新型カローラツーリングのドリンクホルダー【個数&配置場所、使い勝手を徹底解剖】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、ファミリカーとしては、収納スペースが少ないです。

そんな新型モデルで飲み物を置くスペースとしてだけではなく、スマホ/iPhoneの置き場や小物入れとしても活用することができるドリンクホルダーは貴重な収納スペースです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、ドリンクホルダーをいくつ用意していたのでしょうか?また、設置場所や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のドリンクホルダーの数や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングのドリンクホルダーはいくつ用意されている?

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのステーションワゴン新型カローラ ツーリング(Collora Touring)ですが、車内に用意されているドリンクホルダーの数を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型カローラツーリングのドリンクホルダーの数

運転席まわり 4個
後部座席まわり 4個
ドリンクホルダー合計 8個

セダン車タイプの新型カローラ(Corolla)では、グレードによってドリンクホルダーの数に違いがありました。しかし、ステーションワゴン使用のツーリング(Touring)では、全グレード共通して8個のドリンクホルダーを標準装備。

このクルマの乗車人数は5人なので、乗車した人が一つずつドリンクホルダーを使用しても、3つ余る計算に…。

これだけの数のドリンクホルダーを用意していれば、普段使いで困ることはないのかなと思いました。

新型カローラツーリングの運転席まわりのドリンクホルダーの配置場所&使い勝手をチェック

このように十分な数のドリンクホルダーを備えている新型カローラ ツーリング(Collora Touring)ですが、運転席まわりのどこにドリンクホルダーを用意していたのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルの運転席まわりでは、センターコンソール(シフトレバーの後方)とドア内側パネルの下段にそれぞれ2つずつ、合計4つのドリンクホルダーを用意。

■運転席まわりのドリンクホルダー

センタコンソール…2個
ドア内側パネル   …2個

ただ、運転席まわりに用意されているドリンクホルダーの数は配置場所は良かったのですが、使い勝手に関しては、少々気になるところも…。

そんな新型モデルの運転席まわりのドリンクホルダーの使い勝手を紹介します。

センタコンソールのドリンクホルダーの使い勝手

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のセンターコンソールに用意されているドリンクホルダーは、このようなデザインになっています。

■センターコンソールのドリンクホルダー

縦に2つ並ぶデザインになっているセンターコンソール部分のドリンクホルダーは中央部分を凹ませて、充電中のスマホやiPhoneを収納するのに便利な形に…。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のセンターコンソールに用意されているドリンクホルダーには、置いたドリンクを固定するためのストッパーの用意は無し。

なので、このスペースにドリンクを置いたまま運転をすると、ガタガタと音がします。

また、この新型モデルのドリンクホルダーにはラバーマットなどの用意もなく、スマホやiPhoneを置くと車内に細かな傷がつきそうなところも気になるところでした。

ちなみに、メーカーオプション設定になっているイルミネーションライトを装着すると、センターコンソールに用意されているドリンクホルダーの内部がブルーに光るようになっていました。

ドア内側パネルのドリンクホルダーの使い勝手

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、左右のフロントドアの内側パネル下部にペットボトル専用のドリンクホルダーを用意していました。

■ドア内側パネル(フロントドア)

このスペースにペットボトルを収納してみると、このような感じに…。

大きく張り出したドアハンドルが少し気になりますが、ドリンクホルダーの上空のスペースを広めに確保しているため、ドリンクの出し入れは比較的スムーズに行えます。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、運転席周りの居住スペースが広めに確保されており、ストレスを感じること無く足元からサッとドリンクを取り出せるようになっていたのも好印象でした。

新型カローラツーリングの後部座席まわりのドリンクホルダーの配置場所&使い勝手をチェック

一方、新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席まわりのドリンクホルダーは、どこに用意されていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席に用意されているドリンクホルダーの場所を確認してみたところ、次の2カ所に用意されていました。

■新型カローラツーリングのドリンクホルダーの場所

センターアームレスト…2個
ドア内側パネル         …2個

運転席まわりのドリンクホルダーの使い勝手は色々と気になるところがありましたが、後部座席まわりのドリンクホルダーに関しては、思った以上に使い勝手は良いように感じました。

そんな新型モデルの後部座席まわりのドリンクホルダーの使い勝手を詳しく紹介したいと思います。

センターアームレストのドリンクホルダーの使い勝手

新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席のセンターアームレストに備わるドリンクホルダーは、このようなデザインになっています。

■後部座席の中央に用意されているドリンクホルダー

この新型モデルの後部座席のドリンクホルダーは、センターアームレストの前方部分に2つの穴を開けたシンプルなデザインになっています。

ただ、この新型モデルのセンターコンソールは頑丈な作りになっているため、予想以上の安定感が…。このようにドリンクを置いても、センターアームレストは、ビシッと垂直状態をキープしてくれます。

また、このクルマのセンターアームレストは高さがちょうど良く、寛いだ姿勢のままドリンクにサッと手が届くようになっていたのが、とても良かったです。

後部座席のドア内側パネルのドリンクホルダーの使い勝手

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■後部座席のドア内側パネル

 

ドア内側パネルの下部にドリンクホルダーを備えているクルマもありますが、今回新発売をした新型モデルの後部座席では、アームレスト部分にドリンクホルダーを配置。

この位置にドリンクホルダーが設置されているのは、大正解。

このクルマの後部座席の足元空間が狭めなので、ドア内側パネルの下部ではなくアームレスト部分にドリンクホルダーを設置したのは、とても良いアイディアだと思いました。

まとめ:新型カローラツーリングのドリンクホルダーは十分に満足できるレベル

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタのステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”では、運転席と後部座席まわり併せて8つのドリンクホルダーを標準装備していました。

置いた飲み物を固定するストッパーの用意がないなど、色々と気になる部分はありましたが、使い勝手は概ね良好。特に後部座席まわりのドリンクホルダーの使い勝手の良さは、目を見張るものがありました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、貴重な収納スペースの一つでもあるドリンクホルダーの使い勝手もしっかりと確認するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする