標準仕様と全然違う!?新型カローラツーリング モデリスタの実車画像インプレ

2019年9月にフルモデルチェンジをしたトヨタの新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)ですが、純正カスタムパーツを装着した”モデリスタ(MODELLISTA)”も用意しています。

デザインを一新したこの新型モデルは先代モデルよりもスタイリッシュな見た目になっているのですが、モデリスタ仕様になると、さらに高級感が増したような感じが…。

そんな新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、モデリスタ仕様と標準仕様では、どのような違いがあったのでしょうか?

先日、モデリスタ(MODELLISTA)のアクセサリーパーツを装着した新型モデルを、実車画像を使って徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラ ツーリングのモデリスタ仕様のフロントマスク

2019年9月にマイナーチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■新型カローラ ツーリングのモデリスタ仕様のフロントマスク

ちなみに、こちらは、今回私が見たモデリスタ(MODELLISTA)のベースになっている最廉価モデルの”GXグレード”です。

■ベースとなっているGXグレードのフロントマスク

このように2台のモデルを並べてみると、フロントマスクの迫力やプレミアム感が異なりますね。

専用エアロパーツやアイテムを備えたモデリスタ(MODELLISTA)は、標準仕様よりも存在感があり、ひと回り大きく見えました。

専用デザインのフロントスポイラーでどっしり感がアップ

そんな新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様とノーマル仕様の大きな違いの一つが、フロントグリルのデザインです。

モデリスタ仕様では、ウィングのような形状をしたメッキ加飾が印象的なフロントスポイラーを採用。

■モデリスタ仕様のフロントスポイラー

フロントスポイラーの両サイドに装着されているメッキ調の加飾のおかげで、エッジの効いたフロントマスクに…。

また、このモデリスタ(MODELLISTA)は、ノーマル仕様よりもロー&ワイドを強調した迫力のあるフロントマスクになっていました。

高級感を際立たせるフロントグリルガーニッシュ

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のカスタム仕様”モデリスタ”では、エンブレム上段にメッキ調のフロントガーニッシュが備わっています。

■メッキ調のフロントガーニッシュ

このようなメッキ調のガーニッシュが備わると、高級感が増すような感じが…。

また、この左右のヘッドライトを繋ぐようなデザインになっているフロントグリルガーニッシュのおかげで、ヘッドライトのシャープさやスタイリッシュさが強調されていました。

新型カローラ ツーリングのモデリスタ仕様のサイドスタイル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様とノーマル仕様のサイドスタイルは、それぞれこのようなデザインになっていました。

■モデリスタ仕様のサイドスタイル

■ノーマル仕様のサイドスタイル

このように2台のモデルを並べて見比べると、同じクルマとは思えないくらい違いが…。

標準仕様のモデルとは比べものにならないほど洗練されたサイドスタイルになっていたモデリスタですが、次のような特徴がありました。

低重心なスポーティーなスタイルを表現

新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様では、標準仕様よりも低重心なサイドスタイルを強調するサイドスカートが用意されていました。

■モデリスタのサイドスカート

この新型モデルのサイドスカートでは、ブラックアウト化したスリット入れたデザインを採用。

この大きく入ったスリットが良いアクセントになっていて、このクルマらしいスポーティなサイドスタイルを演出しているように感じました。

高級感を演出するガーニッシュを多数用意

標準仕様のサイドスタイルはボディと同系色のドアミラーやサイドウィンドウを備えているおかげで、シンプルすぎる見た目になっているのが欠点・デメリットでした。

しかし、このモデリスタ仕様では、アウトドアハンドルやドアミラー、ドアパネルにメッキ調のガーニッシュを採用。

■ミラーガーニッシュ

■ドアハンドルガーニッシュ

■サイドドアガーニッシュ

このキラリと輝くメッキ調のガーニッシュを様々なパーツに採用しているおかげでモデリスタ仕様のサイドスタイルは、標準仕様と見違えるくらい高級感があるデザインになっていました。

モデリスタ専用デザインのタイヤ&ホイールを用意

また、今回私が見た新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタは、面にはブラック塗装&ポリッシュ加工を施した専用デザインのホイール”ウィング ダンサー13(WingDancerⅩⅢ)”を採用。

■モデリスタ専用デザインのタイヤ&ホイール

また、モデリスタ仕様のタイヤは、標準仕様のものよりもサイズが一回り大きい18インチサイズを装着。

18インチサイズの大径タイヤ&ホイールを備えたモデリスタは、スポーティーな見た目が好きな人にはたまらないワイルドなサイドスタイルになっていました。

新型カローラ ツーリングのモデリスタ仕様の後ろ姿

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)と標準仕様の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■モデリスタの後ろ姿

■標準仕様の後ろ姿

迫力が増したリヤバンパー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様の後ろ姿で印象的だったのは、リヤバンパーのデザインです。

モデリスタ仕様では、ワイド感を演出するリヤスパッツを装着。

■モデリスタのリヤスパッツ

そのおかげもあり、モデリスタ仕様の後ろ姿は、エッジが効いた迫力のある後ろ姿になっていました。

プレミアム感を演出するバックドアガーニッシュ

また、新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様では、バックドアの下端の部分に装着するメッキ調のバックドアガーニッシュを用意。

■メッキ調のバックドアガーニッシュ

このバックドアガーニッシュがあるだけで、見た目の高級感が全く異なりますよね。

メッキ調のバックドアガーニッシュを備えたモデリスタ仕様は、スポーティーさだけではなく、高級感も兼ね備えた後ろ姿になっていました。

まとめ:欧州車に勝るとも劣らないスポーティーさと高級感を備えたモデリスタ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング(Corolla Touring)のモデリスタ仕様の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型ツーリングは、先代モデルと比較するとスポーティーな見た目になっていましたが、モデリスタ仕様はこのスポーティーさをさらに進化させた感じが…。

標準仕様にはなかった高級感や上質感を兼ね備えており、海外のコンパクトハッチバックやステーションワゴンに勝るとも劣らない存在感と迫力のある見た目を演出していました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする