新型カローラセダンのUSBはグレードで違う!個数と使い勝手を徹底解剖

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、スマホやiPhone、タブレット端末などを充電するに便利なUSBポートが全グレードに標準装備されています。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”だけではなく、最廉価モデルの”GXグレード”でもUSBポートが標準装備されているのは、かなりポイントが高いですよね。

ただ、この新型モデルのUSBポートの数は、グレードによって異なります。

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、各グレードそれぞれいくつのUSBポートを用意していたのでしょうか?また、このUSBポートの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

新型セダン車に用意されているUSBポートの数や使い勝手を、グレード別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンのWxBのUSBをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているUSBポートの数&配置は、このようになっています。

■WxBのUSBポートの数と配置場所

センターコンソールボックス内 1個
ダッシュボード中央 1個
センターコンソール後方 2個

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデルでは、運転席まわり/後部座席まわりあわせて4個のUSBポートを用意していました。

フロントシート用のUSBはセンターコンソール内に設置

この新型モデルの最上位”WxB(ダブルバイビー)”では、フロントシートに座るためのUSBポートをセンターコンソールボックス内に1つ用意。

■センターコンソールボックス内のUSB

センターコンソールボックス内に用意されているUSBポートは2.1Aまで対応しており、短時間でスマホやiPhoneなどを充電できるようになっているのは嬉しいですよね。

ただ、個人的には、ドライブ中にUSBポートの取り合いにならないように、運転席用と助手席用それぞれ1つずつ用意しても良かったのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、メーカーオプションで”おくだけ充電”を用意しています。

■メーカーオプションのおくだけ充電

“おくだけ充電”のオプション価格は1万3200円とリーズナブルですし、また、ケーブルとスマホ/iPhoneを接続する手間も省けます。車内でスマホやiPhoneなどを充電する機会が多い方は、”おくだけ充電”の装着を検討してみても良いかもしれませんね。

ダッシュボード中央のUSBはディスプレイオーディオ用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ダッシュボードの中央にUSBポートが用意されています。

■ダッシュボード中央のUSBポート

ただ、これはスマホやiPhoneなどを充電するためのUSBではなく、ディスプレイオーディオに接続することを目的に設置されたもの。

■新型カローラセダンのディスプレイオーディオ

なので、車内でスマホやiPhone、USBメモリーに保存されている音楽を聴く場合は、このダッシュボードの中央に設置されているUSBポートに接続して使用します。

ちなみに、このUSBポートに接続すると充電はできるようですが、急速充電に対応していないため、急速充電に対応しているセンターコンソールボックス内の方を使った方が良いようですよ。

最上位モデル”WxB”は後部座席用のUSBポートを用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、後部座席に乗車する人のためのUSBポートを2つセンターコンソールの後方に用意しています。

■センターコンソール後方のUSBポート

後部座席に乗車する人のためのUSBが用意されているのは、嬉しいですね。

しかも、後部座席に座る人のためのUSBポートもフロントシートと同様に急速充電に対応しています。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、助手席側にしかシートバックポケットが用意されていないため、USBと接続をした充電中のスマホやiPhoneを置く場所に困るのがちょっと難点です。

ただ、後部座席用のUSBが用意されているのは、このグレードの大きな魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型カローラセダンのSグレードのUSBをチェック

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルに位置をする”Sグレード”に用意されているUSBポートの数と配置場所を確認してみたところ、このようになっていました。

■SグレードのUSBポートの数と配置場所

センターコンソールボックス内 1個
ダッシュボード中央 1個

フロントシートのUSBの数&配置はWxBと同じ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”では、センターコンソール内とダッシュボード中央にそれぞれ1つずつUSBを用意しています。

■センターコンソール内のUSB

つまり、フロントシートでのUSBポートの使い勝手は、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”と全く同じになっていました。

ちなみに、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と同様に中間モデルの”Sグレード”でも、メーカーオプション設定になっている”おくだけ充電”を搭載することができますよ。

Sグレードには後部座席用のUSBポートの用意はナシ

フロントシートのUSBの数&使い勝手は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と同じだった中間モデルの”Sグレード”ですが、大きく異なるのは、後部座席まわりのUSB事情です。

最上位モデルの”WxB”では後部座席に乗る人のためのUSBポートが用意されていましたが、中間モデルの”Sグレード”では、後部座席用のUSBポートの用意は無し。また、オプションでも用意されていません。

■Sグレードのセンターコンソール後方

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルの”Sグレード”では、後部座席の中央にセンターアームレストの用意もありませんし、後部座席の快適性や居心地の良さは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”よりも圧倒的に劣るのかなと思いました。

新型カローラセダンのGXグレードのUSBをチェック

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最廉価モデル”GXグレード”では、いくつのUSBが用意されていたのでしょうか?

最廉価モデルの”GXグレード”に用意されているUSBポートの数と配置場所を確認してみたところ、次のようになっていました。

■GXグレードのUSBポートの数と配置場所

センターコンソールボックス内 1個
ダッシュボード中央 1個

USBの個数&配置場所はSグレードと同じ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最廉価モデル”GXグレード”に用意されているUSBは運転席まわりのみとなっており、基本的な中間モデルの”Sグレード”と同じになっています。

■センターコンソールボックス内のUSB

また、後部座席用のUSBポートが用意されていないのも、中間モデルの”Sグレード”と同じです。

ただ、中間モデルの”Sグレード”とは異なり、最廉価モデルの”GXグレード”では、iPhoneやスマホなどを充電するのに便利な”おくだけ充電”は装着することができないので、ご注意くださいね。

まとめ:後部座席の快適性を重要視するならWxB一択

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)のUSB事情を確認してみたところ、このようになっていました。

運転席まわりのUSBポートの数や配置は、全グレード全く同じになっていたのですが、後部座席まわりには大きな差が…。

後部座席に座る人の快適性や利便性を考えると、USBやセンターアームレストが標準装備されている最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”が一番良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする