ハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアにそれほど大きな違いがあるようには、感じませんでした。

新型カローラツーリング/セダンの内装【ハイブリッド車とガソリン車の違いとは?】

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの内装・インテリアを隅々まで確認してみると、次のようなアイテムや機能、装備に違いがありました。

そんな新型モデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

違い1:メーター

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング/セダンの内装・インテリアの違いの一つが、メーターのデザインです。

■ハイブリッド車のメーター

■ガソリン車のメーター

どちらのモデルもスピードメーターとタコメーター、ガソリンタンクの残量計を配した3眼式となっており、同じデザインのように感じるかもしれません。

ただ、この2台のモデルでは、タコメーターに若干の違いが…。

■ハイブリッド車のタコメーター

■ガソリン車のタコメーター

電気のみで走行することができるハイブリッド車では、タコメーターにエンジンが駆動していないことを表す【OFF】の目盛りを用意。

一方、ガソリン車では、【OFF】の目盛りは用意されていません。

【OFF】の目盛りを備えたタコメーターと言うのは、ちょっと珍しいですよね。

教えて貰わないと気付かないくらいのかなり小さな違いですが、この新型モデルを試乗をする際は、ぜひともこのメーターの違いにも注目をしてみてくださいね。

違い2:シフトレバー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、ハイブリッド車/ガソリン車どちらもストレートゲート式のシフトレバーを標準装備しているのですが、使い勝手や用意されているレンジが多少異なります。

7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用しているガソリン車では、任意でシフトアップ/シフトダウンを行えるマニュアルモードを用意しています。

■ガソリン車のシフトポジション

一方、ハイブリッド車では、任意でシフトアップ/シフトダウンを行えるマニュアルモードを用意してません。その代わりに、ハイブリッド車では、長い下り坂でエンジンブレーキを掛けたい時に使用する”B(ブレーキ)レンジ”を用意。

■ハイブリッド車のシフトポジジョン

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルはパドルシフトの用意が無いのは少々残念でしたが、キビキビとした運転を楽しみたい方は、マニュアルモードを備えているガソリン車の方が良いかもしれませんね。

違い3:プッシュ式のエンジンスターター

この新型カローラ ツーリング/セダンルでは、ハンドルの左側にプッシュ式のエンジンスターターが用意されているのですが、ハイブリッド車とガソリン車でカラーが異なります。

ハイブリッド車は爽やかなブルーになっているのに対し、ガソリン車は引き締まった印象のあるブラックに…。

■ハイブリッド車のスターター

■ガソリン車のスターター

このように見比べると、カラーが異なるだけで印象が大きく変わりますよね。

このカラーが異なるエンジンスターターは、ハイブリッド車とガソリン車の違いを実感できる貴重なアイテムなのかなと思いました。

違い4:エアコンの機能

2019年9月にデビューをした新型カローラ ツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車で大きく異なるのは、エアコン/ヒーターの機能性です。

この新型モデルではハイブリッド車のみ、乗員のいる位置だけを空調を効かせる”S-FLOW機能”を採用。

そのため、ハイブリッド車とガソリン車では、インパネ中央に用意されている空調コントロールパネルのスイッチに若干の違いがありました。

■ガソリン車の空調コントロールパネル 

■ハイブリッド車の空調コントロールパネル

ちなみに、この新型モデルのエアコンの使い勝手や快適性に関しては、こちらの記事にまとめています。後部座席にエアコンの送風口が良いされているか?など、エアコンの使い勝手や機能性が気になる方は、コチラの記事を確認してみてくださいね。

違い5:USBポートの数

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車では、USBポートの数に違いがあります。

ハイブリッド車は、全グレード共通でUSBポートを3つ用意しています。

しかし、ガソリン車では、USBポートを3つ用意しているのは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみ。ガソリン車のそれ以外のグレードは、1つしかUSBポートを装着できません。

このようにハイブリッド車とガソリン車では、スマホやiPhoneなどを充電するのに助かるUSBポートの数に違いがあるので、ご注意くださいね。

まとめ:ハイブリッド車とガソリン車では、車内の快適性&居心地の良さに大きな差がある

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのハイブリッド車とガソリン車の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

この2台のモデルの内装・インテリアの基本的なデザインは同じようになっているこの2台のモデルですが、メーターやエンジンスターターのカラーなどに違いが…。

また、車内の快適性・居心地の良さに関しては、S-FLOW機能付きのエアコン/ヒーターや十分な数のUSBを用意しているハイブリッド車の方が一枚も二枚も上手なのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラのステーションワゴン仕様”ツーリング(Touring)”では、ハイブリッド車とガソリン車では荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする