新型カローラツーリング/セダンのセンターコンソールはグレードで違う【実車画像レビュー】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンは、センターコンソールボックスを全グレード標準装備しています。

ただ、このクルマに用意されているセンターコンソールボックスの使い勝手や表皮は、グレードによって大きな違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルのセンターコンソールボックスは、どのようなデザインになっていたのか?また、グレードによって、どんな違いがあったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売した新型カローラ ツーリング/セダンのセンターコンソールボックスのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンのセンターコンソールボックスをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンのセンターコンソールボックスは、このようなデザインになっています。

■新型カローラツーリング/セダンのセンターコンソールボックス

前後に開け閉めするタイプになっているこの新型モデルのセンターコンソールボックスを開けてみると、このような感じに…。

ボックスの大きさはそれ程大きくなく、CDのケースを斜めにして収納できるくらいのコンパクトサイズに…。また、先代モデルに用意されていた小物用のトレイが用意されていないのも、少々残念でした。

センターコンソールボックス内にはUSBとアクセサリーソケットを用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのセンターコンソールボックスには、スマホやiPhoneなどを充電するための2.1Aまで対応のUSBポートと12V/120Wまで対応のアクセサリーソケットを全グレードに標準装備。

■新型カローラツーリング/セダンのUSBとアクセサリーソケット

センターコンソールの前方には、USBなどのケーブルを通すための凹みがあり、使い勝手も考慮したデザインになっているのも好印象でした。

ちなみに、この新型モデルのUSBを使った時の様子や使い勝手は、コチラの記事にまとめてあります。

このクルマのUSBの使い勝手についてもっと詳しく知りたい方は、上記の記事を確認してみてください。

新型カローラツーリング/セダンのセンターコンソールボックス【グレードでどこが違う!?】

このようなデザインになっている新型カローラ ツーリング/セダンのセンターコンソールボックスですが、グレードによって、使い勝手やアームレストと使用できる表皮の素材が異なります。

この新型モデルの各グレードのセンターコンソールボックスは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?実車画像を使って、この新型モデルのそれぞれのグレードのセンターコンソールボックスを紹介したいと思います。

最廉価モデル”GXグレード”のセンターコンソールボックス

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最廉価モデル”GXグレード”に用意されているセンターコンソールボックスは、このようなデザインになっています。

■GXグレードのセンターコンソールボックス

最廉価モデルのセンターコンソールボックスの表皮は、シートと同じファブリック素材を採用。そのため、少しザラザラとした肌触りに…。

ボックス内にはUSBポートとアクセサリーソケットの用意はあるものの、センターアームレストを前後にスライドできる機能の用意はなく、他のグレードと比較してシンプルなデザインのセンターコンソールボックスとなっていました。

中間モデル”Sグレード”のセンターコンソールボックス

新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデルに位置をする”Sグレード”のセンターコンソールボックスは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのセンターコンソールボックス

センターコンソールボックスのリッドの部分を覆っている表皮は、最廉価モデルの”GXグレード”と同じファブリック素材となっています。

なので、見た目の高級感や上質感はイマイチです。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”とは異なり、”Sグレード”のセンターコンソールボックスの蓋の部分は前後にスライドできるようになっており、アームレストとしての機能性がグンと高まっていました。

■通常時のセンターコンソールボックス

■センターコンソールボックスの蓋を前方にスライドした時の様子

最上位モデル”WxB”のセンターコンソールボックス

一方、新型カローラ ツーリング/セダンの最上位に位置をする”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているセンターコンソールボックスは、こようなデザインになっていました。

■最上位モデル”WxB”のセンターコンソールボックス

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は他の2つのグレードとは異なり、高級感のある合成レザー素材をセンターコンソールボックスの表面に採用。センターコンソールのサイドにあしらわれているブラウンのステッチも良いワンポイントアクセントになっています。

また、センタコンソールボックスのリッド(蓋)部分が前後にスライドする機能も備えており、使い勝手に優れたデザインになっていました。

■通常時のセンターコンソールボックス

■センターコンソールボックスの蓋を前方にスライドした時の様子

まとめ:センターコンソールボックスの使い勝手の違いも要注意

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンのセンターコンソールボックスは、このようなデザインになっていました。

USBやアクセサリーソケットを備えるなどボックス内の機能やサイズは、全グレード共通となっています。

ただ、センターコンソールボックスを覆う表皮やリッド(蓋)の作りに違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの内装・インテリアはグレードによって見た目のデザインや機能性に大きな差がありますが、センターコンソールボックスの使い勝手にも差があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする