新型カローラツーリング/セダンWxB専用タイヤのサイズ&メーカーを徹底解剖

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の注目ポイントの一つが、他のグレードよりも一回り大きく、迫力のあるタイヤ&ホイールです。

そんな”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているタイヤのサイズやメーカーは、どのようになっていたのしょうか?

新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダン WxBのタイヤ&ホイールのデザインをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■WxB(ダブルバイビー)のタイヤ&ホイール

他のグレードとは異なるダークグレーメタリック塗装のホイールを標準装備

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、3つのグレードの中で唯一ダークグレーメタリック塗装を施したアルミホイールを標準装備。

■ダークグレーメタリック塗装を施したWxBのホイール

そのおかげもあり、新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、ちょっとワイルドななサイドスタイルに…。

■新型カローラツーリングのサイドスタイル

■新型カローラ(セダン)のサイドスタイル

また、ダークグレーメタリック塗装があしらわれているサイドミラーとの相性も良く、他のグレードよりも洗練されたスタイルになっているのも好印象でした。

新型カローラツーリング/セダンのWxBのタイヤサイズをチェック

フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードよりも一回り大きいサイズのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

そんな最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールのサイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■WxBのタイヤサイズ…17インチ(215/45R17)

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

このサイズのクルマで17インチのタイヤ&ホイールを装着しているのって、かなり珍しいんですよね。競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型シャトル(Shuttle)の最上位モデルに装着されているタイヤのサイズは、16インチですし…。

■新型シャトルのサイドスタイル

他のクルマでは味わえない迫力のあるサイドスタイルになっているのは、最上位モデルのWxB(ダブルバイビー)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、新型カローラ ツーリング/セダンのカスタム仕様”モデリスタ(MODELLISTA)”では、このWxB(ダブルバイビー)よりも一回り大きい18インチのタイヤ&ホイールを用意しています。

■モデリスタ仕様のタイヤ&ホイール

個人的には、”WxB(ダブルバイビー)”に標準装備されているタイヤ&ホイールも十分ですが、サイドスタイルにもっと迫力を持たせたい方は、モデリスタ仕様のタイヤ&ホイールの装着を検討しても良いかもしれませんね。

新型カローラツーリング/セダン WxBのタイヤメーカー&ブランドは?

他のグレードよりも一回り大きい17インチサイズのタイヤ&ホイールを装着していた新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”ですが、装着しているタイヤメーカー&ブランドも専用のものとなっています。

この最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤメーカー&ブランドを確認してみたところ、次の2つのメーカーのタイヤを装着していました。

■WxBに装着されているタイヤメーカー&ブランド

・ブリヂストン トランザT002
・ヨコハマタイヤ ブルーアースGT AE51

今回フルモデルチェンジをしてい新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ブリヂストンの”トランザT200″とヨコハマタイヤの”ブルーアースGT AE51″の2つのタイヤを用意。

この”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているタイヤの供給元は異なりますが、どちらも高い高速運動性能とウェット性能に特徴があるタイヤです。

私も先日、ブリヂストンの”トランザT002″を履いたWxB(ダブルバイビー)を試乗させて貰ったのですが、乗り心地からハンドルの操舵性にいたるまで全てに違いがありました。

他のグレードよりもロードノイズが大きく感じるなどの欠点&デメリットはありますが、ハンドルを切っただけスッとノーズが入るダイレクト感溢れるスポーティーな乗り味を楽しみたい人には、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、ピッタリなモデルなのかなと思いました。

まとめ:最上位モデル”WxB”の乗り心地は、他のグレードと大きく異なる

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、他のグレードよりも一回り大きい専用デザインのタイヤ&ホイールを用意していました。

また、この”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードよりもワンランク上のハイパフォーマンスタイヤを装着。

そのおかげもあり、新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードとは全く異なる乗り心地になっていました。

この新型モデルは、グレードによって見た目のデザイン、機能や装備の違いもありますが、乗り心地も大きく異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする