3列目使用時はやっぱり狭い!?新型CRV/CR-Vの2列目の足元の広さを確認

町中で映えるスタイリッシュなデザイン魅力のホンダのクロスオーバーSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月に日本再デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルのガソリン車は、5人乗り仕様だけではなく、7人乗り3列シート仕様が新たに設定されています。

そんな人乗り仕様の2列目シートは、足元空間の広さを自由自在に調節できるスライド機能を標準装備。この新型モデルのスライド幅は意外と大きく、2列目シートを一番後ろにスライドすると、5人乗り仕様に引けを取らない足元空間の広さになっていました。

>>> 新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席の足元空間は広い!?快適性を徹底解剖

ただ、3列目シートを使用すると、2列目シートを前方にスライドしないといけないため、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)も狭めになってしまいます。

今回新発売された新型モデルの3列目使用時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、大人でも快適に過ごせるだけの足元空間の広さを確保していたのでしょうか?

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの2列目シートの足元空間の快適性レビュー:3列目使用時の広さはどれくらい?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様に用意されている2列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シート

今回新発売され7人乗り仕様の2列目シートを一番後ろにスライドすると、このように2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このようにかなり広くなります。(ちなみに、運転席は私が運転しやすい位置に設定してあります。)

■新型CRVの2列目を最後端にした時の足元空間の広さ

かなり2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、広いですよね。

この新型モデルの2列目シートを一番後ろにスライドすると、膝先からフロントシートバックまで拳3個分くらいの広さがあり、窮屈さは一切感じません。

また、2列目シートと同様にこの7人乗り仕様もフロントシート下のトンネル部分も大きくとられているので、疲れた時は足を前に投げ出すように座る事ができるようになっていたのも、好印象でした。

2列目シートを一番後ろにスライドすると、3列目の足元空間が…

このように今回新発売された新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートを一番後ろにすると十分すぎる足元空間を確保できる一方、デメリットも…。

それは、2列目シートを一番後ろにスライドすると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)が狭くなってしまう事です。

実際にこの7人乗り仕様の2列目シートを一番後ろにスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このようになります。

■2列目シート最後端にした時の3列目シートの足元空間の広さ

>>>  新型CRV/CR-Vの3列目シートの足元空間の広さはどれくらい?計測してみた

2列目シートを一番後ろにスライドすると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、かなり狭いですよね。子供でも座れないくらいに…。

なので、もし新型CRV/CR-Vの3列目シートを使用するのなら、2列目シートを前方へスライドはせざる得ないのかなと思いました。

3列目使用時の2列目シートの足元空間の広さは、どれくらい?

では、3列目シート使用時の新型CRV/CR-Vの2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、どれくらいの広さを確保できるのでしょうか?また、快適に過ごすことは、できるのでしょうか?

3列目シートに座る人の体格や年齢、性別などにもよりますが、私が確認したところ、大人が3列目シートに乗車するには、2列目シートを少なくとも100mmほど前方にスライドする必要があるように感じました。

ちなみに、こちらが100mmほど2列目シートを前方にスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さです。

■新型CRV/CR-Vの3列目シートの足元空間の広さ
2列目シートのスライド量:前方へ約100mm

2列目シートを約100mmほど前方へスライドすると、成人男性の私でも何とか座れるだけの広さに…。私が座ると、シートバックに膝が触れてしまうくらい狭くなっていますが、小さいお子さんや女性なら、もっと楽に座れると思います。

また、肝心の2列目シートを前方に100mmほどスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じになっていました。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートの足元空間の広さ

先ほど紹介した2列目シートを一番後ろにした時と比較すると、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、かなり狭くなりますね。

身長175cm、中肉中背に私がこの状態の2列目シートに座ってみたところ、足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートに座った時の様子

膝先からフロントシートのシートバックまで拳1個半くらいの広さがあるため、足が全く動かせないほど窮屈なわけではありません。

また、先ほどもお話した通り、この新型モデルのフロントシートの下はトンネルが広くなっています。そのため、足の自由度が意外と高く、このまま長時間ドライブに出かけても、何の問題もない広さになっているように感じました。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートは、このようなデザインになっていました。また、3列目使用時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。

7人乗り仕様に用意されている3列目シートを使用すると、どうしても2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は狭くなってしまいます。

ただ、この新型モデルは、3列目シートを使用しても、長時間ドライブでもストレスを感じる事が無いくらい広い2列目シートの足元空間や居住性を備えていました。

このように3目シートを使用しても、十分な広さの2列目シートを確保しているのは、車内が広いこの新型CRV/CR-Vならではなのかもしれませんね。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする