新型カローラツーリング/セダンW×Bのみの専用装備は意外と多い!実車画像で紹介

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラ ツーリング/セダンの中で一番人気のグレードとなっているのが、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”です。

そんなW×Bの人気の理由の一つが、他のグレードには用意されていない専用の装備・パーツが多数用意されていることです。

また、最上位モデルのW×Bにしか用意されていないオプションも…。

新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデルW×Bのみにしか用意されていない専用装備&アイテムには、どのようなものがあったのでしょうか?また、W×B(ダブルバイビー)のみに装着することができる専用のオプションには、どのようなアイテムが含まれているのでしょうか?

この新型モデルの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”のみに装備されている専用アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

【外装編】新型カローラツーリング/セダンW×Bには専用装備があるの?

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアは、メッキ調の加飾をフロントグリルやリヤに配した豪華な仕様になっています。

また、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアでは、次のような専用装備を備えていました。

ヘッドライトのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”の専用装備&アイテムの一つが、ヘッドライトです。

中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では、オーソドックスな3灯式のLEDヘッドライトを採用していました。

■Sグレードのヘッドライト

しかし、最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”では、一つのバルブでハイビーム/ロービームを切り替えることができる”バイビーム(Bi-BEAM)”タイプのLEDヘッドライトを標準装備。

■W×Bのバイビーム式のヘッドライト

最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”のヘッドライトを見比べてみると、デザインが全然異なりますよね。

新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデルに採用されている”W×B(ダブルバイビー)”は、クリアな透明レンズを採用しており、スッキリとした顔つきに…。

また、アルファベットの”J”を縦に2つ並べたようなデザインになっているクリアランスランプ(ポジションランプ)もスタイリッシュさを強調していて好印象でした。

迫力のある専用タイヤ&ホイール

また、タイヤ&ホイールも、最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”の専用デザインとなっています。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”では、ダークグレーメタリック塗装を施した専用デザインのホイールを採用。

■W×Bのタイヤ&ホイール

ダークグレーメタリック塗装を施したホイールを装着していることもあり、”W×B(ダブルバイビー)”は引き締まったサイドスタイルに…。

また、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”では、このクラスでは珍しい17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。スポーツモデルのような迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

ちなみに、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”は、他のグレードとは異なるグリップ感に優れたハイスペックタイヤを履いています。このW×Bが履いているタイヤメーカー&ブランドも注目ポイントの一つですよ。

【内装編】新型カローラツーリング/セダンW×Bには専用装備があるの?

今回フルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”はブラックルーフを採用するなど、シック&スタイリッシュな内装・インテリアになっています。

また、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”の内装・インテリアには、次のような専用装備&アイテムが用意されていました。

先進性のあるデジタルメーター

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”のみに用意されている専用アイテムの一つが、運転席の目の前に配してあるメーターです。

中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では、オーソドックスな3眼式のアナログメーターを採用していました。

■Sグレードのメーター

一方、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”では、中央に7インチサイズの液晶ディスプレイを配したデザイタルメーターを標準装備。

■W×Bのメーター

このグレードのメーターはデジタル表式になっているため、先進性がある感じが…。

また、W×B(ダブルバイビー)は、このように中央のスピードメーターをアナログ表示とデジタル表示を切り替えることが可能です。

■デジタル表示をした時のW×Bのメーター

■アナログ表示をした時のW×Bのメーター

アナログ表示とデジタル表示を切り替えるだけで、メーターの雰囲気が全然違いますよね。

このようにメーターのデザインを変更することができるのも、今回フルモデルチェンジをして新発売をし新型カローラ ツーリング/セダンのW×B(ダブルバイビー)のメーターの魅力の一つなのかなと思いました。

座り心地に優れたフロントシート

また、フロントシートも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”の注目ポイントの一つです。

この新型モデルの最上位に位置をする”W×B(ダブルバイビー)”のみ、背もたれとヘッドレストが一体化をしたスポーティーシートを採用。

■W×Bのスポーティーシート

また、このスポーティーシートは、サイドサポートの張り出しも大きめ。

そのため、最上位モデルの”W×B(ダブルバイビー)”の運転席に座ると、シートが身体全体をしっかりと支えてくれているようなフィット感&ホールド感がる強い座り心地になっていました。

新型カローラツーリング/セダン W×Bのみに用意されている専用オプション

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、最上位モデルのW×B(ダブルバイビー)のみに装着できる便利なオプションも用意されていました。

そんな最上位モデルのW×B(ダブルバイビー)のみに用意されている貴重なオプションを紹介したいと思います。

安全性を高めるヘッドアップディスプレイ(HUD)

新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデルのW×B(ダブルバイビー)のみに用意されているオプションの一つが、フロントガラスに様々な情報を映し出してくれる”ヘッドアップディスプレイ(HUD)”です。

■W×Bのヘッドアップディスプレイ

このクルマに用意さているヘッドアップディスプレイ(HUD)は、スピードメーターだけではなく、クルーズコントロールの設定状況やナビの情報なども表示してくれます。

私も実際にヘッドアップディスプレイ(HUD)を装着したモデルを試乗したのですが、速度など様々な情報をフロントガラスに投影してくれるため、メーターを見る回数が激減します。

なので、より安全に運転ができるようになった感じが…。

また、このクルマに用意されているヘッドアップディスプレイ(HUD)は、カラー表示となっており、見やすいデザインになっていたのも好印象でした。

車内を華やかに彩るイルミネーテッドエントリーシステム

また、フロントコンソールトレイとフロントのドリンクホルダーをブルーのライトで照らしてくれるイルミネーテッドエントリーシステムも、新型カローラ ツーリング/セダンのW×Bの専用のオプションとなっています。

■WxBのイルミネーテッドエントリーシステム

ブラックベースの車内の中でブルーのライトがキレイに輝き、車内のスタイリッシュさがさらに増すような感じが…。

このように車内を華やかにすることができるのも、新型カローラ ツーリング/セダンの最上位モデル”W×B(ダブルバイビー)”の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:最上位モデルのW×Bは他のグレードにはない装備が盛り沢山

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラ ツーリング/セダンの最上位に位置をする”W×B(ダブルバイビー)”では、外装や内装にこのような専用装備を備えていました。

そのおかげもあり、この新型モデルの最上位に位置をする”W×B(ダブルバイビー)”は、他のグレードとは一線を画した洗練されたデザインに…。

中間モデルの”Sグレード”との車体本体価格&乗り出し価格の差も適性の範囲内ですし、最上位モデルのW×B(ダブルバイビー)の人気が一番高くなっているのも、当然なのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする