使い勝手が違う!?新型カローラツーリング/セダンのスマートキーを比較

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラツーリング/セダンの上位モデルでは、携帯しているだけでドアロックやエンジンを始動することができるスマートキーを標準装備しています。

ただ、ツーリング(Touring)とセダン(Sedan)では、スマートキーの使い勝手&デザインに違いが…。

フルモデルチェンジをしてデビューをした新型モデルに用意されているスマートキーは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ツーリング(Touring)とセダン(Sedan)のスマートキーは、どんな違いがあったのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした新型カローラツーリング/セダンに用意されているスマートキーのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ セダンのスマートキーのデザインをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ(Corolla)のセダン車のスマートキーは、このようなデザインになっています。

■新型カローラセダンのスマートキー

今回新発売された新型モデルに採用されているスマートキーは、RAV4やプリウス(Prius)など他のトヨタ車と共通のデザインに…。

ただ、この新型モデルのスマートきのーの表面には、”カローラ(Corolla)”のエンブレムが刻印されており、特別感を演出したデザインになっていました。

スマートキーのサイズは大きめ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ新型カローラ セダン(Corolla Sedan)に採用されているスマートキーのサイズは指2本分くらいのサイズがあり、若干大きめ…。また、厚みもあります。

■新型カローラセダンのスマートキー

長さ:約700mm
横幅:約400mm
厚み:約150mm
※横幅は最大部分で計測

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのスマートキーのサイズは大きく、ポケットに入れるとゴワゴワとするため、ポケットに入れて携帯するよりも、鞄(カバン)などに入れて置く方が良いのかなと思いました。

新型カローラセダンのスマートキーにはどんなボタンを搭載?

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ新型カローラ セダン(Corolla Sedan)のスマートキーの裏面は、このようなデザインになっています。

■カローラセダンのスマートキーの裏面

セダン車のスマートキーの裏面には、ドアをロック/アンロックするスイッチの他に荷室・トランクを自動開閉するスイッチも標準装備。

手元にあるスマートキーで簡単に荷室・ラゲッジスペースの扉を開閉できるのは、嬉しいですよね。

このように便利な機能が備わっているのも、新型セダン(SEDAN)のスマートキーの特徴&魅力の一つでした。

新型カローラツーリングのスマートキーをチェック

一方、ステーションワゴン仕様の新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のスマートキーのデザインは、どのようになっていたのでしょうか?

こちらが新型ツーリング(Touring)のスマートキーです。

■新型カローラツーリングのスマートキー

スマートキーの基本的なデザインやサイズ(大きさ)は、新型カローラセダン(Corolla Sedan)と全く同じになっています。

また、”カローラ(Corolla)”のロゴがスマートキーの表面に刻まれているのも同じです。

ただ、新型ツーリング(Touring)は、セダン車と異なる専用のエンブレムがあるんですよね。

■ツーリングのエンブレム

個人的には、クルマに刻印されている”ツーリング”のエンブレムをスマートキーにも転用して、セダン車とは異なる専用デザインにして特別感を演出しても良かったのかなと思いました。

ボタンの使い勝手もセダンと異なる

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のスマートキーは、裏面もセダン車と異なります。

■ツーリングのスマートキーの裏面

新型セダン(SEDAN)では、荷室・トランクを開閉することができるボタンを用意していましたが、ステーションワゴン仕様のツーリング(Touring)のスマートキーには、荷室開閉スイッチに用意は無し。

…と、言いますのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)では、スイッチ一つで荷室・ラゲッジルームのゲートを開け閉めすることができる”パワーバックドア”を全グレード用意しておらず、手動で開け閉めする仕様に…。

この新型ツーリング(Touring)のテールゲートのグリップの位置は約1830mmと低めの位置に設定されているため、小柄な女性でも背伸びをせずに手が届く位置になっています。

ただ、テールゲートを開け閉めをする煩わしさを考えたら、スイッチ一つで開け閉めすることができるパワーバックドア”を用意しても良かったのかなと思いました。

まとめ:新型カローラはツーリングとセダンでスマートキーの使い勝手が異なる

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ(Corolla)のツーリングとセダンのスマートキーは、それぞれこのようなデザインになっていました。

ツーリングとセダンでは、スマートキーのデザインは同じになっていましたが、裏面のボタンの使い勝手に違いが…。

兄弟車に位置をする新型カローラのツーリング(Touring)とセダン(Sedan)ですが、スマートキーの使い勝手に関しては、荷室の開閉スイッチを備えているセダン車の方が良いように感じました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ(Corolla)のツーリングとセダンでは、スマートキーのデザイン&使い勝手だけではなく、内装・インテリアも違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする