居心地は良い!?新型カローラツーリングの後部座席の機能&装備をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たしたトヨタの新型カローラ ツーリング(Collora Touring)をファミリカーとして使用しようと考えている人にとって気になるのは、後部座席まわりの機能や装備の充実度ですよね。

最近、USBを用意するなど、後部座席まわりの機能や装備にもチカラを入れているクルマが増えてきましたが、この新型モデルは、どうだったのでしょうか?後部座席まわりの機能や装備も充実していて、快適に過ごせるようになっていたのでしょうか?

2019年9月にデビューを果たした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席のデザイン、機能や装備の充実度などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングの後部座席のデザインをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをしたトヨタのステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型カローラツーリングの後部座席

この新型モデルでは、左右独立して背もたれを収納することができる6対4分割方式の後部座席を全グレードに標準装備。

また、シートの背もたれや座面には凹凸感を持たせて、ホールド感やフィット感を高めた設計に…。

ただ、この新型モデルは先代モデルよりも車高が低くなっているため、頭上空間(ヘッドクリアランス)のゆとりが減り、先代モデルよりも圧迫感が強めに…。また、足元空間(ニークリアランス)の狭さも気になるところでした。

センターアームレストを全グレードに標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、引き下ろして使用するセンターアームレストを全グレードに標準装備。

■新型カローラツーリングのセンターアームレスト

新型カローラのセダン車の後部座席用のセンターアームレストは位置が低く、手前にダラリと下がった設計に…。なので、使い勝手は、それほど良くありませんでした。

しかし、ステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”のセンターアームレストは、垂直をしっかりとキープをしてくれる頑丈な作りに…。また、高さもちょうど良く、セダン車よりも快適で使い勝手の良いセンターアームレストになっていました。

新型カローラツーリングの後部座席まわりの機能や装備をチェック

2019年フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の後部座席はオーソドックスなデザインになっていましたが、後部座席まわりに用意されている機能や装備は、グレードによって若干の違いがありました。

そんな新型モデルの後部座席まわりの装備や機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

シートバックポケットが用意されているのは上位モデルのみ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、助手席側に雑誌や地図などを収納するのに便利なシートバックポケットを用意しています。

■新型カローラツーリングのシートバックポケット

ただ、助手席側のシートバックポケットが用意されているのは、中間モデルの”Sグレード”と最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみ。最廉価モデルの”GXグレード”には、シートバックポケットは用意されていません。

ちょっとこれは、残念ですよね。

シートバックポケットは使用頻度の高い収納スペースではありませんが、このクルマの車格のことを考えると、全グレードに標準装備してもよかったのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、シートバックポケットが用意されているのは、助手席側のみとなっています。運転席側にシートバックポケットの用意はないので、ご注意くださいね。

後部座席用のエアコンの送付口の用意は無し

クルマによっては、センターコンソールの後方に後部座席用のエアコン/ヒーターの送風口を用意しているものもあります。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のセンターコンソールの後方にエアコン/ヒーターの用意はなく、このようなデザインの小さな収納ボックスに…。

■センターコンソール後方に用意されている収納ボックス

車体の大きさを考えると、後部座席にエアコン/ヒーターの送風口の用意がないのは、ちょっと残念ですよね。

せめて最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、収納ボックスではなく、エアコン/ヒーターの送風口を用意しても良かったのかなと思いました。

ドリンクホルダーは全グレードに標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、ドア内側パネルとセンターアームレスト部分に2個ずつ、合計4つのドリンクホルダーを標準装備しています。

■ドア内側パネルのドリンクホルダー

■センターアームレストのドリンクホルダー

これだけの数があれば、十分ですよね。

また、この新型モデルのセンターアームレストはしっかりとした設計となっており、飲み物を置いた時の安定感があるのも嬉しいポイントの一つでした。

後部座席用のUSBポートの用意はグレードで異なる

徐々に後部座席にUSBポートを装着するクルマも増えてきましたが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、グレード別の設定となっています。

■後部座席用のUSBポートが用意されているグレード

・ハイブリッド WxB
・ハイブリッド Sグレード
・ハイブリッド GXグレード
・ガソリン車 WxB

これらのグレードでは、センターコンソールの後方下部に2.1Aの急速充電対応のUSBポートを2つ用意。

■新型カローラツーリングの後部座席用USBポート

ドライバーや他の同乗者を気にすることなくUSBポートを気軽に使用できるのは、かなり助かりますよね。

後部座席の快適性や居心地の良さを考えると、USBポートが標準装備されているハイブリッド車かガソリン車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”がやはり良いのかなと、実車を見て思いました。

まとめ:新型カローラツーリングはグレードによって、後部座席の機能や装備が異なる

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の基本的な後部座席のデザインは、全グレード同じになっています。

ただ、USBポートやシートバックポケットなど、後部座席まわりの機能や装備がグレードによって大きく異なります。

このように今回デビューを果たした新型モデルはグレードによって、後部座席まわりの機能や装備の充実度が大きく異なるので、ファミリカーとしてこのクルマを購入しようと考えている方は、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする