新型カローラツーリング Sグレードの外装【魅力や特徴を実車画像で徹底チェック】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の中間モデルに位置をするが、”Sグレード”です。

最廉価モデルの”GXグレード”はスチールホイールを備えるなど他のクルマよりもシンプルな外装・エクステリアになっていましたが、中間モデルの”Sグレード”になると、グッと高級感や上質感が増すような感じが…。

中間モデルに位置をする”Sグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、このグレードは、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

トヨタからデビューを果たしたステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”の中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアの特徴や魅力を、実車画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング Sグレードのフロントマスクをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのステーションワゴン仕様”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”のSグレードのフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのフロントマスク

 

3灯式のLEDヘッドライトを標準装備

中間モデル”Sグレード”では、最廉価モデルの”GXグレード”と同じロービームとハイビームのバルブが別々になっている3灯式のLEDヘッドライトを標準装備しています。

■Sグレードの3灯式LEDヘッドライト

そのため、中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”のフロントマスクをパッとみただけでは、見分けがつきにくくなっていました。

高級感がただようフロントロアグリル

ただ、新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の中間モデル”Sグレード”と最廉価モデル”GXグレード”のフロントマスクで異なるのが、フロントロアグリルです。

最廉価モデルのGXグレードのフロントロアグリルはシンプルなブラック塗装になっていたのですが、中間モデルの”Sグレード”のフロントロアグリルでは、フレーム部分が艶のあるグレーメタリック塗装をあしらったデザインに…。

■グレーメタリック塗装をあしらったフロントロアグリル

そのため、中間モデルの”Sグレード”は最廉価モデルの”GXグレード”よりも高級感の漂うフロントマスクになっていました。

ちなみに、最廉価モデルの”GXグレード”のフロントグリルのデザインなど、外装・エクステリアに関しては、こちらの記事にまとめてあります。

Sグレードとの違いをしっかりと確認してみたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

新型カローラツーリング Sグレードのサイドスタイル

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の中間モデル”Sグレード”のサイドスタイルは、このようなデザインになっていました。

■Sグレードのサイドスタイル

高級感を演出するメッキなどの装飾はなし

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型ツーリング(Touring)の中間モデル”Sグレード”のサイドミラーやドアハンドルは、ボディと同系色を採用。

■Sグレードのサイドミラー

■Sグレードのアウトドアハンドル

また、サイドウィンドウまわりもメッキ加飾が施されておらず、シンプルなままになっていました。

Sグレードではアルミホイールを標準装備

そんな新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアの注目のアイテムの一つが、標準装備されているタイヤ&ホイールのデザインです。

最廉価モデルの”GXグレード”ではシンプルなスチールホイールを装着していましたが、中間モデルの”Sグレード”では、シルバー塗装を施した16インチのアルミホイールを標準装備。

■Sグレードに標準装備されている16インチのタイヤ&ホイール

そのおかげもあり、中間モデル”Sグレード”のサイドスタイルは、グッと引き締まった感じが…。

ただ、Sグレードに標準装備されているシルバー塗装のアルミホイールはそれほど派手さはないため、思ったよりも落ち着いた雰囲気のサイドスタイルになっていました。

新型カローラツーリング Sグレードの後ろ姿

2019年9月にデビューをした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の中間モデル”Sグレード”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■Sグレードの後ろ姿

メッキのラインが組み込まれワイド感を演出したリヤコンビネーションランプなど、基本的な後ろ姿は、最廉価モデルの”GXグレード”と全く同じになっています。

■Sグレードのリヤコンビネーションランプ

また、Sグレードのフロントグリルは、グレーメタリック塗装が施されるなど上質さを演出していましたが、リヤバンパーにメッキなどの特別な装飾はなし。

なので、中間モデルの”Sグレード”の後ろ姿は、最廉価モデルの”GX”グレードと全く同じデザインになっていました。

まとめ:幅広い年齢層に愛されれるデザインになっているSグレードの外装

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売されたトヨタのステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”の中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このSグレードには、シルバー塗装を施した16インチサイズのアルミホイールなどが標準装備されており、高級感ただよう外装・エクステリアに…。

また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”ほど派手さはないので、幅広い年齢層に愛されるモデルに仕上がっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする