新型CRV/CR-V7人乗りの2列目を前後にスライド【足元の広さはどれだけ変わる!?】

売り上げが伸びずに日本市場からひっそりと姿を消したホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vが、2年間のブランクを経て、2018年8月に復活を果たしました。

今回新発売された新型CRV/CR-Vのガソリン車は5人乗り仕様と7人乗り仕様の2種類を用意していますが、7人乗り仕様の2列目シートは、足元空間の広さを調節できるスライド機能を搭載しています。

>>> 新型CRV/C-R 5人乗りの後部座席の足元空間は広い!?快適性を徹底解剖

先日、ガソリン車の7人乗り仕様を見る事ができたのですが、2列目シートに備わっているスライド機能は調整できる幅が広く、意外と便利な感じが…。

このガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートのスライド幅は、どれくらいなのでしょうか?また、2列目シートを前後にスライドすると、足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらい変わるのでしょうか?

今回新発売された新型CRV/CR-Vに新たにラインナップされた7人乗り仕様の2列目シートのスライド幅を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シート:スライドはどれくらいできる?

2018年8月にデビューをした新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シート

今回新たにラインナップされたガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートは、5人乗り仕様とは全くの別設計に…。

シートの座面のサイズは若干小さくなっているのものの、この7人乗り仕様の2列目シートでも、ミドルクラスSUVらしい快適さと座り心地を味わえるようになっていました。

>>> 【7人乗りvs5人乗り】新型CRV/CR-Vの後部座席の3つの違いとは?

このようなデザインになっている新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートですが、座面の先端に備わっているレバーを操作すると、シートを前後にスライドする事ができるようになります。

■新型CRV/CR-Vの2列目シート用のスライドレバー

そして、この新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートを前後にスライドすると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの2列目シート:一番前にスライドした時の様子

■新型CRV/CR-Vの2列目シート:一番後ろにスライドした時の様子

また、今回新発売された新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートは、6対4分割方式になっているため、このように2列目シートの片方だけを前にスライドする事も可能です。

このように見ると、一番前にスライドした時と一番後ろにスライドした時では、2列目シートの位置がだいぶ異なりますよね。

そんな新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の2列目シートのスライド幅を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートのスライド幅…150mm

ディーラーさんに確認してみたところ、今回フルモデルチェンジをして新発売さえた新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートのスライド幅は150mm。

この”150mm(15cm)”と言う数値だけ聞くと、「意外とスライドできる幅は、少ないな。」と感じる方もいるかもしれません。

ただ、実際にこの新型モデルの2列目シートを前と後ろに設定してみた時では、足元空間の広さや快適性が全く異なります。また、2列目シートを一番前にスライドすると、3列目シートの居住性・快適性が格段にアップします。

>>> 足元空間はやはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの居住性レビュー

この2列目シートのスライド量の数値だけを聞くと大した事は無い用意感じるかもしれませんが、個人的には、これだけのスライド機能が備わっていれば十分だと思いました。

ちなみに、新型CRV/CR-Vのガソリン車の5人乗り仕様の2列目シート(後部座席)には、スライド機能が用意されていません。

3列目シートや荷室・ラゲッジスペースなどの使用状況によって、2列目シートの位置を調整できるのは、5人乗り仕様には無い7人乗り3列シート仕様の大きな魅力&メリットなのかもしれませんね。

2列目シートのスライド位置で足元空間は、どれくらい違う!?

このように150mmのスライド機能を備えている新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様ですが、実際にこの新型モデルの2列目シートを前後に移動してみると、足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらい異なるのでしょうか?

実際にこの新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートを前後にスライドして、足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみました。

■新型CR-Vの2列目を一番後ろにスライドした時の足元空間の広さ

■新型CR-Vの2列目を一番前にスライドした時の足元空間の広さ

2列目シートの位置によって、足元空間(ニークリアランス)の広さが、全く異なりますよね。

身長175cm、中肉中背の私がこのガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートに座ってみると、このような感じに…。

■新型CR-Vの2列目を一番後ろにスライドした時の足元空間の広さ

■新型CR-Vの2列目を一番前にスライドした時の足元空間の広さ

新型CRV/CR-Vの2列目シートを一番後ろにスライドすると足元空間(ニークリアランス)の広さh約40cmくらいあるため、かなりゆったりと座る事ができます。

ただ、2列目シートを前方にスライドすると、座れない事も無いですが、足元空間(ニークリアランス)に若干の窮屈さを感じます。

普段は新型CRV/CR-Vの2列目シートを一番後ろに設定しておいて、3列目シートを使用する時や荷室・ラゲッジスペースに大きの荷物を載せる時に、2列目シートを前にスライドするようにするのが、一番便利な使い方なのかなと思いました。

シート位置を変更できるスライド機能を備えている新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の2列目シートの足元空間の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの7人乗り仕様の2列目シートは150mmのスライド量を確保。シートを一番後ろに配置すれば、大人でも快適に座れるだけの足元空間(ニークリアランス)になっていました。

ただ、この新型モデルの3列目シートを使用する際は、2列目シートを前方にスライドしないといけないため、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、少し狭くなってしまいます。

2列目シートを前方にスライドした状態でも、大人がストレスなく過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)を確保していますが、この新型モデルを試乗する際は、この2列目シートの足元空間の広さをしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CRVの3列目シートの快適性【試乗して気になった3つの事とは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする