セダンとしては優秀!?新型カローラセダンのトランクの使い勝手レビュー

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室の使い勝手は、リバーシブルデッキボードを採用している兄弟車のツーリング(Touring)よりは劣ります。

ただ、セダン車としては、かなり優秀な感じが…。

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたセダン車ののトランクは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルのトランク・荷室の特徴や良いところは、どこだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・ラゲッジスペースの使い勝手や魅力を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンの開口部の広さ&使い勝手をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のリヤ(後ろ姿)は、このようになっています。

■新型カローラセダンの後ろ姿

そして、テールゲートを開けてみると、このような感じになります

■テールゲートを開けた時の様子

開口部の広さにビックリ

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのトランクを開けてみて驚いたのことの一つが、開口部の広さです。

セダン車なので当然、背の高い荷物を積み込むのには不向きなのですが、トランクの開口部の広さは競合車・ライバル車よりも一回り広い1,080mmに…。

■新型カローラセダンの開口部

トランクの横幅が兄弟車のツーリングよりも広いというのは、ちょっと意外ですよね。

ゴルフバックなど横に長いアイテム・荷物でもスッポリと楽々収納できるようになっているのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルでは、9.5インチサイズのゴルフバッグを3個積みこめるだけの収納力があるようですよ。

狭い場所でも開け閉めできるのも魅力の一つ

また、2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランクを確認して良いと思ったのが、後方の張り出しの少なさです。

■トランクを開けた時の様子

この画像を見ると分かりやすいと思いますが、リヤガラスにくっつきそうなくらいまでテールゲートが持ち上がるのは、ちょっと珍しいですよね。

自車の後方がスグ壁になっているちょっと狭めのショッピングモールの駐車場など、後方にゆとりが無い場所での開け閉めがしやすくなっているの、セダン車ならではの魅力の一つなと思いました。

新型カローラセダンのトランクの開口部で気になったことは…

このように広くて使い勝手が良さそうな新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室ですが、開口部を見て気になったことの一つが、掃き出し口(地上から荷室フロア)の高さです。

■新型カローラセダンの荷室開口部の高さ

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの掃き出し口の高さは、兄弟車の”ツーリング(Touring)”よりも若干高い感じが…。

実際にこの2台のモデルのトランクの掃き出し口の高さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■セダンとツーリングの荷室の掃き出し口の高さを比較

セダン      :約690mm
ツーリング:約620mm

ツーリングの方は荷室フロアと掃き出し口がフラットになっていることもありますが、この2台のモデルを見比べてみると、新型ツーリング(Touring)の方が荷室フロアの位置が70mmほど低いという結果に…。

重たい荷物の出し入れのことを考えると、セダン車のトランクの高さもツーリング並みに低く抑えた方が使い勝手がさらに良くなっていたかもしれませんね。

新型カローラセダン車のトランク内の広さ&使い勝手をチェック

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランクは荷室開口部が広く、大きい荷物も出し入れしやすいデザインになっていましたが、トランク内の広さや使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?

こちらが、新型セダン車のトランクの広さです。

■新型カローラセダンのトランクの広さ

この新型モデルのトランクは、意外と広いと思いませんか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、後部座席を使用した状態でも奥行きは約990mとなっており、実やステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”よりも広くなっています。

また、グレードによって、トランク・荷室の下に床下収納(サブトランク)を備えているのも好印象でした。

最上位モデルWxBでは後部座席の奥行きを拡大することも可能

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位に位置をしている”WxB(ダブルバイビー)”は6対4の可倒式の後部座席を採用しているため、後部座席の背もたれを収納して、トランク・荷室の奥行きを広くすることができます。

■後部座席を収納した時のWxBのトランク

荷物の大きさや量によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを変更することができるのは、かなり嬉しいですよね。

後部座席の背もたれ部分で少し大きな段差ができてしまったり、後部座席の収納操作のしにくさなど気になる部分は多々あります。

■後部座席を収納時の段差

ただ、このクルマに沢山の荷物を積みこまなければいけない時には、トランクの奥行きを広くすることができる最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、使い勝手の面で他のグレードよりも一歩抜きにでているのかなと感じました。

ちなみに、6対4可倒式の後部座席は、オプション設定になっていません。

後部座席の奥行きを拡大する機能が欲しい場合は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”を選ぶしかないので、ご注意くださいね。

まとめ:新型カローラツーリングの荷室は予想以上の使い勝手の良さ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室は、このようなデザインになっていました。

このクルマはセダン車と言うこともあり、背の高い荷物を積み込むには不向きですが、思ったよりもトランクの奥行きが広く、積載量がある感じが…。

狭い場所での開け閉めもしやすいですし、個人的には、このクルマのトランクは、セダン車の中ではかなりハイレベルな出来になっているように感じました。

ただ、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の荷室・トランクは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみトランクの広さを拡大することができる6対4下等しい機能後部座席が備わるなど、他のグレードとトランクの使い勝手が異なるのをご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする