新型カローラツーリング/セダンWxBのシックな内装を徹底解剖【実車画像インプレ】

トヨタの新型カローラ ツーリング/セダンの最上位に位置モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、専用デザインのシートを採用するなど、機能や装備の充実度が魅力のグレードになっています。

そのため、”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、他のグレードとは一線を画したシックな雰囲気のクルマに…。

そんな新型カローラ ツーリング/セダンの最上位グレード”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、どのような装備や機能を備えていたのでしょうか?

2019年9月にデビューを果たした新型ツーリングの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアの特徴や魅力を、実車画像を使って、徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダン”WxB(ダブルバイビー)”の内装の特徴は?

2019年9月にデビューを果たした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■WxB(ダブルバイビー)の内装・インテリア

視認性が良いスッキリとした水平基調のダッシュボードを採用するなど、基本的な内装・インテリアのデザインは、他のグレードと全く同じになっています。

ただ、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、ブラックルーフやピアノブラック調のドアハンドルを採用していることもあり、他のモデルよりもシックでスポーティな車内空間に仕上がっていました。

■WxBのブラックルーフ

■WxBのピアノブラック調のドアハンドル

WxBは専用デザインのシートを用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、他のグレードとは異なる素材を採用した専用デザインのシートを標準装備しています。

■WxBに標準装備されているシート

ちょっと変わった風合いをしている”WxB(ダブルバイビー)”のシートですが、表皮には、合成レザーと織物を専用の樹脂でコーティングをした”レイテック”を採用。

■WxBに採用されているレイテック

高級感や重厚感と言う点では、高級セダン車などに採用されている本革シートに劣りますが、”WxB(ダブルバイビー)”らしいスポーティーさとデザイン性を備えたシートになっていました。

ホワイトの内装色をオプションで用意

また、新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ブラックの内装色が標準仕様となっているのですが、メーカーオプションでホワイトの内装色に変更することが可能です。

■メーカーオプションのホワイトの内装色

ホワイトの内装色にすると、ドア内側パネルやセンターコンソール、シートのレザー部分がホワイトに…。ブラックとのコントラストがとれもキレイで、オシャレな内装・インテリアになっていました。

新型カローラツーリング/セダンのWxBの内装【運転席周りの装備やアイテムをチェック】

このように高級感あふれるデザインになっている新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアですが、機能や装備も充実しています。

そんな”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアに用意されている機能や装備を紹介したいと思います。

専用デザインのデジタルメーターを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、中央に7インチサイズの液晶ディスプレイを採用した専用デザインのデジタルメーターを採用しています。

■WxB専用デザインのデジタルメーター

中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”に採用されているオーソドックスなアナログメーターと比較すると、先進性のあるデザインに…。

また、スピードメーターをデジタル表示とアナログ表示を切り替えることができるのも、この”WxB(ダブルバイビー)”のメーターの醍醐味の一つですよ。

フロントガラスに様々な情報を映し出すヘッドアップディスプレイも用意

また、オプション設定になっているのですが、新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、フロントガラスに様々な情報を映し出してくれるヘッドアップディスプレイ(HUD)も用意しています。

■WxBに用意されているヘッドアップディスプレイ

このクルマに用意されているヘッドアップディスプレイ(HUD)は表示サイズが大きいだけではなく、カラー表示となっているため、視認性はかなり良い感じが…。

また、車速だけではなく、カーナビやクルーズコントロールの設定速度など確認できる情報量が多いのも好印象でした。

ちなみに、使い勝手が良いヘッドアップディスプレイ(HUD)が装着することができるのは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみです。他のグレードでは、装着することができないので、ご注意くださいね。

ハンドルやシフトレバーは本革仕様

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のハンドルやシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■WxBのハンドル

■WxBのシフトレバー

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、本革仕様のハンドルやシフトレバーを標準装備。

また、ハンドルやシフトレバーのブーツにあしらわれているライトグレーのステッチが良いワンポイントアクセントになっていました。

エアコン/ヒーターに左右独立の温度調整機能の設定はナシ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、当然のことながらフルオートエアコンが標準装備されています。

■WxBに用意されている空調コントロールパネル

ただ、兄弟モデルのハッチバック仕様”新型カローラスポーツ(Corolla SPORT)”とは異なり、このクルマでは、運転席と助手席の温度を別々に設定することができる左右独立の温度調整機能の用意はありません。

個人的には、このクルマにも運転席と助手席で別々に温度調節することができるエアコン/ヒーターを用意して貰いたかったです。

シートヒーターはオプション設定

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の装備で残念だったことのが、シートヒーターです。

この新型モデルでは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”でもシートヒーターが標準装備となっておらず、オプション設定に…。

車体本体価格や車格のことを考えると、シートヒーターくらいはオプションではなく、標準装備にしても良かったのかなと思いました。

後部座席用のUSBポートを2つ用意

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ハイブリッド車/ガソリン車問わず後部座席用のUSBポートを2個用意しています。

■後部座席用のUSBポート

ハイブリッド車では、中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”でも後部座席用のUSBポートは標準装備されているのですが、ガソリン車で後部座席用のUSBポートが用意されているのは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”だけなんですよね。

ガソリン車でも、後部座席用のUSBポートが標準装備されているのは、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”はデザイン性だけではなく、機能や装備も充実

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

“WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、ブラックルーフを採用するなど、シックな雰囲気の内装・インテリアに…。また、専用デザインのシートや先進性の高いデジタルメーターなど、機能や装備も充実。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、外装やエクステリアも他のグレードとは全く異なるスタイルになっていましたが、内装・インテリアも他のグレードと一線を画したワンランク上の上質な大人の空間となっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする