新型カローラツーリングのルーフレールは買い!?未装着仕様と比較

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)は、メーカーオプションでルーフレールを用意してます。

荷物やアイテムをルーフに載せるためではなく、見た目のデザイン性を高めるためにルーフレールを装着する人も多いですが、この新型モデルにルーフレールを装着すると、見た目は大きく変わるのでしょうか?

また、メーカーオプション設定になっているルーフレールの価格は、いくらだったのでしょうか?

ルーフレールを装着したモデルと装着していないモデルの外装・エクステリアは、どれくらい違いがあるのか比較をしたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリングのルーフレール装着モデルはどんなデザイン?

メーカーオプション設定になっているルーフレールを装着したトヨタのステーションワゴン”新型カローラ ツーリング(Collora Touring)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■ルーフレール装着仕様の新型カローラツーリング
グレード:WxB(ダブルバイビー)

このモデルの天井には、このようにダークメタリックカラーのルーフレールを装着。

■新型カローラツーリングのルーフレール

一方、こちらは、メーカーオプションのルーフレールを装着していないモデルの外装・エクステリアです。

■ルーフレールを装着していない新型カローラツーリング
グレード:WxB(ダブルバイビー)

遠くから見ると違いを感じないかもしれませんが、近くで見比べてみると、ルーフレール装着モデルと未装着モデルでは見た目の雰囲気が大きく異なります。

ルーフレールを装着したモデルの方はギア感が増して、クロスオーバー車っぽい感じに…。

また、このダークメタリックカラーのルーフレールが、良いワンポイントアクセントになっていました。

新型カローラツーリングのルーフレールは2種類のカラーバリエーションを用意

このように見た目の印象を大きく変えることができる新型カローラ ツーリング(Collora Touring)のメーカーオプションのルーフレールですが、2つのカラーバリエーションを用意しており、グレードによって、カラーが異なります。

最上位モデル”WxB”に用意されているルーフレール

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、落ち着いたダークグレーメタリックカラーのルーフレールを用意。

■WxB(ダブルバイビー)のルーフレール

最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているルーフレールは”ダークグレーメタリック”という事もあり、ルーフレール装着モデルは、かなり落ち着いた雰囲気に…。

また、ダークグレーメタリックカラーをしたサイドミラーやスタイリッシュなフロントマスクとの相性も良く、高級感とギア感を兼ね備えたデザインになっていました。

中間モデル”Sグレード”&最廉価モデル”GXグレード”に用意されているルーフレール

一方、新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の中間モデル”Sグレード”&最廉価モデル”GXグレード”では、このようなカラーのルーフレールが用意されていました。

■Sグレード&GXグレードのルーフレール

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は落ち着いたカラーのダークグレーメタリックカラーになっていたのに対し、中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では、明るいシルバーメタリック塗装のルーフレールを用意。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とは異なり最廉価モデルの”GXグレード”や中間モデルの”Sグレード”の外装・エクステリアは、メッキ加飾があしらわれていない事もあり、明るいシルバーメタリックのルーフレールは良いワンポイントアクセントになっていました。

新型カローラツーリングのルーフレールのオプション価格はいくら?

このように2種類のカラーバリエーションを用意している新型カローラ ツーリング(Collora Touring)の”ルーフレール”ですが、価格はいくらだったのでしょうか?

試乗をした際にディーラーさーんに確認してみたのですが、この新型モデルに用意されているルーフレールのオプション価格は、このようになっていました。

■新型カローラツーリングのルーフレールの価格

ダークグレーメタリック:33,000円
シルバーメタリック      :33,000円

この新型モデルに用意されているルーフレールの価格は、ダークグレーメタリック/シルバーメタリックどちらも3万3000円に…。

コストパフォーマンス(コスパ)を考えると、思ったよりもお得ですね。

装着するオプションの優先度は、ルーフレールよりも安全装備の”ブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックオートブレーキ”や快適性を高めるシートヒーターの方が高いと思います。

ただ、このくらいの金額で見た目の印象を大きく変えれるのなら、メーカーオプション設定になっているルーフレールは、かなりお得なアイテムなのかなと思いました。

まとめ:新型カローラツーリングのルーフレールは装着する価値あり

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング(Collora Touring)にメーカーオプションの”ルーフレール”を装着すると、ギア感が増しアウトドアっぽい仕上がりに…。

オプション価格もそれほど高くありませんし、ルーフレールを装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする