新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席の足元空間は広い!?快適性を徹底解剖

海外専用モデルとして発売されていたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月に日本再デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、5人乗りの2列シートモデルと7人乗りの3列シートモデルを用意しており、後部座席(2列目シート)の作りが異なります。

また、5人乗り仕様と7人乗り仕様の後部座席では、足元空間(ニークリアランス)の広さや座り心地にも違いが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの5人乗り2列シート仕様の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どのくらいだったのでしょうか?また、快適に過ごす事はできたのでしょうか?

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの5人乗り2列シート仕様の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席【足元空間の広さを徹底チェック】

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの5人乗り2列シートモデルの後部座席は、このようなデザインになっています。

今回新発売された新型モデルの最上位モデル”マスターピース(Masterpiece)”では、ブラックとブラウンの2色の内装色を用意しているのですが、こちらは定番のブラック本革を採用した後部座席です。

■ブラック本革を採用した新型CRV/CR-Vの後部座席

一方、ブラウンの本革を採用した後部座席は、このようなデザインになっています。

■ブラウン本革を採用した新型CRV/CR-Vの後部座席

5人乗り仕様の後部座席は、7人乗り仕様の2列目シートよりも座面サイズが大きく、ゆったりと座れます。また、背もたれの角度を調節する事ができるリクライニング機能も標準装備されており、誰が座っても快適に過ごす事が出来る作りに…。

後部座席の座り心地や快適性を優先するのなら、7人乗りの3列シート仕様よりも5人乗りの2列シート仕様の方がピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVは、ハイブリッド車とガソリン車が用意されています。ただ、ハイブリッド車とガソリン車の5人乗り仕様の後部座席の作りは同じになっており、座り心地等に違いはありませんでした。

そんな新型CR-V/CRVの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。ちなみに運転席は、私が運転しやすい位置(中間よりも若干後ろ)に設定してあります。

■新型CRV/CR-V5人乗り仕様の後部座席の足元空間の広さ

また、身長175cmある私が実際にこの新型モデルの降雨部座席に座ってみると、これくらいの広さが…。

■新型CRV/CR-V5人乗り仕様の後部座席に座った時の様子

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、かなり広いですよね。

私が後部座席に普通に座った状態で膝先からフロントシートの裏側まで拳3個くらいの広さになっています。また、足を組む事はできますが、ちょっと窮屈さを感じます。

ただ、足の位置を変更したり、足を前に投げ出して座る事ができるくらいの広さを確保しているので、長距離ドライブでも十分快適に過ごせるように感じました。

新型CRV/CR-V5人乗り仕様の後部座席の足元空間の広さを計測してみたところ…

そんな新型CR-V/CRV 5人仕様の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-V5人乗り仕様の足元空間の広さ

この新型モデルの5人乗り仕様の足元空間(ニークリアランス)は約330mmとなっており、競合車・ライバル車の一つでもある新型フォレスター(Forester)と比較しても、遜色の無い広さになっておりました。(もちろん若干の違いはありますが…)

>>> 新型フォレスターの後部座席の足元空間の広さを確認したい方はコチラ

新型CRV/CR-Vの後部座席の足元空間:競合車に無い魅力&メリットとは?

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの5人乗り仕様の後部座席に座ってみて良いと思ったのが、後部座席まわりのフロアの作りです。

この新型モデルの後部座席周りのフラットは、凹凸感が少ないフラットな形状になっているため、足の位置を調整しやくなっています。また、フロントシート下のトンネルも広くなっているため、足を前に伸ばして座る事もできちゃいます。

7人乗り仕様の2列目シートと異なりこの新型モデルの後部座席では、前後にスライドできる機能は用意されていません。ただ、これだけ広て快適な足元空間(ニークリアランス)を元から用意されているなら、後部座席の足元空間の広さを調節するスライド機能は必要ないのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVは、センターコンソールの後方への張り出しが少なく、窮屈感を感じにくいデザインになっているのも好印象でした。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの後部座席は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)を確認してみたところ、十分に満足できる広さを確保。この新型モデルの魅力の一つは居住空間の広さですが、後部座席に座ってみると、このクルマの良さを実感できる快適性を備えているように感じました。

スライド機能を備え足元空間(ニークリアランス)を調整できる7人乗り仕様も用意ですが、3列シートを使用すると、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、狭くなってしまいます。

後部座席の快適性を求めるのなら、やっぱり座り心地・快適性に優れる5人乗り2列シートの方が良いのかなと感じました。

>>> 高さ調節が便利!?新型CRV/CR-V ガソリン車5人乗りの荷室の使い勝手レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする