新型カローラセダンの外装を比較【グレードでどこに違いがあるの?】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、ハイブリッド車/ガソリン車3つのグレードをラインナップしていまが、グレードによって、機能や装備だけではなく外装も大きくことなります。

特に最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードでは、見た目の高級感や上質感、ラグジュアリーさに大きな差が…。

新しく生まれ変わった新型セダン車の各グレードの外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、グレードによって、外装・エクステリアにどのような違いがあったのでしょうか?

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューをした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装のグレードの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンの各グレードの外装を実車画像でチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の各グレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■WxBの外装

■Sグレードの外装

■GXグレードの外装

ボディサイズは全グレード同じ

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)のボディサイズは、グレードを問わずすべて同じになっています。

■新型カローラセダンのボディサイズ

全長:4,495mm
全幅:1,745mm
全高:1,435mm

ただ、グレードによって備わっている機能や装備が異なるため、見た目の高級感や上質感、存在感に大きな差が…。

このように3台のモデルを並べて比べてみると、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、ずば抜けた存在感があるなと感じました。

新型カローラセダンの外装比較【グレードでこの装備が違う!】

このようにグレードによって、見た目の高級感や上質感が大きく異なるトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)ですが、具体的には、どの外装のアイテム・装備に違いがあったのでしょうか?

グレードによる外装・エクステリアの装備の違いを見ていくことにしましょう。

【違い1】ヘッドライト

2019年9月にデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、ヘッドライトのデザインです。

この新型モデルではすべてのグレードにLEDヘッドライトを標準装備しているのですが、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードでヘッドライトのデザインに違いが…。

そのため、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードでは、フロントマスクのスタイリッシュさや上質感に大きな差がありました。

最上位モデル”WxB”のヘッドライト

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位に位置をする”WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトは、このようなデザインになっています。

■WxBのヘッドライト

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、一つのライトの光源でハイビームとロービームをまかなえる”バイビーム(Bi-BEAM)”タイプのLEDヘッドライトを標準装備。

また、このクルマに用意されているクリアランスランプは、アルファベットの”J”を縦に2つ並べたようなデザインになっており、スタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

Sグレード/GXグレードのヘッドライト

一方、WxB以外の2つのグレードでは、オーソドックスな3灯式のLEDヘッドライトを標準装備。

■Sグレード/GXグレードのヘッドライト

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトと比較すると、スタイリッシュさや上質感ではやはり見劣りしますね。

また、クリアランスランプもヘッドライトの上部にライン状に点灯する、オーソドックスなデザインになっていました。

【違い2】フロントグリル

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、グレードによってフロントグリルのデザインも異なります。

最上位モデルWxBのフロントグリル

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のフロントグリルは、このようなデザインになっています。

■WxBのフロントグリル

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、フロントグリルを囲っているフレーム部分にメッキ調の加飾を採用。最上位モデルらしい高級感が溢れるデザインになっていました。

また、フロントグリル内部のメッシュ部分のブラックも艶有り加工が施されており、最上位モデルに相応しい高級感のあるデザインになっていました。

中間モデルSグレードのフロントグリル

一方こちらは、中間モデル”Sグレード”のフロントグリルのデザインです。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のフロントグリルのようにメッキの加飾があしらわれていないため、落ち着いた雰囲気のフロントマスクに…。

■Sグレードのフロントグリル

ただ、フロントグリルのフレーム部分には、グレーメタリック塗装がほどこされており、派手ではないけど高級感があり、質の高さを感じるデザインになっていました。

最廉価モデル”GXグレード”のフロントグリル

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最廉価モデルに位置をする”GXグレード”のフロントグリルは、このようなデザインになっています。

■最廉価モデル”GXグレード”のフロントグリル

パッと見た感じでは、中間モデルの”Sグレード”と同じように見えますが、最廉価モデルの”GXグレード”のフロントグリルは、フレーム部分もシンプルなブラック塗装に…。

そのため、このGXグレードは、他のグレードよりもシンプルな(悪く言えば安っぽい)フロントマスクになっていました。

【違い3】フォグランプ

また、フロントフォグランプもグレードによって異なるアイテムの一つです。

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデルに位置をする”WxB(ダブルバイビー)”では、LEDのフロントフォグランプが、フロントグリル内に用意されています。

■WxBのフロントフォグランプ

一方、中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”では、フロントフォグランプは標準装備されておらず、メーカーオプション設定に…。

このフロントフォグランプの有無も、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のフロントマスクの高級感や上質感に大きく影響を与えているのかなと感じました。

【違い4】サイドミラー

新型カローラセダン(Corolla Sedan)のサイドミラー(ドアミラー)も、グレードによって異なります。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、どのボディカラーを選択してもサイドミラー(ドアミラー)のカラーは、引き締まった印象を与えるダークグレーメタリック塗装をあしらったデザインになります。

■WxBのダークグレーメタリック塗装のドアミラー

一方、中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”GXグレード”では、ボディカラーと同系色のドアミラー(サイドミラー)を採用。

■ボディと同系色のSグレードのサイドミラー

そのため、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードでは、異なる雰囲気のサイドスタイルとなっていました。

サイドミラーの機能にも違いが…

また、サイドミラー(ドアミラー)のデザインだけではなく、機能性・使い勝手もグレードによって異なります。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”では、ドアの施錠/解錠と連動してサイドミラーが自動的に開閉をする”オート電動格納機能”を搭載。

一方、最廉価モデルの”GXグレード”では、”電動格納機能付き”のサイドミラー(ドアミラー)を標準装備。

ドアの施錠/解錠に連動をしてサイドミラーが自動的に開閉をする機能は備わってい無いため、スーパーなどで停車&発進をする際は、ドア内側パネルに備わったスイッチを操作してドアミラー(サイドミラー)を収納する必要があります。

■ドアミラー操作スイッチ

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、グレードによってサイドミラー(ドアミラー)の使い勝手やデザインが異なるので、ご注意くださいね。

【違い5】タイヤ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールです。

この新型モデルでは、グレードによってタイヤ&ホイールのデザインやサイズに違いがありました。

最上位モデル”WxB”のタイヤ&ホイール

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■WxBのタイヤ&ホイール

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ダークメタリック塗装をあしらったアルミホイールを標準装備。

また、タイヤサイズも他のグレードよりも一回り大きい17インチサイズとなっており、迫力のあるフォルムになっていました。

中間モデル”Sグレード”のタイヤ&ホイール

こちらは、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルに位置をする”Sグレード”のタイヤ&ホイールです。

■Sグレードのタイヤ&ホイール

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とは異なり、中間モデルの”Sグレード”では、落ち着いた雰囲気を醸し出すシルバー塗装のアルミホイールを標準装備。

また、タイヤサイズも”WxB(ダブルバイビー)”よりも一回り小さい16インチとなっており、しなやかなドライビングフィールを楽しめるのも好印象でした。

最廉価モデル”GX”グレードのタイヤ&ホイール

一方、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最廉価に位置をする”GXグレード”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■GXグレードのタイヤ&ホイール

SグレードやWxBなどと異なり、このGXグレードでは、フルホイールキャップ付きのスチールホイール(鉄チン)を搭載。なので、他のグレードよりもサイドスタイルの迫力は劣ります。

また、タイヤサイズも15インチと他のグレードよりも小さくなっているので、若干ふわふわとした柔らかめの乗り心地になっているのも特徴の一つでした。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、装着してあるタイヤの種類(メーカー&ブランド)も異なります。

グレードによって異なるタイヤメーカー&ブランドも注目ポイントの一つですよ。

【違い6】後ろ姿

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、後ろ姿にも違いがあります。

最上位モデルでは、ダークメタリック塗装をあしらったリヤスポイラーが…。

■WxBに標準装備のリヤスポイラー

そのため、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードよりも迫力のある後ろ姿になっていました。

一方、他のグレードでは、リヤスポイラーの用意は無し。

■Sグレードの後ろ姿

■GXグレードの後ろ姿

そのため、中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では、良くも悪くもセダン車らしいデザインに…。

このように、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、グレードによって後ろ姿も異なるので、ご注意くださいね。

まとめ:最上位モデルのWxBとそれ以外のグレードの差が大きい

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の各グレードの外装・エクステリアを比較してみたところ、このようになっていました。

ヘッドライトのデザインやタイヤのサイズ&種類など、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、グレードによって大きな差があります。特に最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードの差が大きいような感じが…。

このよう新しく生まれ変わった新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、グレードによって外装・エクステリアのデザインや用意されている装備&アイテムが大きく異なるので、グレード選びをする際は、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする