新型カローラツーリング/セダンのヘッドライトはグレードで違う!実車画像インプレ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)は3つのグレードを用意していますが、WxB(ダブルバイビー)とそれ以外のグレードでは、ヘッドライトのデザインに違いがあります。

そのおかげもあり、WxB(ダブルバイビー)は、他のグレードとは全く異なる顔つきに…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のヘッドライトは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、WxB(ダブルバイビー)とそれ以外のグレードのヘッドライトでは、どんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、2019年9月にデビューをした新型モデルのヘッドライトのデザインや違いを、徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンのGXグレードとSグレードのヘッドライト

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最廉価モデル”GXグレード”と中間モデル”Sグレード”に標準装備されているヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■WxB以外のグレードのヘッドライト

最上位モデルに位置をするWxB(ダブルバイビー)以外の2つのグレードでは、LEDの3灯式のヘッドライトを標準装備しています。

実際にこの新型モデルに用意されているLEDの3灯式のヘッドライトを点灯してみたところ、次のようになっていました。

クリアランスランプ(ポジションランプ)を点灯時の様子

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のGXグレードとSグレードに標準装備されているクリアランスランプを点灯してみると、このような感じになります。

■GXグレード/Sグレードのクリアランスランプ

GXグレード/Sグレードのグレードの用意されているクリアランスランプは、ヘッドライトのユニットの上段の内側にライン状に点灯。

ただ、思ったよりもインパクトに欠けるような感じが…。

■クリアランスランプ点灯時の新型カローラ セダン

■クリアランスランプ点灯時の新型カローラ ツーリング

個人的には、もう少しクリアランスランプを伸ばして、ヘッドライト全体を覆うようにしても良かったのかなと思いました。

ロービーム/ハイビームを点灯した時の様子

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のGXグレードとSグレードに用意されているLEDのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ロービーム点灯時

■ハイビーム点灯時

ロービームにすると、ヘッドライトユニットの外側のみが点灯するようなっているのですが、ハイビームに変更すると内側部分も点灯。

また、ヘッドライトを点灯した時のツーリング(Touring)/セダン(SEDAN)それぞれのフロントマスクは、このような感じになります。

■ヘッドライト点灯時の新型カローラ セダン

■ヘッドライト点灯時の新型カローラ ツーリング

ヘッドライトを点灯すると、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のフロントマスクの特徴でもあるスタイリッシュさがさらに際立ちます。

また、この新型モデルでは、最廉価モデルの”Sグレード”でもLEDのヘッドライトが標準装備されているのは、とても良いと思いました。

ウィンカーを点灯した時の様子

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のGXグレード/Sグレードのウィンカーを点灯してみると、このような感じに…。

■ウィンカー点灯時の様子

■ヘッドライト点灯時の新型カローラ セダン

■ヘッドライト点灯時の新型カローラ ツーリング

この新型モデルのウィンカーは、最近トレンドの流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)ではなく、チカチカと点灯をするオーソドックスとなっていました。

新型カローラツーリング/セダンの最上位モデル”WxB”のヘッドライト

一方、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデルに位置をする”WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■WxBのヘッドライト

ヘッドライトのデザインが全く異なりますよね。

先ほども紹介した通り、最廉価モデルの”GXグレード”や中間モデルの”S”グレードでは、オーソドックスな3灯式のヘッドライトを標準装備していました。

しかし、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、スタイリッシュさや先進性を演出したWxB専用デザインのヘッドライトになっていました。

クリアランスランプ(ポジションランプ)を点灯時の様子

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているヘッドライトは、クリアランスランプ(ポジションランプ)のデザインも他のグレードと異なります。

■WxBのクリアランスランプ(ポジションランプ)

GXグレードやSグレードとは異なり、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のクリアランスランプは、アルファベットの”J”の字を上下2段に並べたようなデザインに…。

■クリアランスランプを点灯した新型カローラ セダン

■クリアランスランプを点灯した新型カローラ スポーツ

上下2段に分かれたインパクトのあるヘッドライトを標準装備した”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードよりも目元が際立つスタイリッシュなデザインになっていました。

ロービーム/ハイビームを点灯した時の様子

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトを点灯すると、このような感じになります。

■WxBのヘッドライトを点灯した時の様子

最廉価モデルのGXグレードや中間モデルのSグレードでは、ロービームとハイビームで異なるバルブを採用していました。

しかし、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ハイビームとロービームを一つのバルブで切り替える”バイビーム(Bi-BEAM)”タイプのヘッドライトを標準装備。

■ヘッドライトを点灯した時の新型カローラ セダン

■ヘッドライトを点灯した時の新型カローラ ツーリング

“WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトは、他のグレードよりもバルブの数が少ないこともあり、スッキリとしたヘッドライトになっていました。

ウィンカーを点灯した時の様子

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に標準装備されているウィンカーを点灯してみると、このような感じに…。

■WxBのウィンカーを点灯した時の様子

■ウィンカーを点灯した時の新型カローラ セダン

■ウィンカーを点灯した時の新型カローラ ツーリング

最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、他のグレードと同じユニットの内側がカチカチと点灯するタイプのウィンカーを搭載。

ただ、この”WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトは、他のグレードよりもスタイリッシュなデザインになっていることもあり、流れるタイプのウィンカー(シーケンシャルウィンカー)を搭載しても面白かったのかなと思いました。

まとめ:新型カローラ ツーリング/セダンのフロントマスクは、グレードによって異なる

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)/セダン(Sedan)のヘッドライトは、ご覧の通り、グレードによって、デザインや機能性が異なります。

なので、グレードによって、この新型モデルの見た目の雰囲気は全然異なる感じが…。

特に見た目の精悍さやスタイリッシュさに関しては、”Jの字”を強調したようなデザインになっている”WxB(ダブルバイビー)”の方がワンランク上です。

新型カローラ ツーリング(Touring)/セダン(Sedan)の最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードでは、機能や装備も異なりますが、このように見た目の雰囲気も大きく異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする